編集 ソフト

marketing

2020年11月16日(公開: 2020年11月16日)

AviUtlのスクリプト制御とは?導入から使い方まで解説

無料動画編集ソフト「AviUtl」では、「拡張編集プラグイン」を導入することで、「スクリプト制御」が可能になります。スクリプト制御とは、「Lua」というプログラミング言語を使って、文字や図形、背景などを自由に操作すること。インターネット上にはさまざまなスクリプトが公開されていて、好みの機能を追加することができます。この記事では、AviUtlで使えるおすすめのスクリプトと、その導入から使い方までまとめて解説してきます。

【AviUtl】スクリプト制御とは?

制御とは?

AviUtlを活用して動画編集を行っている方は、スクリプト制御のやり方を知っておくことで、新たにエフェクトを開発して使用したり、フィルターを新たに追加することが可能になります。

つまりAviUtlで行える動画表現の幅が大きく広がることになるので、この記事で紹介するスクリプト制御の方法を試してみて下さい。

そもそもスクリプト制御が何かというと、Luaというスクリプト言語を活用して、動画編集で使用する図形やテキストといったオブジェクトを操作することを言います。

スクリプトの導入方法

導入方法

スクリプトを導入する方法は特別難しいことは全くなく、追加したいオブジェクトの編集画面で、スクリプトコードを入力するだけです。

スクリプトコードは<? ?>で囲って表記します。

 プロラミングを学習したことがある方なら理解がしやすいかと思いますが、ここに記入したコードが適用されて動画に反映されるということです。

例えばテキストオブジェクトで文字を出力したい場合は以下のように記入することで、””内のテキストが表示されます。

<?   mes("こんにちは!")  ?>

色々なスクリプトコードがあるので暗記する必要はありませんが、概要は覚えておきましょう。

AviUtlスクリプト一式

AviUtlスクリプト一式

「出典:https://aviutl.info/satuki-script/

先ほど解説したスクリプトコードは自ら手作業で記入することもできますが、それだとかなり大変なので、既に制作されているスクリプトコードを活用するのがおすすめです。

便利なスクリプトとしては「さつき」という方が作成した「AviUtlスクリプト一式」というコードをまとめたフォルダがあるので、その導入方法を紹介します。

導入

AviUtlスクリプト一式を導入する方法は、こちらのページからスクリプトzipファイルをダウンロードして展開します。

展開したら導入したスクリプトを管理しやすいように、AviUtl本体のフォルダの中に「script」というフォルダを作成します。

作成したスクリプトフォルダに、先ほど展開したファイルの中から「ANM_ssd」、「TA_ssd」、「各.anm.obj」を全てドラック&ドロップして移動させます。

導入はこれで完了です。導入したスクリプト効果は以下の通りです。

@ANM1.anm

アニメーション効果①

@ANM2.anm アニメーション効果②
@FIGURE.obj カスタムオブジェクト
@LOAD.obj オプションを付けて動画を読み込むことができるカスタムオブジェクト
@TA.anm テキストアニメーション効果
@音声.anm 音声に合わせて変化するアニメーション効果
@加減速.anm 動画の速度を調節できるアニメーション効果
@連番.anm 連番画像を読み込むためのアニメーション効果

使い方

使い方

「出典:https://aviutl.info/satuki-script/

使い方は非常に簡単で、この画像のように適用させたい箇所でアニメーション効果やカスタムオブジェクトを追加して、効果を選択するだけです。

かなり多くのスクリプト効果を利用できるので、実際に色々と適用させて使ってみてください。

イージングスクリプト トラックバー対応版

AviUtlスクリプト一式と同じように多くの方に利用されている有名なスクリプトとしてはイージングトラックバーがあります。

イージングとは画像を表示させる動きを滑らかにしたり、ヌルっと動きを加えたい時に使える機能で、このスクリプトを導入することで簡単にイージング編集を行えるようになります。

導入

導入

「出典:https://www.nicovideo.jp/watch/sm20813281

イージングトラックバーの導入方法は、UndoFishという方のニコニコ動画概要欄からzipファイルをダウンロードして行います。

ダウンロードはこちらから

ダウンロードが完了したら、zipフォルダの状態のまま、スクリプトフォルダ内にドラック&ドロップで移動させて、そこでzipを展開します。

これだけで導入は完了です。

使い方

使い方

「出典:https://www.nicovideo.jp/watch/sm20813281

使い方はイージングを適用させたい箇所で41種類のイージングテンプレートを当てはめます。

色々な動きを表現できるので、実際に適用させて動きを確認してみてください。

【AviUtl】おすすめスクリプト3選

【AviUtl】おすすめスクリプト3選

AviUtlを使って動画編集を行っている方に、ぜひとも使って欲しいおすすめのスクリプトを3つ紹介します。

全て導入方法は今まで解説した通りで、スクリプトコードのzipファイルをダウンロードしたら、展開してスクリプトフォルダの中に移動させるだけです。

面白い表現を行えるスクリプトばかりなので、ぜひ活用してみてください。

タイピング風の演出を作る「TAタイピング」

タイピング風の演出を作る

TAタイピングは名前の通り、タイピングで表示されるテキストを表現できるスクリプトで、色々なシーンで活用することができます。

作成したのは「さつき」という方で、AviUtlスクリプト一式の@TA.anmのにTAタイピングスクリプトが含まれています。

なので導入したい方は、こちらのページからダウンロードを行って、解説した手順で進めてみてください。

背景と自然になじませる「カメレオン効果スクリプト」

背景と自然になじませる

2つ目は背景画像と自然に馴染ませることができる「カメレオンスクリプト」です。

このスクリプトを使えば、綺麗な背景画像と人物素材を馴染ませて、魅力的な表現をすることができます。

カメレオンスクリプトのダウンロードページはこちらから

背景と自然になじませる「カメレオン効果スクリプト」

「出典:https://www.nicovideo.jp/watch/sm34225787

ただ画像を背景に重ねるだけでは表現できない光の反射や、色合いがリアルに加工されるので、違和感のない編集を行うことができます。

なめらかに変形させる「簡易モーフィング」

なめらかに変形させる

3つ目は画像を違う画像に滑らかに変更させることができる「簡易モーフィング」です。

利用機会は少ないかもしれませんが、モーフィングを行える動画編集ソフトは有料でもあまり多くはないので、非常に珍しい機能です。

ダウンロードは、スクリプト置き場にアクセスして「簡易モーフィング」の項目からDLを行います。

なめらかに変形させる「簡易モーフィング」

「出典:https://tim3.web.fc2.com/sidx.htm#SplMrp

ダウンロードを行ったらzipファイルを展開して@モーフィング.anmファイルをスクリプトフォルダに移動させましょう。

使い方は変更前の画像と変更後の画像を設定するだけで、簡単に実装させることができます。

まとめ

今回はAviUtlのスクリプト制御について解説しました。

スクリプトを活用すれば通常の動画編集では行えない高度な編集を行うことができます。

スクリプトはコードを手入力して読み込むか、他の方が制作したスクリプトコードをダウンロードして活用する方法があります。

スクリプトコードは無料で公開されているので、この記事で解説したコードをダウンロードして導入してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア