davinci resolve スペック

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

DaVinci
Resolveの推奨スペックは?機能や特徴も一挙紹介!

無料ながらプロも納得の多彩な機能を搭載し、カラーコレクション・カラーグレーディングが最大の強みである動画編集ソフト「DaVinci Resolve」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「DaVinci Resolve」を利用する際の推奨スペックを詳しく解説します。

DaVinci Resolveとは

davinci resolve スペック

DaVinci Resolveの特徴は以下の通りです。

  • プロ仕様の高機能動画編集ソフト
  • カラーコレクション・カラーグレーディングが強み
  • 無料版と有料の「DaVinci Resolve Studio」がある
  • 2020年11月「DaVinci Resolve 17」リリース

プロ仕様の高機能動画編集ソフト

davinci resolve スペック

DaVinci Resolveは数ある動画編集ソフトの中でもプロ仕様の8K編集、カラーコレクション、VFX(視覚効果) 、オーディオポストプロダクション機能などが含まれている高機能なソフトです。
DaVinci Resolveでは「ページ」として各機能が分かれており、例えば以下のような機能があります。

  • カット機能(カットページ)
  • エディット機能(エディットページ)
  • Fusion機能(Fusionページ)
  • カラー機能(カラーページ)
  • Fairlight機能(Fairlightページ)

カットページでは、DaVinci Resolve 16から加わった機能で、読み込み、編集、トリム、トランジションの追加など効率的な操作が可能になっています。

エディットページでは、カットページよりも細かな編集・設定が可能です。タイムライン別にフレームレートを変更したり、さまざまなエフェクト効果の追加が可能です。

Fusionページでは映像にVFXや3DCGの合成を行うことができます。

カラーページでは、作成した映像色のトーンを合わせたり、明るい場所を暗くしてホラー映画のようにしたり、暗い場所を明るくして明るい印象を与えたり、さまざまな色の補正・調整ができます。

Fairlightページでは、ミキサー、EQ、ダイナミクス、サンプルレベルの編集機能などの編集・設定が可能です。

カラーコレクション・カラーグレーディングが強み

davinci resolve スペック

「カラーコレクション」とは、撮影した映像の色味を調整することで、「カラーグレーディング」とは、カラーコレクションでの作業が完了した後にInstagramにおけるフィルターの役割のような「元の素材に色を付け足していく作業」を言います。

例えばホラー映像を作りたい時に、色彩を青くしたり、夕日のシーンを作りたい時はオレンジ色にしたりと作品の印象を変化させるために「カラーグレーディング」が使われています。

Adobe Premiere Proとよく比較されますが、カラーコレクションやカラーグレーディングなど色にスポットを当てて細部にこだわった作品を作りたい方にDaVinci Resolveは向いています。

無料版と有料の「DaVinci Resolve Studio」がある

davinci resolve スペック

DaVinci Resolveには無料版と有料版があります。無料版では、スタジオ機能や一部の機能が制限されていますが、以下のような特徴があります。

  • 商用利用可能
  • YouTubeにアップロードOKでクライアントに販売してもOK
  • 無料版でもロゴが入らない

無料版でも映像制作に必要な機能は備わっているので、まずはお試し感覚で利用してみて気に入ったら有料版の検討をしてみることをおすすめします。

2020年11月「DaVinci Resolve 17」リリース

davinci resolve スペック

2020年11月「DaVinci Resolve 17」リリースされました。最新版ではユーザーの要望を取り入れ、100以上の新機能と200以上の改善を含んだメジャーアップデートとされています。ここ数年間で最大のアップデートとされており、特に Fairlightに関して大きく変更がされています。
変更点や新機能は以下の通りです。

  • Color
  • Fairlight
  • Cut
  • Edit
  • Fusion

Color機能は、パワーウィンドウの描画が改善されています。新機能としては、スプリットスクリーンワイプオプション、追加のSat vs Lumカーブ、改良されたスコープなどが追加されました。

Fairlight機能は、新機能やツール、コアの改良などにより史上最大のアップデートが施されました。キーボードショートカットを使用した編集選択モードにより今まで以上の高速な編集が可能になり、オーディオクリップの反転、ラウドネスの分析、トランジェントの表示とナビゲートなどさまざまな機能が追加されています。

Cut機能は、操作画面がスマートになり直感的に操作しやすくなるように改善されています。

Edit機能は、時間短縮を目的とした新規のプロキシワークフローや、タイムライン上のクリップを同期してマルチカムグループに変換したり、個別にタイムラインとピンを共有したりなどさまざまな新機能が追加されています。

Fusion機能は、Fusionページで作成したコンポジションをテンプレートとして保存して、編集やカットページなどで使用できるようになりました。
アニメーションカーブモディファイアもさまざまな機能が追加されており、編集中のアニメーションのディレーションを変更した際に自動的にタイミングが変更されたり、波形表示があるオーディオ再生機能により正確なタイミングのアニメーションを作成できるようになったりとさまざまな新機能や改善が施されています。
上記は一例ですが、その他にも100以上の新機能と200以上の改善が施された大型アップデートになっています。

DaVinci Resolveの推奨スペック

davinci resolve スペック

DaVinci Resolveで快適な動画編集を行うために、推奨スペックをご紹介します。快適な動作を行うためには以下のマシン環境を確認するようにしましょう。

  • 推奨OS環境
  • システムメモリ
  • CPU
  • GPU
  • パーツの優先順位

推奨OS環境

davinci resolve スペック

Mac、Windows、Linuxの3つのバージョンに対応していますが、それぞれOSは推奨のバージョンがあります。

  • macOS 10.13.6 High Sierra以上
  • Windows 10
  • CentOS 7.3

システムメモリ

davinci resolve スペック
Free Video Editor カット

システムメモリは作業スペースを表しています。システムメモリが多ければ多いほど、作業スペースが広くなり快適な動作が可能になります。一方でシステムメモリが足りていないと、動作が遅くなったり、フリーズやエラーの原因にもなります。
DaVinci Resolveの推奨メモリーは16GBですが、実際に8GB程度でも十分に動作します。予算に余裕がある、Fusionページでメモリーキャッシュを大量に使用する場合は32GBまで増設した方が良いでしょう。

CPU

davinci resolve スペック

CPUは中央演算処理装置とも呼ばれ、コンピューターの頭脳に例えられることが多いです。コンピューターにおいて主力部分の処理を担当する機能のことを指し、計算や情報処理などをメインに行います。

Windowsの場合には、3GHz以上のCPUをお勧めします。
Macの場合はMetalがあるので、CPUのスピードはそれほど気にする必要はありません。
CPUはIntel Core i7でOKです。

GPU

davinci resolve スペック

GPUとは、コンピューターの処理のうち、画像処理を担当する機能のことです。高機能なほど美しい映像が滑らかに早く動作するので、3Dグラフィックや、3Dゲームなどを利用する場合に必要になってきます。

AMDかNVIDIAのGPUがおすすめです。
解像度がHD(1920×1080)の場合、特に製品の指定はありません。
10bitカラーで撮影できるカメラを使う方はQuadroまたはGeForce RTXシリーズがオススメです。

パーツの優先順位

davinci resolve スペック

優先すべきパーツはGPUです。その次にCPU、システムメモリ(RAM)になります。
動画処理の分野においては、CPUよりもGPUで処理した方が高速なことから、高性能なGPUを所有していれば快適に動画編集を行うことができます。

まとめ

今回はDaVinci Resolveの推奨スペックや機能や特徴をご紹介しました。
DaVinci Resolveは無料で利用できる上に商用利用も可能、ロゴが入らないといった魅力的なポイントがたくさんあります。元々さまざまな機能を有しており、高品質な動画編集が可能だったのですが、DaVinci Resolve 17にアップデートされたことにより、さらに使いやすく機能が充実しています。初心者の方には扱える機能が多く、初めは慣れるまで時間がかかる可能性もありますが、使いこなす価値は十分にあります。本記事をよく読んでDaVinci Resolveの推奨スペックや機能や特徴などの理解を深めて頂ければ幸いです。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア