基本的な使い方

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proで動画をカットする方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」で動画をカットする方法を紹介します。

Premiere Proで動画をカットする方法

動画をカット編集する方法を解説します。カット編集は動画制作で必ず行う作業になります。以下の2種類の方法でカット編集を行えるのでそれぞれ実際に試してみてください。

  • レーザーツールを利用してカットする
  • インポイント・アウトポイントを設定してカットする

 どちらのカット編集方法も頻繁に活用するので、ショートカットキーの使い方を覚えてみてください。

レーザーツールを利用してカットする

方法 

レーザーツールをツールバーから選択して(カミソリのようなアイコン)タイムラインに配置した素材のカットしたい箇所でクリックすると素材を分割できます。ショートカットキーは「C」でレーザーツールに切り替えることができ、ショートカットキーの「V」で選択ツールに切り替え、分割した素材を削除したり、タイムライン上を移動させることができます。

インポイント・アウトポイントを設定してカットする

レーザーツールを利用してカット編集する方法以外に、インポイントとアウトポイントを設定してカットする方法もあります。カットして削除したい範囲が大きい場合はレーザーツールよりもこの方法の方が簡単で速くカットすることが可能です。

1.シーケンスでカット編集する

編集する

カットしたい素材をタイムラインに並べた状態で、カットしたい部分のはじめに再生ヘッドを移動させてショートカットキーの「I」を選択することでインポイントを指定できます。次に素材の終わりに再生ヘッドを合わせてショートカットキーの「O」を選択肢てアウトポイントを設定します。

インポイントとアウトポイントを指定できたら、ショートカットキーの「Shift+delete」でリップル削除を行います。

2.プログラムモニターでインポイント・アウトポイントを設定してカット編集する

編集する

タイムライン上だけでなく、プログラミングモニター上でインポイントとアウトポイントを指定することも可能です。プログラミングモニター下部にある画像のアイコンを使って始点と終点を指定します。

指定できたら抽出アイコンを選択することでリップル削除が行えます。

3.ソースモニターでカット編集してからシーケンスに素材をドラッグする

素材をドラッグする

タイムラインに素材を配置してからカットする方法を解説しましたが、ソースモニター上でインポイントとアウトポイントを指定できます。素材の不要な箇所を配置する前に削除しておくことで、タイムラインでいちいち削除する必要がありません。

まとめ

今回は世界中の動画クリエイターの方が愛用しているPremiere Proの特徴と、基本的な編集手順、カット編集の方法について解説しました。

Premiere Proは非常に多くの機能が搭載されている高機能ソフトです。プロジェクトの立ち上げやカット編集で解説したショートカットキーを活用することで、速く効率的に動画制作を行えるようになります。

特にカット編集は動画制作で必ず行う作業なので、ぜひこの記事で解説したカット編集方法をマスターしてみてください。

Premiere Proについては、下記の記事で詳しく解説しています。
ユーザー多数の高機能動画編集ソフトPremiereProの特徴は?人気の秘密や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

この記事をシェア