davinci resolve 音声

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで動画をエンコードするには?

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。
ここでは、「shotcut」で動画を書き出し、エンコードする方法などを紹介します。

shotcutで動画をエンコードする方法

shotcutで動画をエンコードする方法は以下の手順で行います。

  1. 【書き出し】をクリック
  2. 【出力元】を選択する
  3. プリセットを選択する
  4. 【ファイルの書き出し】をクリック

編集した動画プロジェクトは、最終的にエンコードと呼ばれる書き出し作業を行わなければ1本の動画にすることができません。エンコードした動画を活用する先によっても設定が異なるので、以下を参考にしてください。

1.【書き出し】をクリック

クリック

まずは編集が終了した動画プロジェクトを立ち上げた状態で、画面上部から「書き出し」をクリックします。

2.【出力元】を選択する

選択する

動画の出力元はプレイリスト・タイムライン・ソースの中から編集した方法で設定します。 

3. プリセットを選択する

選択する

次にプリセットと呼ばれるエンコード時の設定を行います。プリセットを設定することで、動画の活用先に適した設定で書き出すことができます。YouTubeにアップロードする動画の場合は、シンプルに「YouTube」を選択するだけです。

4.【ファイルの書き出し】をクリック

クリック

出力元とプリセットを設定したら、「ファイルの書き出し」をクリックします。すると画像のように保存先とファイル名を設定できるので、管理しやすい名前と保存先で設定してください。そして書き出しにかかる時間は動画の画質や長さによって異なります。 

まとめ

今回は無料で利用できる編集ソフトのshotcutを使って、エンコードを行う方法について解説しました。エンコードで正しい設定を行わないとせっかく編集した動画を良いクオリティーで書き出すことができないので、この記事を参考にして行ってみてください。

Shotcutについては、下記の記事で詳しく解説しています。
shotcutの特徴は?無料ながら高性能、4K動画も編集できるその魅力を徹底解説する!

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア