davinci resolve 音声

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年01月12日)

OpenShot
Video
Editorで動画に字幕を入れる方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

OpenShot Video Editorは、初心者向けながら機能が豊富で、完全無料なのが魅力の動画編集ソフトです。
ここでは、OpenShot Video Editorで字幕を入れる方法について詳しく解説します。

OpenShot Video Editorで字幕を入れるには?

入れるには?

 字幕を入れるには以下の手順で行います。

  1. タイトルを画面に出す
  2. デザインを選択
  3. 作成したタイトルをタイムラインへ追加

効率よく字幕を入れるには、全ての素材をタイムラインに追加して、カット編集を行ったあとにまとめて行うのがおすすめです。また、同じく無料で使用できる3DCGソフトのBlenderをインストールすることで、高クオリティのタイトルを作成することも可能です。

Blender公式サイト

1.タイトル画面を出す

画面を出す

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

まずは画面上部から「タイトル」を選択して、タイトル画面を立ち上げます。もしくはショートカットキーのMacなら「⌘+T」Windowsなら「Ctrl+T」で立ち上げることも可能です。 

2.デザインを選択

選択

「出典:https://infolit.uec.tmu.ac.jp/lit/contents/openshot/01/

タイトル画面を表示させたら、左側にあるテンプレートからデザインを選択して、字幕のテキスト・フォント・サイズ・文字色を設定します。字幕の背景はデフォルトで透明になっていますが、カラーを指定することで背景を表示させることも可能です。 

3.作成したタイトルをタイムラインへ追加

追加

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

作成したタイトルは映像素材や音声素材と同じようにクリップとしてタイムラインへ追加できるようになるので、表示したい箇所に配置して、エフェクトやトランジションを適用させることも可能です。

フェード効果やズームインを適用すれば映画でよく見るようなテキストアニメーションを編集することができます。タイトルの3Dアニメーションを制作するには解説した3DCGソフトのBlenderが必要になるので、制作したい方はインストールを行ってください。

まとめ

今回はOpenShot Video Editorで字幕を追加する方法を解説しました。タイトル画面を立ち上げて、タイトルをまとめて作成しておけば、後はタイムラインに素材のように配置するだけなので、効率的に編集できるはずです。

3Dアニメーションタイトルを制作したい場合は、無料ソフトのBlenderが必要になるので、インストールして合わせて活用してみてください。

OpenShotVideoEditorについては、下記の記事で詳しく解説しています。
OpenShotVideoEditorの特徴は?初心者でも簡単・無料ソフトの特徴や使い方を紹介!

マーケティングに動画を取り入れるメリットは?動画活用成功事例集はこちら

5G時代が到来し、より多くのユーザーが動画を視聴する機会が増えたいま、マーケティングに動画を活用することで、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋げることができます。

マーケティングに動画を活用するメリットは以下のとおり。

  • ・テキストに比べて、商品の魅力が伝わりやすい

    ・CM等に比べて、低コストで運用できる

    ・拡散性を利用して期待以上の広告効果が出る可能性も



  • ただ、動画はただやみくもに制作しても成果が出ません。

    どの「ターゲット」に届けるか、そのターゲットがどんな「悩み」を持っているかを理解して、視聴者のためになる情報を動画に取り入れることによって成果が出るでしょう。

    実際にマーケティングに動画を取り入れて、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋がった動画活用の成功事例をいくつかご紹介します。

                                       


    動画活用成功事例集はこちらのボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア