動画 活用事例

marketing

2021年01月25日(公開: 2020年12月03日)

Android動画編集アプリおすすめ10選【初心者~プロまで】

Androidで撮影した動画をそのまま編集・加工できる「動画編集アプリ」があります。しかし、有料や無料、使える機能の違いから、最適なアプリを探すのも大変です。

そこでこの記事では、Androidユーザー向け動画編集アプリの選び方と人気でおすすめな動画編集アプリご紹介します。

Android端末で使える動画編集アプリは以下の通りです。

  1. Quik
  2. VITA
  3. YouCut
  4. InShot
  5. Magisto
  6. VLLO
  7. VideoShow
  8. キネマスター
  9. PowerDirector
  10. PicPlayPost

初心者からプロ仕様のものまで幅広く紹介していきますので、記事を読んで目的や用途にあったソフトを見つけて、動画編集をやってみてくださいね。

Androidで使える動画編集アプリの選び方

Androidで使える動画編集アプリの選び方

近年、Android端末のカメラ性能は格段に向上しており、スマホで撮影した動画をそのままAndroid端末で編集したい方も多いかと思います。

iPhoneと同様に、AndroidOSにも対応した動画編集アプリは豊富に配信されています。

まずは、自分に合った動画編集アプリ選びの際に気をつけたいポイントについてご紹介していきます。

ロゴ(ウォーターマーク)のあり・なし

ロゴ(ウォーターマーク)のあり・なし

ロゴ(ウォーターマーク)とは、完成した動画内に配置されるマークのことです。

無料の動画編集アプリの多くは、動画の隅にロゴ(ウォーターマーク)が入ってしまうため、特に背景の暗い動画では目立ってしまいます。

ロゴ(ウォーターマーク)を削除するには、無料の動画編集アプリのなかでもロゴ(ウォーターマーク)が配置されないアプリを選ぶか、有料の動画編集アプリを選ぶ必要があります。

オリジナリティのある動画を作りたい方や動画内のロゴ(ウォーターマーク)が気になる方は注意しましょう。

作成可能な動画尺

作成可能な動画尺

無料の動画編集アプリでは、作成できる動画時間に制限があることが多く、時間を伸ばしたい場合、課金や有料版を購入する必要があります。

TikTokやTwitter用に短い動画を作成するには問題ないですが、企業PR動画やYouTubeなど長尺の動画を作成したい場合、無料の動画編集アプリでは工夫しないと厳しい場面が多いでしょう。

動画制作では、短く編集しようと考えていても想定していた時間内に収まらないことも多いため、用途に合わせたアプリを選ぶことが大切です。

編集機能の種類 (文字入れの自由度やエフェクト)

編集機能の種類 (文字入れの自由度やエフェクト)

無料と有料では、動画の編集機能にも大きな違いがあります。

有料の動画編集アプリでは、タイトルやテロップの文字入れ配置の自由度やフォントの種類、エフェクト・フィルター機能の種類など、無料の動画編集アプリに比べて選択肢が多く、オリジナリティのある動画作成ができます。

他にも、トランジションの種類や音楽・BGMを自由に取り込むことができるのかも確認しておくことをおすすめします。

選ぶポイントとしては、無料の動画編集アプリではなかった編集機能を使いたい場合に有料の動画編集アプリを検討してみると良いでしょう。

静止画も使えるアプリを選択

静止画も使えるアプリを選択

動画編集アプリには以下の3パターンが存在します。

  • スライドショーなどの静止画を組み合わせるのみ
  • 動画の編集のみ
  • 静止画と動画編集のどちらにも対応

動画だけでなく、スライドショーなどの静止画の編集にも対応している動画編集アプリであれば、動画制作の自由度も高くなります。

特に結婚式のウェディングシーンに活用する場合は、重宝する機能です。また、家族との思い出をまとめたいという方もおすすめです。

SNSや動画投稿サイトとの連携

SNSや動画投稿サイトとの連携

連携できるSNSは動画編集アプリによって違うため、事前に確認しておく必要があります。

連携先であれば簡単に共有することができるので、面倒な工程を踏みたくないという方は確認しておきましょう。

動画編集アプリの中には連携先のSNSの動画サイズに合わせてフォーマットが用意されていることも多いため、作成した動画をそのまま気軽に共有できます。

完全無料【Android・iOS両方に対応】動画編集アプリ

Androidで使える動画編集アプリおすすめ10選

無料の動画編集アプリの多くは、無料お試し期間を設けて、期間終了後に有料版に移行しないといけなかったり、アプリ内課金をしないと利用できる機能が制限されていることが多いです。

しかし、Androidには完全に無料で利用できるアプリがありますので、お金をかけたくないという方は参考にしてみてください。

Quik

Quik

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stupeflix.replay&hl=ja&gl=US

「Quik」はアクションカメラで有名なGoPro発の動画編集アプリです。

こちらもiMovieと同様にアプリ内課金などの制度が一切ないため、完全無料で利用できます。

最大の特徴は操作性の高さです。数回タップするだけでクオリティの高い動画を作成することができ、使いたい静止画・動画を取り込むとそれらを解析し、指定した音楽に合わせて自動的に動画を作成してくれます。

VITA

VITA

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.snowcorp.vita&hl=ja&gl=US

「VITA」は、世界で2,000万ダウンロードを突破した完全に無料の動画編集アプリです。

100種類以上のテンプレートが用意されているため、初心者の方でも扱いやすくおしゃれな動画を制作できます。

エフェクトやテキスト、トランジション、フィルターなど基本的な編集機能は備わっているため、凝った動画編集にも対応できます。

アプリ内課金あり【Android対応】動画編集アプリ

続いては、アプリ内課金が設けられている動画編集アプリをご紹介します。

完全無料のアプリとは違い、課金することにより機能制限が開放され、定期的にアップデートされる動画編集素材やさらに細かいこだわった編集機能を活用できます。

YouCut

YouCut

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.camerasideas.trimmer&hl=ja&gl=US

「YouCut」は、無料でもウォーターマークが表示されない使い勝手のいい動画編集アプリです。アプリ内課金にて操作画面内の広告表示を消すことができます。

YouCutでは、質を落とさずに動画を作成することができるため、高画質にこだわりたい人におすすめです。

InShot

InShot

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.camerasideas.instashot&hl=ja&gl=US

「InShot」は、3日間の無料トライアル後、1年ごとに1400円で利用できる有料の動画編集アプリです。

InShotの魅力は、簡単な操作でおしゃれな動画を作ることができます。また、写真の境界線とサイズを調整し、正方形にしてくれるので、Instagramに写真や動画を投稿したい方にはおすすめです。

Magisto

Magisto

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.magisto&hl=ja&gl=US

「Magisto」は、「Professional」と「Premium」と2つの有料プランがあります。「Professional」は月額3,400円、「Premium」は月額800円で利用可能です。

最大の特徴は、動画を読み込んでテーマと音楽を選ぶとAIが自動的にクオリティの高いムービーを作成してくれます。

複雑な操作を省いて手軽に動画を作りたい人におすすめです。

VLLO

VLLO

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.darinsoft.vimo&hl=ja&gl=US

「VLLO」は、1,220円ですべての機能が使えるようになる買い切りタイプの動画編集アプリです。

ロイヤルティーフリー音源が毎月更新されるため、VLOGやYouTube動画などの自分らしさを重視したBGMを使うことができます。

トリミング・補正・倍速調整など、動画編集の基本的な機能を兼ね備えた万能なアプリなので、初心者の方にもおすすめです。

VideoShow

VideoShow

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xvideostudio.videoeditor&hl=ja&gl=US

「VideoShow」は、3日間の無料トライアル後、1年ごとに2,400円で利用できます。また、4,800円の買い切りで永続的に利用することも可能です。

グリーンバック切り抜きやフォトインフォト、サムネイル、モザイク機能、写真や動画を自由に組み合わせた動画結合など、編集機能は多岐に渡ります。

「自動的に動画を作成してくれるアプリは便利だけど、自分での編集も楽しみたい!」という人におすすめのアプリです。

キネマスター

キネマスター

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nexstreaming.app.kinemasterfree&hl=ja

「キネマスター」は、7日間の無料トライアル後、年間3,500円もしくは月額600円で利用できます。

アセットストアと呼ばれる動画素材をダウンロードできる場所があり、毎週更新されるため豊富な素材が用意されています。

これらの素材をうまく活用することで、初心者の方でも動画にこだわった編集を加えたい時に役立ちます。

PowerDirector

PowerDirector

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cyberlink.powerdirector.DRA140225_01&hl=ja&gl=US

「PowerDirector」は、世界で8,500万ダウンロードされている動画編集アプリです。

基本無料で利用でき、サブスクリプションを購入してプレミアム機能を解除することで、編集素材の拡張やウォーターマーク・広告の削除、Shutterstockが提供するロイヤリティフリー素材にアクセスできるようになります。

動画の分割やトリミングはもちろんのこと、スローモーションや逆再生など豊富な機能を使って編集することが可能です。

PicPlayPost

PicPlayPost

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.flambestudios.picplaypost&hl=ja

「PicPlayPost」は、基本ダウンロードは無料で利用できる動画編集アプリです。

PicPlayPostはTwitterなどのSNS投稿したい方に向いています。動画や写真、GIFを組み合わせて簡単に編集できるため、各SNSに合わせて、動画サイズの比率を選択することができます。

まとめ

以上、Androidユーザー向け動画編集アプリの選び方と人気でおすすめな動画編集アプリご紹介しました。

iPhoneと同様に、AndroidOSにも対応した動画編集アプリは豊富に配信されています。

完全無料のものからアプリ内課金が必要なものまで、ご自身が必要な機能を整理しながら本記事を参考にして自分に合ったアプリを見つけてみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア