davinci resolve 音声

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで動画をエンコードするには?特徴や基本的な使い方も紹介!

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。
ここでは、「shotcut」の特徴や、動画を書き出し、エンコードする方法などを紹介します。

shotcutとは

とは

「出典:https://shotcut.org

shotcutは海外の動画編集ソフトで、全ての機能を無料で使用することができます。無料ソフトと聞くと「どうせ完成した動画に大きくロゴが掲載されるんでしょ?」や「追加費用が発生するタイミングがあるんでしょ?」と思うかも知れませんが、完全に無料です。ロゴも掲載されることなく、追加費用も発生しません。

無料で使用できる編集ソフトの中では非常に優秀なので、編集ソフトに費用をかけたくない方は、この記事を参考にまずは試してみてください。

完全無料の高性能動画編集ソフト

ソフト

完全に無料で利用でき、非常に高いレベルの編集まで行うことが可能です。基本的な編集作業はもちろん、高度なエフェクト編集やテキストアニメーションなど様々な機能を使うことができます。また、操作方法も非常にシンプルで、直感的に操作することが可能です。

動画編集ソフトを使用したことがある方はすぐに使用方法を覚えることができますし、初めて編集ソフトを使用する方でもYouTubeやネットで調べると多くのチュートリアルが公開されているので、簡単に編集できるはずです。

パソコンのOS全てに対応可能

可能

shotcutはOS関係なく全てのパソコンで使用することができます。OSとはMacやWindowsのことで、スペックさえ満たしていれば、どのパソコンでも問題ありません。パソコン関係ないので、shotcutを利用するためにパソコンを買い換える必要はありませんし、複数人で動画プロジェクトを共有することもでき非常に便利です。

shotcutでできること

できること

行える編集は以下の通りです。見て分かる通り、基本的な編集から高度な編集まで様々な機能を使うことができます。

  • 複数の動画・画像・音声ファイルを連結合成
  • フェードイン・アウト
  • トランジション
  • テキスト合成
  • 明るさ調整
  • 彩度調整
  • 透明度調整
  • クロマキー合成
  • モザイク合成
  • 映像の回転・反転
  • クロッピング
  • 音声ノーマライズ
  • 音量ゲイン

shotcutで動画をエンコードする方法

shotcutで動画をエンコードする方法は以下の手順で行います。

  1. 【書き出し】をクリック
  2. 【出力元】を選択する
  3. プリセットを選択する
  4. 【ファイルの書き出し】をクリック

編集した動画プロジェクトは、最終的にエンコードと呼ばれる書き出し作業を行わなければ1本の動画にすることができません。エンコードした動画を活用する先によっても設定が異なるので、以下を参考にしてください。

1.【書き出し】をクリック

クリック

まずは編集が終了した動画プロジェクトを立ち上げた状態で、画面上部から「書き出し」をクリックします。

2.【出力元】を選択する

選択する

動画の出力元はプレイリスト・タイムライン・ソースの中から編集した方法で設定します。 

3. プリセットを選択する

選択する

次にプリセットと呼ばれるエンコード時の設定を行います。プリセットを設定することで、動画の活用先に適した設定で書き出すことができます。YouTubeにアップロードする動画の場合は、シンプルに「YouTube」を選択するだけです。

4.【ファイルの書き出し】をクリック

クリック

出力元とプリセットを設定したら、「ファイルの書き出し」をクリックします。すると画像のように保存先とファイル名を設定できるので、管理しやすい名前と保存先で設定してください。そして書き出しにかかる時間は動画の画質や長さによって異なります。 

shotcutそのほかの便利な機能

shotcutには他にも以下のような便利な機能があります。

  • 複数動画を結合する
  • 動画にフィルタをかける

複数動画を結合する方法とフィルタを追加する方法は頻繁に行う編集なので、以下を参考にしてください。特にフィルタを追加する方法を上手く活用すれば動画のクオリティーを高めることができるので積極的に使用していきましょう。

複数動画を結合する

複数動画を結合する方法は以下の手順で行います。

  1. 複数動画の読み込み
  2. タイムラインへの追加

複数動画をまとめて読み込むことで、自動的に結合された状態でタイムラインに配置されます。素材をひとつずつ読み込むよりもかなりの時短になるので、試してみてください。

1.複数動画の読み込み

読み込み

まずは画面上部の「プレイリスト」をクリックして、複数動画をまとめてドラック&ドロップを行います。複数動画を選択するには、一度クリックした状態でカーソルをスライドさせて選択する方法か、Macの方は「⌘」、Windowsの方は「Ctrl」を押しながら選択することで、まとめて選択可能です。

2.タイムラインへの追加

追加

次に追加した素材を再度まとめて選択して、タイムライン上に配置します。ドラック&ドロップで追加できます。配置すると自動的に素材が結合された状態になっているはずです。

動画にフィルタをかける

動画にフィルタをかける方法は以下の手順で行います。

  1. タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択
  2. ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック
  3. フィルタリストの左下にある+をクリック
  4. パラメーターを調整

フィルタにはテキストや音声、カラーグレーディングなど色々な機能があり、全て以下の操作方法で編集できます。

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

選択

まずはタイムラインに配置したクリップを選択します。クリップが正しく選択できている状態はクリップの周りに赤いラインが表示されるはずです。

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

クリック

クリップを選択した状態で、画面上部の「フィルタ」をクリックします。

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

クリック

「フィルタ」を選択すると、画面左側にフィルタリストが表示されるので、「+」をクリックして追加したいフィルタを選択します。

4.パラメータを調整

調整

最後に追加したフィルタの各種設定を行います。フィルタ効果の強さなどをフィルタリストに表示されるパラメーターをスライドさせるだけで調整できます。また、フィルタは「+」をクリックすることで複数適用させることも可能です。

まとめ

今回は無料で利用できる編集ソフトのshotcutを使って、エンコードを行う方法について解説しました。エンコードで正しい設定を行わないとせっかく編集した動画を良いクオリティーで書き出すことができないので、この記事を参考にして行ってみてください。

 

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア