marketing

2020年09月22日(公開: 2017年10月12日)

CPCV(Cost
per
Completed
View)とは?

1回の再生に掛かった完全視聴コスト

CPCVとは、Cost per Completed Viewの略で、動画広告を配信する際のコストに関する指標です。再生された動画広告が最後まで完全に視聴された場合に発生するコストです。完全視聴完了の1再生当たりでコストを支払います。

計算式は
CPCV=【広告に支払ったコスト】÷【完全視聴完了数】
となります。

¥10,000の広告費に対して1000回の再生なのでCPVは¥10と算出することができます。

CPVとの違い

似たような指標としてCPVがあります。広告視聴1回あたりのコストのことです。どちらも動画マーケティングにおいてよく使われる指標です。CPVが視聴回数を指標としているため、多くの人に届けること、認知してもらうために有効であるのに比べ、CPCVは動画広告を最後までしてもらうことを目的としているため、商品理解やブランディングに有効な指標となります。代表的な媒体は、YoutubeのTrueView広告です。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア