davinci resolve 音声

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

Free
Video
Editorで動画をカットする方法は?特徴も合わせて紹介!

動画カットに適したFree Video Editorは、初心者でも使いやすいWindows対応の動画編集ソフトです。
ここでは、Free Video Editorの特徴や、Free Video Editorを使って、動画をカット・結合する方法などをご紹介します。

Free Video Editorとは

Free Video Editor カット

どんな動画編集ソフトなのか、とんな人に向いているのか気になっている人も多いでしょう。今回は、ソフトのダウンロードの方法や特徴などを交えて解説していきます。

初心者用の動画カットや編集に特化したフリーソフト

Free Video Editor カット

初心者用の動画カットや編集に特化したフリーソフトです。Windowsの他iOSにも対応しています。 AVI、MPEG、SWF、MOV、H.264、WMVなどさまざまなフォーマットに対応しており、基本機能が備わっているので動画編集が初めてという方に向いているフリーソフトです。
逆をいうと、凝った演出やオリジナル要素溢れる動画編集を行いたい人にとっては若干物足りなく、ある程度動画編集に慣れていたり、上級者の方は他のソフトを使用するようにしましょう。

Free Video Editorの特徴

Free Video Editor カット

特徴としては、以下があります。

  • Windows用無料ソフト。有料版もある
  • 多彩な形式に対応
  • 動画ファイル形式の変換はできない
  • 大容量ファイルの編集には向かない
  • 無劣化対応は旧Versionのみ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Windows用無料ソフト。有料版もある

Free Video Editor カット

かつては無料のフリーソフトでしたが、現在では無料版と有料版に分かれています。対応OSとしては Windows XP/Vista/7/8/10になり、iOS版もあります。

有料版の課金方法は主に2つです。

  • 1年契約プラン:19ドル
  • 買い切りプラン:29ドル

無料版では、出力した動画にウォーターマークが入るなど機能の制限があります

そのため、まずはお試し感覚で無料版を試して、気に入れば全ての機能を制限なく使える有料版を購入するといったような使い方も可能なのが魅力的です。

多彩な形式に対応

Free Video Editor カット

多彩な形式に対応しています。

対応フォーマットは以下の通り。

  • AVI、MP4、 MKV、 MPG、 WMV、 3GP、 FLV
  • オーディオファイル: MP3、WAV、 WMA、 FLAC、 PCM、 OGG、 AAC、 M4A、 AMR
  • イメージファイル: BMP、 JPG、 PNG、 PSD、 ICO、 TIFF

上記のようにさまざまなフォーマットに対応しています。対応していないフォーマットは Full Video Converterや4Free Video Converterでお好みのフォーマットに変換してから、ご利用するようにしましょう。

動画ファイル形式の変換はできない

Free Video Editor カット

あくまで、動画の分割や結合だけを扱うソフトなので、動画ファイル形式の変換はできません。そのため別途 Full Video Converterや4Free Video Converterなどを介入する必要があります。

大容量ファイルの編集には向かない

Free Video Editor カット

大容量サイズの動画の編集には向きません。基本的に短時間動画しか編集できず、大きすぎるファイルを編集する場合は圧縮するか分割したサイズを減らすようにしましょう。

無劣化対応は旧Versionのみ

Free Video Editor カット

当初は無劣化での編集が出来ると評判のフリーソフトでした。無劣化(むれっか)とは、画質、音質、画像を圧縮せずに質を下げずにそのままエンコードする事です。

最新Versionも含めて 1.4.13以上では無劣化未対応になりました。
また、 バージョン1.4.15から、無料版では無劣化での切り出しが行えなくなったうえに、出力動画にウォーターマークが合成されるようになりました。

1.4.13以前のVersionはインターネット上にはありますが、公式からのダウンロードではないため、最悪の場合ウイルスやマルウェアに感染してしまうリスクもあります。また、旧Versionでは最新の機能が使用出来ないとデメリットもいくつかあるので、目的に応じて使い分けるのが良いでしょう。

Free Video Editorで動画をカットするには?

Free Video Editor カット

動画をカットするには、以下の4STEPで完了します。

  1. 動画を読み込む
  2. 開始位置を指定する
  3. 終了位置を指定する
  4. カット編集を実行する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.動画を読み込む

Free Video Editor カット

まずは動画を読み込みます。

動画を読み込む方法としては3つあります。

  • 直接ドラッグ&ドロップして読み込む(Drop files here)
  • 画面中央のAdd file…をクリックして読み込む
  • Files→ Add file…をクリックして読み込む

2.開始位置を指定する

Free Video Editor カット

続いて、動画をカットするために「開始位置」を指定します。

まずは シークバーを使って 開始位置までバーを持っていきます。開始したい位置が決まれば、ハサミマークを押します。

3.終了位置を指定する

Free Video Editor カット

続いて、動画をカットするために「終了位置」を指定します。

前回と同様にシークバーを使って 終了 位置までバーを持っていきます。終了したい位置が決まれば、ハサミマークを押します。

4.カット編集を実行する

Free Video Editor カット

範囲が正しく指定できていれば、上の画像のようにカット範囲が赤くなっているはずです

Free Video Editor カット

指定した範囲をやり直したい場合は、×マーク(Undo selection)を押せばOKです。

また、指定した範囲の切り替えをしたい場合は、Invert selectionを押しましょう。指定した範囲内か、それとも範囲外をカットするのかを選択できます。

問題なければ、save Videoを選択すればカットは完了です。

Free Video Editorで動画を保存するには?

Free Video Editor カット

Free Video Editorで動画を保存する場合は、まずはどんな動画形式で保存するかを左側の赤枠部分をクリックして選択します。(デフォルトでは、Convert to AVI)

続いて、Save Video→Formatからお好きなフォーマットを選択して保存します。

保存の設定を変更する

Free Video Editor カット

今回は、 Convert to MP4を選択して、保存の設定を変更してみましょう。

選択できる設定は上の画像の通りです。

無料版では以下の形式で保存ができます。

  • JPEG、AVI、GIF、MKV、MP3、MP4

保存したいフォーマットが決まれば、Continueを押して動画の保存ができます。

まとめ

今回はFree Video Editorの動画のカットの仕方や特徴などをご紹介しました。シンプルなUIで、できることが限られている分初心者の人にとっては扱いやすいフリーソフトです。無料版もあるので、まずはお試し感覚で使用して気に入れ歯有料版を検討するといった使い方も出来るのが魅力的です。本記事をよく読んで、動画のカットの仕方や特徴などを理解して頂けると嬉しいです。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア