shotcutで動画をトリミングするには?特徴や基本的な使い方も紹介!

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで動画をトリミングするには?特徴や基本的な使い方も紹介!

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。
ここでは、「shotcut」の特徴や、動画をトリミングして編集する方法などを紹介します。

shotcutとは

とは

「出典:https://shotcut.org

Shotcutは完全無料で使用できる動画編集ソフトで、使用していて追加費用が一切かかることはありません。無料で使用できる動画編集ソフトは他にもありますが、ロゴが大きく掲載されてしまったり、動画を保存するには有料課金が必要になるソフトばかりです。

しかしShotcutは永久的に無料で使用することができ、有料ソフトに劣らないほど高機能で人気があります。海外で多くの動画クリエイターの方に使用されており、日本でも編集ソフトにコストをかけたくない方の間で人気があります。

完全無料の高性能動画編集ソフト

ソフト

完全無料の編集ソフトは他にもありますが、Shotcutほど高性能で全く費用がかからないソフトはほとんどありません。カットやテロップ、BGMや効果音の挿入など基本的な編集は当然行うことができ、さらに高度なテキストエフェクトやトランジションなどをテンプレートとして利用することが可能です。

Shotcutにデフォルトで搭載されている機能を使用するだけで、かなりクオリティーの高い動画を編集することができ、難しい知識が必要なく簡単にエフェクトを適用させることができます。Shotcutに読み込んだ映像素材に数秒で特殊効果を適用させられます。

パソコンのOS全てに対応可能

可能

ShotcutはMacやWindows、LinuxなどOS関係なく使用することができます。動画編集を複数人で行っている場合は、OS関係なく編集ソフトを使用できると、動画プロジェクトの管理を行いやすいので、非常に便利です。

また、全てのOSで使用できるということは、Shotcutを使用している編集者の方も多く、編集方法をネットで調べた場合でも多くの情報を取得することができます。

shotcutでできること

できること

Shotcutで行える編集はたくさんありますが、簡単に解説すると以下の通りです。

  • 複数の動画・画像・音声ファイルを連結合成
  • フェードイン・アウト
  • トランジション
  • テキスト合成
  • 明るさ調整
  • 彩度調整
  • 透明度調整
  • クロマキー合成
  • モザイク合成
  • 映像の回転・反転
  • クロッピング
  • 音声ノーマライズ
  • 音量ゲイン

多くのファイル形式に対応しているので、複数の素材を連結合成することができ、色々な加工や調整も簡単に行えます。YouTube動画で使用する基本的な編集機能は十分搭載しており、4K動画の編集も快適に行うことができます。

shotcutで動画をトリミングする方法

方法

トリミングとは映像や音声素材の中から必要な部分を切り取る編集で、かなり使用頻度の多い作業です。Shotcutで動画をトリミングする方法は以下の通りです。

  • 必要な部分を切り出してトリミングする
  • 不要な部分を削除してトリミングする

トリミングを行う場合はこのどちらかの編集方法で行います。映像素材によっても変わりますが、基本的にはお好みで編集しやすいやり方で行ってみてください。

必要な部分を切り出してトリミングする

撮影した映像素材から必要な部分だけを使用したい場合は以下の手順でトリミングを行います。

  1. 動画ファイルの読み込み
  2. 切り出す範囲を選択
  3. タイムラインに追加
  4. 切り出す範囲を確認・調整
  5. 動画を保存

この手順で行えば簡単にトリミングを行うことができます。

1.動画ファイルの読み込み

まずは画面上部から「ファイルを開く」を選択して、トリミングを行いたい映像または音声素材を開きます。 

1.動画ファイルの読み込み

ひとつの動画プロジェクトで使用する素材は全てひとつのフォルダにまとめておくと、素材の読み込み時に手間がかからないのと、編集後も管理しやすいのでおすすめです。

2.切り出す範囲を選択

素材を読み込むと画面中央のプレビュー画面に表示されるので、シークバーという「▶︎」(始点)と「◀︎」(終点)のどちらかをクリックした状態で左右にスライドして、切り出す範囲を選択します。

2.切り出す範囲を選択

実際に素材を再生しながら選択範囲を決めることができるので選択しやすいかと思います。選択範囲は何度でも調節可能です。

3.タイムラインに追加

切り出す範囲を決めた素材を画面下部のタイムラインにドラック&ドロップを行います。

3.タイムラインに追加

タイムラインに追加しなければトリミングした素材も動画として保存することはできません。

4.切り出す範囲を確認・調整

タイムラインに追加したら、もう一度プレビュー動画を再生させて切り出す範囲を確認します。調整したい場合は再度シークバーを移動させても良いですし、不要部分をカットして削除することも可能です。

5.動画を保存

5.動画を保存

最後に画面上部から「書き出し」を選択して1本の動画として保存します。その後も複数の素材を合わせて編集する場合は、素材ごとに書き出す必要はありません。

不要な部分を削除してトリミングする

次に不要な部分を削除してトリミングする方法を解説します。一度タイムラインに素材を追加してからトリミングを行う場合や、「この部分だけカットしたいなぁ」という時におすすめの方法です。以下の手順で行います。

  1. 動画の読み込み
  2. カット範囲の分割
  3. 不要範囲のカット

既に動画の読み込みを行っている場合は、数秒で不要部分をトリミングすることができるので非常に便利な方法です。

1.動画の読み込み

まずは先ほどと同様に不要部分の削除を行いたい素材を読み込みます。画面左上から「ファイルを開く」を選択して素材を開きます。

2.カット範囲の分割

2.カット範囲の分割

次にプレビュー動画から画面下部のタイムライン上に素材をドラック&ドロップで追加を行います。そして再生ヘッドと呼ばれる「▼」にラインが表示された部分を動かしてカットしたい箇所までスライドさせます。

そして「再生ヘッドで分割する」アイコンを選択すると、再生ヘッドの位置で素材を分割させることができます。しかしこれでは素材が分割されただけで不要部分をトリミングしたことにはなりません。素材の中間に不要部分がある場合は、不要部分の始点と終点の2箇所を分割しておかないので覚えておきましょう。

3.不要範囲のカット

そして分割した不要な部分の上で右クリックから「削除」を選択します。

3.不要範囲のカット

間違って必要な部分を削除してしまった場合は、Macの方は「⌘+Z」Windowsの方は「Ctrl+Z」でひとつ前の状態に戻すことができます。

shotcutそのほかの便利な機能

機能

Shotcutにはトリミング以外にも便利な機能がたくさんあるので、簡単に解説します。動画編集で頻繁に行う編集作業なので、まだ方法を知らない方は参考にしてください。

  • 複数動画を結合する
  • 動画にフィルタをかける

複数動画を結合する

Shotcutでは複数の動画を自動で結合させる機能があります。ゴープロや一眼レフなどで撮影した映像素材の中には、ひとつの映像ファイルが分割されて保存されている場合があり、全ての素材を読み込んでから手動で結合させるのが一般的です。しかし以下の手順で読み込みを行うと、分割されたファイルを結合させてタイムラインに表示させることが可能です。

  1. 複数動画の読み込み
  2. タイムラインへの追加

1.複数動画の読み込み

まずは画面上部から「ファイルを開く」ではなく「プレイリスト」を選択して、追加したい動画ファイルを全てまとめてドラック&ドロップを行います。

1.複数動画の読み込み

ファイルをまとめて選択する方法は、一度クリックしてからカーソルをスライドさせて選択するか、Macの方は「⌘」、Windowsの方は「Ctrl」を押しながらファイルを選択することでまとめてドラック&ドロップを行えます。

2.タイムラインへの追加

2.タイムラインへの追加

タイムラインに追加する場合もファイル読み込みと同様に、まとめて選択してドラック&ドロップを行います。

動画にフィルタをかける

最後に動画にフィルタと言われる、デフォルトで搭載されて簡単に使用できる映像加工を適用させる方法を解説します。簡単に行える編集ですが、動画の印象をガラリと変える効果があるので、ぜひ試してみてください。

  1. タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択
  2. ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック
  3. フィルタリストの左下にある+をクリック
  4. パラメーターを調節

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

まずはタイムラインに追加した素材の中から、フィルタを適用させたいクリップを選択します。

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

正常に選択された状態はクリップの周りが赤くなります。

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

次に画面上部から「フィルタ」を選択します。

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

そして表示されたフィルタリストの左下にある「+」を選択します。

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

すると色々なフィルタが表示されるので、選択したクリップに適用させたいフィルタを選択します。ここではコントラストを選択していますが、他にも以下のようなフィルタを適用させることが可能です。

  • ぼかし
  • 色温度の調整
  • ホワイトバランス
  • セピア調
  • レトロ(ほこり、傷、映写機、粒子)
  • クロマキー
  • フェードイン/フェードアウト

4.パラメータを調整

4.パラメータを調整

最後に適用させたフィルタのパラメーターを調節します。フィルターはひとつのクリップに複数適用させることも可能なので、色々とパラメーターを調節しながら試してみてください。

まとめ

今回は無料で使用できる高性能編集ソフトのShotcutを使って、動画をトリミングする方法を解説しました。トリミングを行うには解説した通り、必要な部分を残してトリミングする方法と、不要な部分を削除してトリミングする方法の2種類があります。どちらも簡単に行うことができるので、ぜひこの記事を参考にして編集してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア