davinci resolve アニメーション

marketing

2021年02月10日(公開: 2021年02月09日)

DaVinci
Resolveでアニメーションを追加する方法は?機能や特徴も一挙紹介!

無料ながらプロも納得の多彩な機能を搭載し、カラーコレクション・カラーグレーディングが最大の強みである動画編集ソフト「DaVinci Resolve」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「DaVinci Resolve」でアニメーションを追加する方法について詳しく解説します。

DaVinci Resolveとは

davinci resolve アニメーション

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)は無料版と有料版の2つに分かれており、無料版でも商用利用も可能で、動画編集時にロゴが入らない上、プロも納得の高機能動画編集ソフトです。
特徴は以下の通りです。

  • プロ仕様の高機能動画編集ソフト
  • カラーコレクション・カラーグレーディングが強み
  • 無料版と有料の『DaVinci Resolve Studio』がある
  • 2020年11月『DaVinci Resolve 17』リリース

プロ仕様の高機能動画編集ソフト

davinci resolve アニメーション

オーストラリアにある『Blackmagic Design社』の製品で、プロ仕様の高機能動画編集ソフトとしてAdobe Premiere proとよく比較されています。特に海外ユーザーに多く愛用されており、ハリウッドでは多数のシェアを誇っています。

ノンリニア編集、カラーコレクション、エフェクトなどの動画編集に必要最低限の機能から、オリジナリティを出すための高編集機能までさまざまな要素を兼ね備えています。また、機能ごとに『ページ』として機能が明確に分かれており、編集がしやすいのがポイントです。機能は以下の通りです。

  • カット機能(カットページ)
  • エディット機能(エディットページ)
  • Fusion機能(Fusionページ)
  • カラー機能(カラーページ)
  • Fairlight機能(Fairlightページ)

カット機能はバージョン16から新規追加された機能で、動画の読み込み、編集、トリム、トランジションの追加など、カットに関するさまざまな編集を効率化させるためのさまざまな機能があります。

エディット機能は、カット機能で施した修正をより細かく調整・編集が可能です。具体的にはタイムライン別にフレームレートを変更したり、さまざまなエフェクト効果の追加が可能です。エディット機能を上手く使いこなすことによって、より自分だけのオリジナティ溢れる動画を作成できます。

Fusion機能は映像にVFXや3DCGの合成を行うことができます。 VFXは『Visual Effects』 の略で『現実では目にすることができない画面効果を創り出す』ことができ特撮にも用いられています。3DCGは『 3次元コンピュータグラフィックス 』のことで、コンピューターの処理によって3次元の仮想的な立体物を表示させます。主に映画やアニメ、ゲームなど幅広い分野で活用されています。

カラー機能は、制作した映像色のトーンを合わせたり、明るい場所を暗くしてホラー映像のような演出をさせたり、反対に暗い場所を明るくさせたりといったさまざまな色の補正ができます。後述しますが、カラーコレクション・カラーグレーディングの機能が豊富で、強みと言える特徴を持ちます。

Fairlight機能は、オーディオ編集に特化した機能で、タイムライン上に音声を追加することを始めとした音に関わるさまざまな編集ができます。

カラーコレクション・カラーグレーディングが強み

davinci resolve アニメーション

ダビンチリゾルブの特徴の一つと言えば、カラーコレクション・カラーグレーディングに強いことです。『カラーコレクション』とは、撮影した映像の色味を調整することで、『カラーグレーディング』とは、カラーコレクション後に『元の素材に色を付け足していく作業』のことを指します。

例えば、夕日のシーンを演出させたい場合は、背景をオレンジ色にしたり、ホラーシーンを撮影したい時は、背景を暗くして、青白く演出させたりといった工程を『 カラーグレーディング 』が担当します。

ダビンチリゾルブは、カラーコレクション・カラーグレーディングを用いてこだわりのある動画編集ができるのが強みで、色にスポットを当てた制作がしてみたいという方におすすめのソフトです。

無料版と有料の『DaVinci Resolve Studio』がある

davinci resolve アニメーション

無料版と有料版があります。無料版では一部の機能が制限されていますが、有料版に比べてもそれほどデメリットは感じません。
無料版は主に以下のような特徴があります。

  • 商用利用可能
  • YouTubeにアップロードOK
  • クライアントに販売してもOK
  • 無料版でもロゴが入らない

他の動画編集ソフトでも無料版と有料版に分かれているものもありますが、無料版の場合は商用利用が不可であったり、動画編集時にロゴが入ってしまったりといった扱い辛い点もあります。

ダビンチリゾルブでは上記のようなデメリットはありません。無料版でも動画編集に必要な機能は備わっており、 まずはお試し感覚で利用してみて気に入れば有料版を購入してみるといった使い方をしてみることをおすすめします。

2020年11月『DaVinci Resolve 17』リリース

davinci resolve アニメーション

2020年11月『ダビンチリゾルブ 17』がリリースされました。最新版ではユーザーの要望を取り入れ、100以上の新機能と200以上の改善を含んだ大型アップデートとなっております。主に下記の機能に変更や新機能の追加が施されました。

  • カラー機能(カラーページ)
  • Fairlight機能(Fairlightページ)
  • カット機能(カットページ)
  • エディット機能(エディットページ)
  • Fusion機能(Fusionページ)

HDRグレーディングを強化し、AIマスキングツールを搭載したり、特に
オーディオ編集におけるFairlight機能の改善が大きく、使い勝手が向上してより高品質な動画編集が可能になっています。

DaVinci Resolveでアニメーションを追加するには?

davinci resolve アニメーション

ダビンチリゾルブでアニメーションを追加するには、Fusion機能を用います。

YouTubeやインスタグラムの動画で多く見られる、文字が動き出すテロップやさまざまなキャラクターが動くといった個性豊かな表現方法の一つに『アニメーション』があります。

今回は、アニメーションを追加するために必要な方法を解説します。

Fusion機能を利用する

davinci resolve アニメーション

アニメーションを利用するためには、Fusion機能を利用する必要があります。
Fusion機能の特徴として以下が挙げられます。

  • ダビンチリゾルブ内の機能であるため、一つのソフトで編集が完結する
  • 無料でたいていのものが作れる

Fusion機能は無料版ダビンチリゾルブでも利用可能な機能で、お金を掛けずに高品質なアニメーション動画を作成できます。

DaVinci Resolveでアニメーションを追加する方法

davinci resolve アニメーション

ダビンチリゾルブでアニメーションを追加するための手順は以下の通りです。

  1. プロジェクトファイルを立ち上げる
  2. MediaOut(メディアアウト)の確認
  3. 『MediaOut1』の画像を追加
  4. 『MediaIn1』を『MediaOut1』につなぐ
  5. 画像が表示される
  6. 『transform』を追加
  7. メモリの調整
  8. 再生ボタンを押す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

プロジェクトファイルを立ち上げる

davinci resolve アニメーション

まずは、ダビンチリゾルブを起動して、プロジェクトファイルを立ち上げましょう。続いて、Fusionページに移動します。(shift+5キーを押しても移動できる)

基本的には、Fusionページで作業を行いますが、このままでは何もすることができません。そのため、一旦エディットページに移動しましょう。

エディットページに移動したら、エフェクトライブラリをONにして、『ツールボックス』→『エフェクト』の中にある『Fusionコンポジション』をタイムライン上にドロップ&ドロップしてください。

davinci resolve アニメーション

Fusionコンポジションとは、アニメーションを構成しているモノが入った箱と認識してもらえればOKです。 Fusionコンポジションの組み合わせによって動画がつくられていきます。

Fusionページに戻ると、『Nodes』というところに『MediaOut1』 が表示されていればOKです。

davinci resolve アニメーション

MediaOut(メディアアウト)の確認

davinci resolve アニメーション

MediaOut(メディアアウト)は、部品のようなものです。複数のMediaOutを繋げていって、最終的なFusionコンポジションが出来上がります。
また、後述しますがアニメーション制作において、ノード を理解する必要があります。

ノードを理解しよう

davinci resolve アニメーション

Fusionは基本的にノードエディターという部品部品を繋げたり切り離したりして動画を構成していきます。

ノードエディターは、After Effectsのようなレイヤーを重ねて編集するソフトとは違って、細かい直接的な編集は苦手です。しかし、ノードは自分の好きな所に配置できたり、追加で修正が必要になる時も繋ぎ直すだけなので、部品(ノード)が大量になり、構成が複雑になってくる状況の時に真価を発揮します。

とはいえ、繋ぎ方が独特であるため、使いこなすまでに時間が掛かる可能性があります。初心者の方はまずはノードの理解と扱い方をじっくりマスターしていきましょう。

『MediaOut1』の画像を追加

davinci resolve アニメーション

『MediaOut1』の画像を追加する前に、メディアプールに入れたい画像を追加しましょう。
初期設定では、メディアプールが非表示になっているため、メディアプールをONにします。
続いて、メディアプール内の画像をNodesに追加します。
すると、Nodes『MediaIn1』 が追加されます。

『MediaIn1』を『MediaOut1』につなぐ

davinci resolve アニメーション

続いて、『MediaIn1』を『MediaOut1』に繋ぎましょう。

デフォルトでは、『MediaIn1』は活性化されていません。 そのため、矢印で示してある白いマークになるように、クリックしてみましょう。すると、
『MediaIn1』が活性化されて画面上部に表示されます。

活性化できたら、 『MediaIn1』と『MediaOut1』 を引っ張るようにつなぎ合わせればOKです。

画像が表示される

davinci resolve アニメーション

『MediaIn1』 についている2つのボタンは、右側を押すと画面右上のビューパネル内に画像が表示され、左側を押すと、画面左上のビューパネル内に画像が表示されます。うまく使い分けて、2画面を比較しながら調整したいときに便利な機能です。

現在は、ただ静止画を表示させているだけの状態なので、ノードに動きをつけるために『transform』を追加する必要があります。

『transform』を追加

davinci resolve アニメーション

『transform』を追加しましょう。まずは赤枠で囲ったボタンをクリックします。

すると、『MediaIn1』を『MediaOut1』 の間に『transform』が繋がっている状態になります。transformをクリックしてみると、右上にインスペクタが表示されます。インスペクタ内の『center』内の数値をいじることで、画像を動かすことができます。

davinci resolve アニメーション

メモリの調整

davinci resolve アニメーション

画像を動かすにはビューパネルの下にある目盛りを調整します。
この目盛りはコンポジションの動画のコマを表していて、5のところが5コマ目という風に区切りがなされています。

まずは、目盛り上にある赤い線を10内に合わせましょう。続いて、インスペクタ内のcenterの横にあるダイヤモンドのマークを押します。
押した後に、ビューパネルの下にある目盛りを60まで動かしてみましょう。最後に、centerのXYの数値を適当に変更してみてください。すると、画像が中心から動きます。

上記のように、メモリを調整することで画像を自由自在に動かすことができます。

再生ボタンを押す

davinci resolve アニメーション

再生ボタンを押してアニメーションが反映されているか確認してみましょう。
目盛りが10から60に移動する際に、画像が動いているのがわかります。

まとめ

ダヴィンチ・リゾルヴでアニメーションを追加する方法や機能や特徴も合わせて解説しました。ダヴィンチ・リゾルヴでは無料版でもアニメーション機能が豊富で、さまざまな動きのある演出を追加することができます。初心者の人にはFusion機能やノードの理解や扱い方が難しく使いこなすまでに時間が掛かる可能性もありますが、覚える価値は大いにあります。本記事をよく読んで、アニメーションを追加する方法を深く理解して頂ければ幸いです。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア