Premiere Proで動画に字幕を入れるには?その特徴や基本的な使い方も紹介!

marketing

2021年02月09日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proで動画に字幕を入れるには?その特徴や基本的な使い方も紹介!

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の特徴や動画に字幕を入れる方法などを紹介します。

Premiere Proとは

とは

有料の動画編集ソフトで、非常に高クオリティな動画制作を行えることから、世界中の動画制作者の方に利用されています。提供しているのは高機能写真加工ソフトのPhotoshopや、高度なVFX編集が行えるAfterEffectで有名なAdobe社です。

Adobe社はあらゆるクリエイターの要望を満たすソフトを多く提供しており、映像や写真などクリエイティブな仕事をしたい方におすすめです。無料の動画編集ソフトでは使用できるOSが限られていることが多いですが、MacとWindowsの両方で使用できるので、複数人で動画プロジェクトを管理したり、仕事の現場で活躍します。

中級~上級者向けの高機能ソフト

ソフト

あらゆる編集をこのソフト一つで行うことができるので、初心者用ではなく中級者〜上級者向けのソフトと言われています。初心者向けのソフトではありませんが、基本的で簡単な編集も当然行うことも可能です。

完璧に使いこなすのはプロでも難しいと言われているほど高機能なので、初心者の方は行いたい編集作業だけを少しずつ覚えていきましょう。

Adobeの他アプリと連携自由

自由

Adobe社の他のアプリと連携することで更に機能を拡張させることが可能です。以下で利用プランを解説しますが、他のソフトと簡単に連携できることが大きな魅力なので、他のソフトも利用できるプランに加入することがおすすめです。

例えば高度なエフェクト編集を行えるAfterEffectと連携すれば、Premiere Proで行えないエフェクト編集をAfterEffectで行って、編集が完了した素材はすぐにソフトに移動させてまた編集を行うことが可能です。

VR動画の編集も!多彩な動画編集機能

機能

利用する大きなメリットとしては頻繁にアップデートを行っていて、新しい機能が追加されることです。買切り型の編集ソフトではないので、アップデートされた新機能を追加料金なしですぐに利用することが可能です。

最新のVR動画の編集も行うことができ、今後も多彩な編集機能がアップデートされていくでしょう。

「単体プラン」か「コンプリートプラン」を選択。無料体験版あり

体験版あり

「出典:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

料金プランには「単体プラン」と「コンプリートプラン」の2種類があり、どちらを利用した場合でも7日間の無料体験期間があります。

単体プランはPremiere Proだけ利用できるプランで、コンプリートプランは他のソフトも利用できるプランです。解説した通り、コンプリートプランの利用が圧倒的におすすめです。

料金は単体プランで月額2480円〜で、コンプリートプランは月額5680円〜で利用できます。金額としては倍ほどになるので、まずは無料体験を行った上でどちらを利用するか考えてみてください。

Premiere Proの基本的な使い方と編集の準備

準備

基本的な使い方と編集の準備を解説します。どんな編集を行う場合でも必ず新規プロジェクトを立ち上げて、シーケンスの設定を行い、編集した素材を読み込みます。

必ず編集したい素材を読み込んだ上で編集作業が始まるので、一つのプロジェクトで使用する素材は一つのフォルダにまとめて管理しておくと良いでしょう。

押さえておくべき画面構成と機能

ソフトを利用する上で、まず押さえておくべき画面構成は以下の通りです。画面構成の配置は自由に設定することができますが、まずは各パネルの名前と意味を理解しておきましょう。

機能

  1. ソースモニター=読み込んだ素材の再生や編集が可能
  2. ツールパネル=動画編集に使用する各種ツールが表示されています。
  3. プロジェクトパネル=使用する動画や静止画、音声などの素材が表示されます。
  4. プログラムモニター=制作している動画が表示されます。
  5. タイムラインパネル=動画素材を配置して編集を行う作業場所です。
  6. メニューバー=メニューバーのウィンドウというメニューをクリックすると各種パネルの表示・非表示を変更可能です。

だんだんソフトに慣れてくると編集パネルの位置を変更したくなるはずなので、まずはデフォルトの状態で編集を始めてみてください。

ではソフトの立ち上げから素材読み込みまでの手順を簡単に解説します。

  • ソフトを起動
  • シーケンスの作成
  • 動画素材の読み込み

1.Premiere Proを起動

まずはソフトを起動します。アプリケーションフォルダからクリックして立ち上げるか、Macを使用している方は画面下部のdockに配置しておくことですぐに立ち上げられるのでおすすめです。

①Premiere Proを起動

起動

ソフトを起動すると「チュートリアルを始める」や「新規プロジェクトの立ち上げ」、「プロジェクトを開く」が表示されるので、まずは「新規プロジェクト」を選択します。新しく動画編集を始めるには新規プロジェクトを立ち上げないといけません。

②名前を付けて保存

保存

解説した画面構成が立ち上がる前に、詳細設定画面が表示されます。ここでは名前の設定だけ、管理しやすい名前を付けて保存します。次回からはプロジェクトを開くを選択すると、このプロジェクトを立ち上げることができます。

2.シーケンスの作成

新規プロジェクトを作成したら、シーケンスの作成を行います。シーケンスでは制作する動画のフレームレートや画面サイズを設定することができます。何も設定しない場合は最初にタイムラインに配置した素材の動画形式が自動で適用されるので、変更しなくても問題ありません。

①メニューバーの「ファイル」から「新規」>「シーケンス」を選択

選択

画面上部の「ファイル」から「新規」→「シーケンス」を選択して新規シーケンスを立ち上げます。ショートカットキーで簡単に開くこともでき、Macの方は「⌘+N」、Windowsの方は「Ctrl+N」です。

②形式とサイズの設定

設定

シーケンスを開いたら以下の4項目を設定できます。

  • プリセット
  • 設定
  • トラック
  • VRビデオ

設定がよく分からない方でも簡単に設定できるように、プリセットを活用することが可能です。プリセットでは細かい設定を決める必要がなく簡単に指定できます。

3.動画素材の読み込み

新規プロジェクトを立ち上げて、詳細設定を行ったら、編集したい動画素材の読み込みを行います。解説した通りプロジェクトで使用する素材を一つのフォルダにまとめておくことで管理しやすくなるので試してみてください。

①Premiere Proに素材を読み込む

読み込む

素材を読み込むには画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、読み込みたい素材を開きます。指定した素材がプロジェクトパネルに表示されていれば正常に読み込みが行われています。素材が破損していたり、対応していない動画形式だと正常に表示されていないはずです。

ショートカットキーで読み込む場合はMacなら「⌘+I」Windowsなら「Ctrl+I」が使用できます。

②シーケンス上に素材を配置

配置

プロジェクトパネルに素材を全て読み込んだら、タイムラインパネル上に素材を配置します。素材はドラック&ドロップで簡単に追加できます。複数素材を選択してまとめて読み込むことも可能です。

動画編集は全てタイムラインに配置した素材に対して行って、タイムラインの素材が1本の動画にまとまって保存されるので、必ずタイムラインを利用しなければなりません。

タイムラインは画面左側から右側に向けて時間が流れており、素材を並べていくだけで直感的に時系列を理解した上で動画を作ることが可能です。

Premiere Proで動画に字幕を入れるには?

動画に字幕を追加する方法は非常に簡単で、色々なアレンジを行えます。基本的には横書き文字ツールを利用して追加するか、レガシータイトルを利用して追加するかの2通りがあります。どちらにも特徴があるので以下を参考にして試してみてください。

基本的な字幕の入れ方、編集方法

基本的な字幕追加&編集方法は以下の通りです。

  1. Premiere Proを起動
  2. インジケーターを移動
  3. タイトルを入力
  4. 名前の指定
  5. 横書き文字ツールの選択〜文字の入力
  6. 時間インジケーターに合わせてドラッグ
  7. 表示時間の調整
  8. 字幕の種類の変更

1.Premiere Pro を起動

起動

まずはソフトを起動して新規プロジェクトを立ち上げるか、すでに編集しているプロジェクトを開きます。

2.インジケーター移動

移動

プロジェクトを開いてタイムラインに素材をドラック&ドロップで配置したら、字幕を追加したい箇所に再生ヘッドを移動させます。字幕は再生ヘッドの位置に追加されます。

3.タイトルの入力

入力

次に画面上部の「ファイル」から「新規」→「レガシータイトル」を選択して、レガシータイトルパネルを開きます。

Premiere Pro CC 2017のバージョンを利用している場合は、上記の手順でレガシータイトルを開くことができ、Premiere Pro CC 2015の古いバージョンからアップデートしていない場合は「タイトル」から「新規タイトル」→「静止タイトル」を選択してください。

4.名前の指定

指定

新規タイトルウィンドウが表示されたら、タイトルの名前を指定します。ここで指定するタイトル名が字幕に表示される訳ではありません。

5.横書き文字ツールを選択~文字の入力

入力

レガシータイトルパネルが表示されたら、「T」のアイコンの横書き文字ツールをクリックした状態にして文字を入力してください。このパネル上で文字の大きさやカラースタイル、フォントなどあらゆる変更が可能です。

また、画面下部に表示されているレガシータイトルスタイルを活用すれば、すでに作成したスタイルを保存させておくことができ、作業の効率化が行えます。

6.時間インジケーターに合わせてドラッグ

ドラッグ

作成したタイトルをタイムラインにドラック&ドロップを行って、時間インジゲーターを見ながらドラックして表示するタイミングを調節します。

7.表示時間の調整

調整

タイトルが表示される時間の調整を行うには、配置したタイトルの端にカーソルを移動させてクリックして、ドラックします。

8.字幕の種類の変更

静止テロップの他にもスクロールするテロップやアニメーション効果を適用させたテロップも簡単に作ることができます。文字を縦書きに変更することもレガシータイトルパネルから行えるので試してみてください。

字幕に色を付ける

付ける

字幕に色を付けるには、タイムラインでタイトル素材を選択した状態でエフェクトコントロールパネルを開きます。ショートカットキーの「Shift+5」でも開くことができます。

アピアランスの塗りをクリックしてカラーピッカーで色を変更します。 

フォントを変更する

変更する

フォントを変更するにはタイムラインでタイトル素材を選択した状態でエフェクトコントロールパネルを開きます。そしてソーステキスト部分の使いたいフォントを選んで指定します。

文字のサイズを調整する

調整する 

文字のサイズを調節するには、タイムラインでタイトル素材を選択した状態でエフェクトコントロールパネルを開き、ソーステイスト部分のサイズメーターをプレビューパネルを見ながら調節します。

Premiere Proのエッセンシャルグラフィックパネルを使用した字幕の作成・編集

エッセンシャルグラフィックパネルを使用した字幕の作成と編集も行えます。エッセンシャルグラフィックパネルは字幕だけでなく、色々な形の素材にアニメーションを加えてテンプレ化することも可能なので、使い方を覚えておきましょう。

エッセンシャルグラフィックパネルでできること

エッセンシャルグラフィックパネルで行えることは以下の通りです。

  1. テキストプロパティ
  2. 塗り
  3. ストローク
  4. 背景
  5. シャドウ

エッセンシャルグラフィックパネルでは直感的に字幕編集を行うことができ、レガシータイトルよりも簡単に使用できます。

1.テキストプロパティ

プロパティ

テキストプロパティではドロップダウンリストからフォントを選択して、字体やスタイルを変更できます。

2.塗り

塗り

エッセンシャルグラフィックパネルのアピアランスのカラーを選択することで、字幕の色を変えることができます。

3.ストローク

ストローク

テキストを選択した状態でストロークカラーをクリックすることでテキストに外枠をつけることができます。ストローク幅やスタイルを変更可能です。

4.背景

背景

テキストを選択した状態で背景色を選択することで、背景に色を付けてサイズや不透明度を調節できます。

5.シャドウ

シャドウ

エッセンシャルグラフィクスのシャドウを調節することでテキストに影をつけることができます。影の色や距離、角度、不透明度、サイズ、ブラーなどを変更可能です。

まとめ

今回は有料の高機能動画編集ソフトPremiere Proの特徴と基本的な使い方、字幕の追加方法を解説しました。YouTube動画の編集を行う際もPremiere Proを利用すれば簡単に様々なフォントや色合いの字幕を追加することができ、作業にかかる時間もショートカットキーを活用することで短縮することが可能です。

この記事を参考にしてPremiere Proで字幕の追加を行ってみてください。

 

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア