yahoo 広告

marketing

2020年10月27日(公開: 2020年10月27日)

【Yahoo!】検索広告(旧スポンサードサーチ)とは?

Yahoo!広告(旧Yahoo!プロモーション広告)は、大きく「検索広告(旧スポンサードサーチ)」と「ディスプレイ広告」の2つに分けられます。
この記事では「これからYahoo!広告を始めたい!」という方に向けて、検索広告の特徴から、ディスプレイ広告との違い、利用できるターゲティングや広告表示オプションなど、検索広告に関する知識を網羅的に解説していきます。

Yahoo!広告の検索広告とは?

スポンサードサーチ

Yahoo!広告の検索広告とは、Yahoo! JAPANで検索をした際、検索キーワードに応じて、検索結果ページに表示されるテキスト広告のことです。

今回は、

  • ディスプレイ広告との違い
  • 検索広告のメリット

について、それぞれ詳しく解説します。

ディスプレイ広告との違い

スポンサードサーチ
出典:https://www.yahoo.co.jp/

主な違いは以下の2つです。

  • 広告の表示場所
  • 掲載可能な広告

まず初めに広告の表示場所の違いがあります。「ディスプレイ広告」では
検索結果以外にYahoo!ニュース、ヤフオク!、提携パートナーサイトなどさまざまな媒体に広告が表示されますが、「検索広告」では、検索結果のみの表示となっています。

続いて、掲載可能な広告の違いがあります。「ディスプレイ広告」ではテキスト広告以外に、

  • 画像広告
  • テンプレート広告、インフィード広告などのテキスト内容と画像・ボタンなどの要素で構成された広告

などの幅広い種類の広告がありますが、「検索広告」はテキスト広告のみの取り扱いです。総じて、 「ディスプレイ広告」の方が幅広い運用の仕方ができると言えます。

検索広告のメリット

スポンサードサーチ

検索広告のメリットは2つあります。

  • あなたの商品に関心が高い利用者にアピールできる
  • 多数の利用者が使用するYahoo! JAPANの検索結果に広告が掲載され、大きい広告効果が見込める

検索広告のメリットは、あなたの商品に関心が高い利用者にアピールでき、訴求効果が高いということです。特に、ロングテールキーワードで検索広告が表示された場合訴求効果がさらに高まります。

なぜなら、興味関心があらかじめ絞られている利用者になるからです。
例えば、「化粧品」というキーワードであれば、どんな人が利用するのか、値段を気にしているのか、質を気にしているのか検索意図がまばらです。

しかし、「化粧品 メンズ 肌に優しい」というロングテールキーワードであれば、検索者のニーズはメンズ用化粧品で肌に優しい商品について知りたいということになり、興味関心があらかじめ絞られていることになります。適切な検索広告を掲載すれば、クリック率やコンバージョン率が高くなり、訴求効果も上昇します。

また、検索広告では、多数の利用者が使用するYahoo! JAPANの検索結果の上位に広告を載せることができるため、大きい広告効果が見込めるでしょう。

検索広告のターゲティング

スポンサードサーチ

検索広告のターゲティングとは、指定した条件を満たす利用者に絞って広告を配信したいときに利用します。

ターゲティング設定によって、適切な利用者に絞って適切な広告を配信することができるため、コンバージョン列やクリック率の上昇が見込めます。また、コンバージョンが低い利用者への配信を停止したり、コンバージョンが高い利用者には広告配信を強化するなど、試験的に運用することも可能です。

具体的なターゲティングの方法は主に3つあります。

  • 地域ターゲティング
  • デバイスターゲティング
  • 曜日・時間帯ターゲティング

それぞれについて詳しく解説します。

地域ターゲティング

スポンサードサーチ

地域ターゲティングとは、指定した地域で利用している検索利用者または指定した地域に関連する検索を行った利用者に絞って配信を行う方法です。

有効的な活用方法としては、実店舗への来客を促すときになります。
例えば、都内の店舗に来客して欲しいという目的なら、北海道や沖縄の人など遠方の人は初めから除外することで、不要なエリアからのクリックを減らし、 費用対効果を上げることができます。

デバイスターゲティング

スポンサードサーチ

デバイスターゲティングとは、PC、スマートフォン、タブレットなど、広告配信を行う端末を指定することで、指定したデバイスを使用している利用者のみ広告の配信を行う方法です。

有効的な活用方法としては、「 スマホアプリの広告をスマホ利用者に絞って配信をする 」などになります。スマホを利用している時に使ってみたいと思わせるアプリが表示された場合、クリックされてそのままインストールされる確率も上昇します。

反対に、PCから検索をかけた場合は、スマホアプリの広告が表示されてもインストール出来ないのでスルーしてしまう可能性が高いです。そういった時に、他デバイスの広告表示を遮断して、費用対効果を上げるという使い方が有効です。

曜日・時間帯ターゲティング

スポンサードサーチ

曜日・時間帯ターゲティングとは、曜日または時間帯を指定して広告の配信を行う方法です。時間帯は、15分単位で指定でき、指定した時間帯で入札価格の増減も可能です。例えば、土日だけ入札価格を上げて掲載順位を高め、平日は入札価格を下げて掲載順位を下げておくといった使い方もできます。

有効的な使い方は、旅館やホテル、アミューズメントなどの娯楽関係の広告に使用する時でしょうか。
一般的に土日休みの方が多いので、休みの日に検索されるような広告の場合は、土日だけに絞って配信をするという使い方も有効的です。

検索広告の広告表示オプション

スポンサードサーチ

検索広告の広告表示オプションとは、広告を構成している要素以外の付加情報を
検索広告の下部に追加して表示できる機能のことです。

例えば、

  • 電話番号を設置して、問い合わせや申し込みが受けれる状態にしたい
  • テキストやカテゴリを補足して、広告をアピールしたり訴求効果を高めたい

など、さまざまな情報を追加できます。

広告表示オプションの種類

スポンサードサーチ

検索広告の広告表示オプションは、以下の4つです。

  • クイックリンクオプション
  • 電話番号オプション
  • テキスト補足オプション
  • カテゴリ補足オプション

「 クイックリンクオプション」は広告タイトルのリンク先とは別に、利用者を誘導する別のリンク先のURLを設置できるオプションです。
利用者の目的に合わせて、広告が設置できるためクリック率の上昇に繋がります。

出典:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1033&o=default

「 電話番号オプション」 は電話番号が表示できます。スマートフォンを利用していた場合、クリックすることで直接電話をかけられるようになっているため、電話による申し込みや問い合わせに便利なオプションです。

出典:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1033&o=default

「テキスト補足オプション」 はリンクを設置しないで補足情報を追加できるオプションです。

出典:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1033&o=default

「カテゴリ補足オプション」 は商品やサービスの特徴に合わせた補足カテゴリーを追加できるオプションです。競合する商品やサービスの違いを目立たせることができます。

出典:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=1033&o=default

広告表示オプションの利用方法

スポンサードサーチ

広告表示オプションの利用方法は、以下の3ステップで完了します。

  1. 広告表示オプションを作成する
  2. 広告表示オプションを適用させたい広告またはキャンペーンと連動させる
  3. 広告表示オプションの数値を確認する

1. 広告表示オプションを作成する
広告表示オプションを、アカウントの配下に作成しましょう。
オプションごとに作成の手順が異なりますので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

2.広告表示オプションを適用させたい広告と連動させる

オプションが作成できたら、適用させたい広告またはキャンペーンと関連づけるようにしましょう。各広告表示のオプションは、1つの広告またはキャンペーンにつき20件まで関連付けることができます。また、キャンペーンや広告に関連付けられる広告表示オプションの上限数は以下の通りです。

  • キャンペーンへの関連付け→最大5万件まで
  • 広告への関連付け→最大25万件まで

3. 広告表示オプションの数値を確認する

掲載された広告表示オプションのパフォーマンスは、統計情報から確認することができます。(参考: 広告表示オプションの統計情報)

検索広告の料金

スポンサードサーチ

検索広告の料金は、広告主が自由に設定をすることができ、成果が発生した分だけ料金が掛かる仕組みです。

検索広告では、前払い料金制となっており、クレジットカードか銀行振込で入金することで掲載することができます。掲載後、広告がクリックされると残金から引かれていくというシステムになっています。

また、検索広告の広告料金は、 利用者がクリックした分だけ料金が発生する「クリック課金制」を取っています。そのため、いくら広告が表示されてもクリックされなければ料金が発生することはありません。

実際の広告の掲載順位は、オークションで決定されており、入札価格や広告の質の高さによって変動します。ヤフーでは「料金お見積りサービス」を無償で提供しており、「1クリックあたりの目安料金」も算出してもらえるので利用してみると良いでしょう。

検索広告の成功事例―株式会社花工房の場合

出典:https://www.youtube.com/watch?v=MExTGRK9ARY

検索広告の成功事例として、Yahoo!広告をはじめて売上が25倍に上がった「株式会社花工房」様をご紹介します。

株式会社花工房は、生花の販売が中心で花束、アレンジメント、胡蝶蘭などのギフト商品を扱う「フラワーギフト」専門店です。自社サイトなどを立ち上げWebの集客を行っていましたが、中々上手くいかず悩みを抱えていました。

そこで、導入を検討したのが「検索広告」と「ディスプレイ広告」になります。キーワードの選定や広告文をしっかり作り上げて、それぞれのランディングページを作成して広告を掲載した所、売上が25倍になったという報告がありました。

Webの集客というのは可能性の塊で、特にYahoo!検索の利用者数も多いので、適切なキーワードの選定やターゲティングを施せば容易に売上を伸ばすことができます。是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、Yahoo!広告の検索広告の特徴や料金、ターゲティングの種類や成功事例も交えて解説しました。Yahoo!広告の検索広告は非常にシンプルで、検索結果の上位に表示されるので、広告の質によっては売上が何十倍に増えることも珍しくはありません。

その分しっかりキーワードやターゲティングの選定、クリックされやすい広告文を作成したりと準備をする必要があります。本記事をよく読んで、検索広告について理解をして頂ければ幸いです。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア