davinci resolve エフェクト

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

OpenShot
Video
Editorで動画に音声を入れるには?そのほかの使い方も一挙紹介!

OpenShot Video Editorは、初心者向けながら機能が豊富で、完全無料なのが魅力の動画編集ソフトです。
ここでは、OpenShot Video Editorで音声を入れる方法のほか、特徴や機能について詳しく解説します。

OpenShot Video Editorとは

ダウンロードするには?

「出典:https://www.openshot.org/ja/

OpenShot Video Editorは元々Linux向けのソフトとして開発されましたが、現在はMac、Windowsでも利用できるようになり、利用者が増えている人気の動画編集ソフトです。

人気の理由はなんと言っても無料で利用できることで、追加費用が発生することなく、全ての機能を制限なく使用できます。機能に不足があるかと言うと全くそんなことはなく、基本的な編集からエフェクトやトランジションまで自由自在に編集することが可能です。

タイムライン編集で初心者でも簡単に動画編集が可能

1.ファイルの追加

「出典:https://freesoft-100.com/review/openshot-video-editor.html

OpenShot Video Editorは初心者でも簡単に動画編集を始めることができるソフトで、タイムライン画面に編集で使用する素材を配置して、画面左側から右側に向けて時系列で素材を配置するだけで直感的に動画を制作することができます。有料の高度な編集ソフトではタイムライン画面がぐちゃぐちゃになりやすく、編集ソフトに慣れていない初心者の方は難しく感じてしまいます。

その点OpenShot Video Editorは画面構成が非常にシンプルなので、素材を配置してカット、テキスト、エフェクトを追加すれば簡単に動画を制作できます。

多彩な編集機能

選択

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

無料の動画編集ソフトながら400種類以上のトランジションと7種類のエフェクトがテンプレートとして搭載されており、タイムラインに配置された素材にドラック&ドロップするだけで簡単に特殊効果を適用させることが可能です。

他にもタイトルデザインのテンプレートや3Dアニメーションタイトルを制作することもできるので、映像表現の幅を広げることが可能です。

無料で利用できる

できる

OpenShot Video Editorは追加費用は一切かからず無料で利用することができ、機能の制限もありません。また全てのOSで使用できるので、複数人で動画プロジェクトを管理する場合でも快適に作業を進めることができ、編集ソフトを使用するためにパソコンを買い直す必要もありません。

OpenShot Video Editorをダウンロードするには?

ダウンロードするには?

「出典:https://www.openshot.org/ja/

ソフトは公式サイトからダウンロードを行って、パソコンにインストールして使用します。インストールまでは通信環境にもよりますが数分で行うことができるので、この記事を見ながら以下の手順で行ってみてください。

1.ダウンロード

まずは以下の公式サイトからダウンロードを行います。

OpenShot Video Editoro公式サイト

公式サイトにアクセスして「v2.5.1をダウンロード」という青いリンクをクリックします。ダウンロード自体はリンクをクリックするだけで行われますが、OSに対応したリンクを表示させる必要があるので、画面下部のOS名をクリックしてからダウンロードしてください。

2.インストール

インストール

「出典:https://kb.seeck.jp/archives/17247

インストール時には使用する言語を設定できるので、「日本語」を選択して「OK」をクリックします。以降は使用許諾契約書に同意をして、インストール先のフォルダを指定します。最終的にインストール準備完了の画面が表示されるので、「インストール」を選択します。

インストール後は追加したフォルダからクリックすることでソフトを立ち上げることが可能です。

OpenShot Video Editorの基本的な使い方

OpenShot Video Editorを使用した基本的な動画編集の流れは以下の通りです。

  1. ファイルの追加
  2. 「プロジェクトファイル」に追加
  3. エフェクトの追加
  4. 動画の書き出し

この4つの方法を理解していれば、簡単に動画を制作することができるので、以下を参考にしてください。

1.ファイルの追加

1.ファイルの追加

「出典:https://freesoft-100.com/review/openshot-video-editor.html

まずは画面上部の「+」を選択して、編集した素材をソフトに読み込みます。その都度読み込んでいると時間効率が悪いので、動画プロジェクトに使用する素材を一つのフォルダにまとめておき、一度に読み込むようにしておきましょう。

2.「プロジェクトファイル」に追加

ソフトに読み込んだら自動的にプロジェクトファイルに追加されるので、素材を編集するために画面下部のタイムラインに素材をドラック&ドロップします。色々な編集はこのタイムライン上で行います。

3.エフェクトの追加

3.エフェクトの追加

「出典:https://freesoft-100.com/review/openshot-video-editor.html

次にタイムラインに追加した素材へエフェクトを適用させるには、画面左側のエフェクトパネルから適用させたい効果をドラック&ドロップして、素材に追加を行います。

エフェクトは一つの素材に複数適用させることもできるので、プレビュー画面で再生してみてから適用させてみてください。

4.動画の書き出し

4.動画の書き出し

「出典:https://freesoft-100.com/review/openshot-video-editor.html

編集した動画は画面上部の「動画の書き出し」から各種設定を行います。各種設定では、保存先のフォルダやプロファイル、ターゲット、映像のプロファイル、品質を設定します。

プロファイルは以下の中から設定することができ、編集した動画の活用先のプラットフォームに合わせたプロファイルを選択することで、簡単に最適な設定で動画を保存することが可能です。

  • Blu-ray/AVC-HD(AVCHDディスク)
  • DVD(DVD-NTSC/DVD-PAL)
  • Web(Flickr-HD/Metacafe/Picasa/Vimeo/Vimeo-HD/YouTube/YouTube-HD/ウィキペディア)
  • デバイス(Apple TV/Nokia nHD/Xbox 360)
  • その他の形式・AVI(h.264) / AVI(mpeg2) / AVI(mpeg4) / FLV(h.264) / MOV(h.264) / MOV(mpeg4) / MP4(Xvid) / MP4(mpeg4) / MPEG(mpeg2) / OGG(theora/flac) / OGG(theora/vorbis) / WEBM(vpx)

OpenShot Video Editorで動画に音声を入れるには?

音声

OpenShot Video Editorで動画に音声やBGM、効果音を挿入する方法は以下の通りです。

  1. 楽曲のインポート
  2. 不要部分をカットする

1.楽曲のインポート

インポート

まずは映像素材と同じように音声素材をソフトに読み込みます。画面上部の「+」からファイルを選択して、プロジェクトファイルに追加し、クリップウィンドウにドラックしてタイムラインに配置します。

2.不要部分をカットする

する

次にタイムラインに配置した音声素材の不要部分をカットします。カミソリツールを使用して要らない部分を取り除きます。カミソリツールを選択してONになっている状態で、カーソルを動かし、クリックすることで分割することができます。

OpenShot Video Editorで音声を調整するには?

音声のボリュームを調節するには、タイムラインから調整する方法とプロパティから調節する方法があります。

  1. 「ボリューム」で調節
  2. 音量を100%以外にしたい場合

1.[ボリューム]で調節

調節

「出典:https://infolit.uec.tmu.ac.jp/lit/contents/openshot/01/

追加した音声素材のボリュームを調節する方法は、素材上で右クリックから「ボリューム」を選択することで簡単に設定することができます。また、クリップの開始地点を徐々に音量を高めるフェードインや、クリップの終わりを徐々に音量を低くするフェードアウトを設定することも簡単です。

2.音量を100%以外にしたい場合

音量を100%以外に設定したい場合は、「プロパティ」ウィンドウからボリュームを手動で調節することができます。タイムラインのマーカーをBGMのキーフレーム位置まで動かしてください。

OpenShot Video Editorでエフェクトをかけるには?

7種類のエフェクトと400種類以上のトランジション効果を使用する方法を解説します。以下のようなエフェクトをテンプレートを使用するだけで簡単に使用できるので、試してみてください。

  • ぼかし
  • 輝度とコントラスト
  • インターレス解除
  • クロマキーなど

1.エフェクトを選択

選択

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

まずはエフェクトを追加したい素材をタイムラインに読み込んだ状態で、画面左側のエフェクトパネルを開き、適用させたい特殊効果をドラック&ドロップします。エフェクトは一つの素材に複数適用させることができるので、プレビュー画面で再生させながら試してみてください。

2.エフェクトを削除するには

削除するには

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

追加したエフェクトを削除するには、素材上で右クリックを行い、コンテキストメニューを開き、「エフェクトを削除」を選択します。

まとめ

今回は無料で利用できる動画編集ソフトのOpenShot Video Editorで音声・BGM・効果音を追加する方法とボリュームを調節する方法について解説しました。音声の追加もドラック&ドロップや簡単な操作で音量の調節を行うことができるので、この記事を参考に試してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア