shotcutで音声を編集するには?特徴や基本的な使い方も紹介!

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで音声を編集するには?特徴や基本的な使い方も紹介!

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。
ここでは、「shotcut」の特徴や、音声を入れて編集する方法などを紹介します。

shotcutとは

とは

「出典:https://shotcut.org

無料で利用できる動画編集ソフトで、国内・国外問わず多くの動画クリエイターの方に使用されています。無料で利用できるにも関わらず、ロゴの掲載や機能の制限などが一切なく、完全に追加費用が発生することなく永久に使用することが可能です。他にも無料のソフトはいくつかありますが、このソフトには以下の特徴があるので、多くの方におすすめできるソフトと言えます。

完全無料の高性能動画編集ソフト

ソフト

解説した通り無料で利用できる編集ソフトで、有料ソフトにも負けないレベルでクオリティーの高い編集機能を使うことができます。4K動画の編集から高度なエフェクト編集まで行えることは様々で、操作方法も直感的に行えて非常に簡単です。無料と有料の大きな違いは機能面になりますが、無料とは思えないほど機能が豊富なので、有料ソフトに契約する前にまずは使用してみることをおすすめします。

パソコンのOS全てに対応可能

全てのパソコンOSに対応しており、推奨されているスペックさえ満たしていれば全ての機能を問題なく使用することが可能です。無料ソフトはMacだけで使用できたり、Windowsだけなどが多い中、全てのOSで使用できるのは大きなメリットだと思います。

現在使用しているパソコンから買い換える必要なく、すぐにインストールして利用を始めることができるので、試してみてください。

shotcutでできること

できること

行える編集は以下の通りです。

  • 複数の動画・画像・音声ファイルを連結合成
  • フェードイン・アウト
  • トランジション
  • テキスト合成
  • 明るさ調整
  • 彩度調整
  • 透明度調整
  • クロマキー合成
  • モザイク合成
  • 映像の回転・反転
  • クロッピング
  • 音声ノーマライズ
  • 音量ゲイン

カットやテロップ、BGMといった基本的な編集はもちろん、エフェクト編集や簡単なカラーグレーディングまで簡単行うことができます。

shotcutで音声・音楽を追加する方法

方法

音声や音楽を追加する方法は以下の手順で行います。

  1. タイムラインに音声を追加したい動画を追加
  2. 画面上部のツールバーのプレイリストをクリック
  3. 音楽ファイルをプレイリストにドラック&ドロップ
  4. タイムラインのメニューで「音声トラックを追加」をクリック
  5. プレイリストに追加した音楽ファイルを、タイムラインの音声トラックにドラック&ドロップ
  6. 音楽ファイルの調整

手順は多く感じるかも知れませんが、ひとつ一つ見ていくと非常に簡単なので、以下を参考にしてください。

1.タイムラインに音声を追加したい動画を追加

追加

まずは画面下部のタイムラインに音声やBGMを追加したい動画を配置します。素材を読み込んでいない場合は「ファイルを開く」または「プレイリスト」を選択して読み込みます。読み込んだ素材はタイムラインにドラック&ドロップを行うことで追加できます。

2.画面上部のツールバーのプレイリストをクリック

クリック

次に追加したい音楽やBGMを追加します。画面上部からプレイリストをクリックします。

3.音楽ファイルをプレイリストにドラッグ&ドロップ

音楽

次に追加する音楽・BGMファイルを表示させたプレイリストにドラック&ドロップを行います。複数ファイルを同時に追加することが可能です。

4.タイムラインの メニューで「音声トラックを追加」をクリック

追加

画面下部のメニューから「三」をクリックして、「トラック操作」から「音声トラックを追加」を選択します。ショートカットキーはMacの方で「⌘+U」、Windowsの方で「Ctrl+U」でも追加できます。

5.プレイリストに追加した音楽ファイルを、タイムラインの音声トラックにドラッグ&ドロップ

音声

次に追加した音楽ファイルをタイムラインにドラック&ドロップを行います。追加した音楽ファイルは、映像ファイルと同様にフィルタの追加やカット編集を行うことができます。

6.音楽ファイルの調整

6.音楽ファイルの調整

最後に音楽ファイルをカットしたい場合は再生ヘッドを移動させて、「再生ヘッドで分割する」をクリックします。

音楽を挿入した部分の動画音声をオフにしたい場合

場合

音楽を挿入したら、元々の動画の音声をオフにしたい場合があるかと思います。その場合は、元の音声クリップをクリックして選択した状態で、画面上部から「フィルタ」→「+」で音声から「ミュート」を選択します。

shotcutそのほかの便利な機能

音声や効果音を追加する以外にも、以下のような便利な機能があります。

  • 複数動画を結合する
  • 動画にフィルタをかける

動画の結合とフィルタの適用は、頻繁に行う編集なので以下を参考にして試してみてください。特にフィルタを効果的に使用できるようになれば、映像や音声の印象を大きく変えることができます。

複数動画を結合する

複数の動画を結合する方法は以下の手順で行います。

  1. 複数動画の読み込み
  2. タイムラインへの追加

複数動画の読み込みは非常に便利な機能です。例えばゴープロや一眼レフで撮影した素材をパソコンに読み込んだ際に、複数のファイルに分かれて保存されてしまいますが、この時に以下の方法で読み込むと分かれたファイルをまとめて配置することができます。

1.複数動画の読み込み

読み込み

まずは複数動画を読み込みます。ひとつのファイルを読み込む場合は「ファイルを開く」を選択しますが、複数の場合は「プレイリスト」を画面上部から選択してドラック&ドロップを行います。複数ファイルを選択する方法は、ひとつのファイルをクリックした状態でカーソルをスライドさせて選択するか、Macなら「⌘」、Windowsなら「Ctrl」を押しながらクリックすることで複数ファイルを選択できた状態になります。

2.タイムラインへの追加

追加

読み込んだだけでは結合されてはいないので、ここから同様の方法でタイムラインにまとめてドラック&ドロップを行います。まとめて選択してタイムラインに追加すれば自動的に結合された状態で配置されます。

動画にフィルタをかける

動画にフィルタをかける方法は以下の手順で行います。

  1. タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択
  2. ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック
  3. フィルタリストの左下にある+をクリック
  4. パラメーターを調整

フィルタとはエフェクトやテキストなどの機能を追加する編集のことで、shotcutはデフォルトで搭載されている様々なフィルタを使用することができます。

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

選択

まずは適用したい素材をタイムラインにドラック&ドロップを行って、クリップを選択します。クリップを正しく選択された状態ではクリップ全体が赤いラインで囲われます。

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

ボタン

クリップを選択した状態で画面上部の「フィルタ」をクリックします。字幕やカラーグレーディングなどもここから行います。

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

+

「フィルタ」を選択すると画面左側にフィルタリストが表示されるので、「+」をクリックして適用したいフィルタを追加します。ひとつのクリップに複数追加することも可能です。

4.パラメータを調整

調整

フィルタを追加したら、効果の強さや各種設定を調整していきます。パラメーターはフィルタリスト上に表示されるので、クリックしてからカーソルを左右にスライドさせて調節します。調節した結果はプレビュー画面に表示されています。

まとめ

今回は無料で利用できる高性能のshotcutで音声やBGM、効果音を追加する方法について解説しました。音声などを追加する方法は非常に簡単で、数クリックで行えますので、ぜひこの記事を参考にして試してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア