shotcutで動画をトリミングするには?特徴や基本的な使い方も紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで動画をトリミングする方法

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。

トリミングとは映像や音声素材の中から必要な部分を切り取る編集で、かなり使用頻度の多い作業です。Shotcutで動画をトリミングする方法は以下の通りです。

  • 必要な部分を切り出してトリミングする
  • 不要な部分を削除してトリミングする

トリミングを行う場合はこのどちらかの編集方法で行います。映像素材によっても変わりますが、基本的にはお好みで編集しやすいやり方で行ってみてください。

shotcutで動画の必要な部分を切り出してトリミングする方法

方法

撮影した映像素材から必要な部分だけを使用したい場合は以下の手順でトリミングを行います。

  1. 動画ファイルの読み込み
  2. 切り出す範囲を選択
  3. タイムラインに追加
  4. 切り出す範囲を確認・調整
  5. 動画を保存

この手順で行えば簡単にトリミングを行うことができます。

1.動画ファイルの読み込み

まずは画面上部から「ファイルを開く」を選択して、トリミングを行いたい映像または音声素材を開きます。 

1.動画ファイルの読み込み

ひとつの動画プロジェクトで使用する素材は全てひとつのフォルダにまとめておくと、素材の読み込み時に手間がかからないのと、編集後も管理しやすいのでおすすめです。

2.切り出す範囲を選択

素材を読み込むと画面中央のプレビュー画面に表示されるので、シークバーという「▶︎」(始点)と「◀︎」(終点)のどちらかをクリックした状態で左右にスライドして、切り出す範囲を選択します。

2.切り出す範囲を選択

実際に素材を再生しながら選択範囲を決めることができるので選択しやすいかと思います。選択範囲は何度でも調節可能です。

3.タイムラインに追加

切り出す範囲を決めた素材を画面下部のタイムラインにドラック&ドロップを行います。

3.タイムラインに追加

タイムラインに追加しなければトリミングした素材も動画として保存することはできません。

4.切り出す範囲を確認・調整

タイムラインに追加したら、もう一度プレビュー動画を再生させて切り出す範囲を確認します。調整したい場合は再度シークバーを移動させても良いですし、不要部分をカットして削除することも可能です。

5.動画を保存

5.動画を保存

最後に画面上部から「書き出し」を選択して1本の動画として保存します。その後も複数の素材を合わせて編集する場合は、素材ごとに書き出す必要はありません。

shotcutで動画の不要な部分を削除してトリミングする方法

次に不要な部分を削除してトリミングする方法を解説します。一度タイムラインに素材を追加してからトリミングを行う場合や、「この部分だけカットしたいなぁ」という時におすすめの方法です。以下の手順で行います。

  1. 動画の読み込み
  2. カット範囲の分割
  3. 不要範囲のカット

既に動画の読み込みを行っている場合は、数秒で不要部分をトリミングすることができるので非常に便利な方法です。

1.動画の読み込み

まずは先ほどと同様に不要部分の削除を行いたい素材を読み込みます。画面左上から「ファイルを開く」を選択して素材を開きます。

2.カット範囲の分割

2.カット範囲の分割

次にプレビュー動画から画面下部のタイムライン上に素材をドラック&ドロップで追加を行います。そして再生ヘッドと呼ばれる「▼」にラインが表示された部分を動かしてカットしたい箇所までスライドさせます。

そして「再生ヘッドで分割する」アイコンを選択すると、再生ヘッドの位置で素材を分割させることができます。しかしこれでは素材が分割されただけで不要部分をトリミングしたことにはなりません。素材の中間に不要部分がある場合は、不要部分の始点と終点の2箇所を分割しておかないので覚えておきましょう。

3.不要範囲のカット

そして分割した不要な部分の上で右クリックから「削除」を選択します。

3.不要範囲のカット

間違って必要な部分を削除してしまった場合は、Macの方は「⌘+Z」Windowsの方は「Ctrl+Z」でひとつ前の状態に戻すことができます。

まとめ

今回は無料で使用できる高性能編集ソフトのShotcutを使って、動画をトリミングする方法を解説しました。トリミングを行うには解説した通り、必要な部分を残してトリミングする方法と、不要な部分を削除してトリミングする方法の2種類があります。どちらも簡単に行うことができるので、ぜひこの記事を参考にして編集してみてください。

Shotcutについては、下記の記事で詳しく解説しています。
shotcutの特徴は?無料ながら高性能、4K動画も編集できるその魅力を徹底解説する!

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア