davinci resolve アニメーション

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

OpenShot
Video
Editorで動画をカットする方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

OpenShot Video Editorは、初心者向けながら機能が豊富で、完全無料なのが魅力の動画編集ソフトです。
ここでは、OpenShot Video Editorで動画をカットする方法について詳しく解説します。

OpenShot Video Editorで動画をカットするには?

動画をカット編集するには以下の手順で行います。

    1. 編集したいクリップを選択
    2. 動画をトリミング
    3. プロジェクトファイルに追加
    4. タイムライン上にクリップを編集する

カット編集は素材を任意の箇所で分割する作業で、必要な部分だけを残したり、不要な部分を取り除いたりして編集します。タイムライン上でルーラーを使用する方法とカミソリツールを使用する方法の2種類があります。最大で800秒まで調節することができます。

1.編集したいクリップを選択

選択

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

まずは編集したいクリップを選択します。プロジェクトファイルからクリップを選択してコンテキストメニューから「クリップを分割」をクリックします。編集画面が立ち上がるので始点と終点を調節してください。

2.動画をトリミング

2.動画をトリミング

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

クリップを選択して編集画面を開いたらシーケンスバーの始点と終点をカーソルでスライドさせて、作成ボタンをクリックします。トリミングする箇所を正確に調節したい場合はマウスで操作するのではなく、キーボードの左右カーソルで1ミリ秒単位で動かすと良いでしょう。トリミングした素材の名前は任意でファイル名を設定することが可能です。

3.プロジェクトファイルに追加

追加

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

トリミングした素材は画面左上のプロジェクトファイルに追加されます。再度トリミングを行いたい場合は、クリップを選択した状態でコンテキストメニューから「ファイルをプレビュー」を選択します。

4.タイムライン上でクリップを編集する

編集する

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

タイムライン上に配置した素材をカット編集するには、画像の赤い縦のライン、再生ヘッドを分割したい箇所に移動させて、右クリックから「スライス」を選択します。すると分割後の左右の素材を保持するか選択できるので、クリックします。「スライス」以外にも「カミソリツール」を選択してからカーソルを動かして分割したい箇所でクリックを行います。

OpenShot Video Editorで動画をつなぐには?

カットした動画を繋ぎ合わせて編集するには以下の手順で行います。

    1. はさみアイコンの左の磁石アイコンをクリック
    2. トラジションの長さの変更

動画を上手く繋げ合わせるにはトランジションと呼ばれる特殊効果を適用させるのですが、OpenShot Video Editorではデフォルトで使用できるトランジションが豊富なので、積極的に活用してみてください。

1.はさみアイコンの左の磁石アイコンをクリック

はさみアイコンの左側にある磁石アイコンを選択した状態で、素材を重ねると自動的にトランジション効果が適用されます。トランジションは素材のつなぎ目にドラック&ドロップを行うと反映されます。

2.トランジョンの長さの変更

変更

「出典:https://eizone.info/openshot-video-editor/

OpenShot Video Editorはトランジションを事前に指定しておくことで、素材を重ねるだけで自動的に適用させることができます。トランジションタブを選択してから効果を選択して、素材を移動させるだけです。

まとめ

今回は無料で利用できるOpenShot Video Editorのダウンロード方法やカット編集など基本的な使い方について解説しました。シンプルな画面構成で簡単に編集を行えるソフトなので、この記事を参考にして試してみてください。

OpenShotVideoEditorについては、下記の記事で詳しく解説しています。
OpenShotVideoEditorの特徴は?初心者でも簡単・無料ソフトの特徴や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

この記事をシェア