Premiere Proでエフェクトを使うには?多彩なエフェクトの魅力とその効果を一挙紹介!

marketing

2021年02月09日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proでエフェクトを使うには?多彩なエフェクトの魅力とその効果を一挙紹介!

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の特徴やエフェクトの使い方とその効果などを紹介します。

Premiere Pro

とは

有料の動画編集ソフトで、多くのクリエイター向けソフトを提供しているAdobe社が提供しているソフトです。多くのYouTuberや動画クリエイターが利用しており、インナーネットやYouTubeで操作方法を検索すると多くの情報を取得することができます。

これから動画編集を仕事として始めたい方に最もおすすめするソフトです。MacとWindows両方のOSで使用することができるので、動画プロジェクトの共有や複数人での編集作業を行いやすい特徴があります。

中級~上級者向けの高機能ソフト

ソフト

中級者〜上級者向けの高性能ソフトで、基本的な編集から映画業界で行っているような高度な編集まで幅広く行うことが可能です。

機能がとにかく豊富なので全ての機能を使いこなすのはプロの編集者の方でも難しいと言われています。

中級者〜上級者向けのソフトと言われていますが、初心者の方でも直感的に操作しやすい画面構成で基本的な編集機能はすぐに覚えることができるはずです。

Adobeの他アプリと連携自由

自由

他のアプリと連携して使用することで、非常に便利に動画制作を行うことができ、高度なVFX編集ができるAfterEffectと連携を行えば、部分的にAfterEffectで編集して素材を自由自在にソフト間を移行させることが可能です。

このソフトを利用する方は他のアプリと連携させることで、より便利になるので、複数ソフトが使用できるコンプリートプランに契約するのがおすすめです。

VR動画の編集も!多彩な動画編集機能

機能

頻繁にバージョンアップを行って、機能のアップグレードを行っているので、常に最新の編集技術を利用することができます。

買切り型のソフトではなく、毎月定額支払いのサブスクリプションサービスなので、契約期間中は常に最新バージョンを利用することができ、VR動画の編集まで行うことが可能です。

「単体プラン」か「コンプリートプラン」を選択。無料体験版あり

体験版あり

「出典:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

利用プランには単体プランとコンプリートプランの2種類があり、Premiere Pro単体プランでは月額2480円〜利用でき、他のソフトも使用できるコンプリートプランは月額5480円〜で利用できます。

解説した通り、他のソフトと連携できることが大きな魅力なので、コンプリートプランの利用がおすすめです。

Premiere Proの基本的な使い方と編集の準備

基本的な使い方と編集準備方法を解説します。ソフトを利用する際は必ず以下で解説する方法で、新規プロジェクトの立ち上げから編集したい素材の読み込みまで行うので、参考にしてください。

押さえておくべき画面構成と機能

利用する方が必ず押さえておくべき画面構成は以下の画像の通りです。操作方法を覚える前に画面構成の意味を理解しておかないと効率良く操作することができないので、確認してください。

機能

  1. ソースモニター=ソフトに読み込んだ素材の再生や編集が可能
  2. ツールパネル=動画編集に使用する各種ツールが表示されています。
  3. プロジェクトパネル=使用する動画や静止画、音声などの素材が表示されます。
  4. プログラムモニター=制作している動画が表示されます。
  5. タイムラインパネル=動画素材を配置して編集を行う作業場所です。
  6. メニューバー=メニューバーのウィンドウというメニューをクリックすると各種パネルの表示・非表示を変更可能です。

頻繁に利用する画面構成は上記の6つです。ウィンドウから他にも多くのパネルを表示させることができるので、基本的な操作方法を覚えたら、編集しやすいように画面構成をアレンジしてみてください。

次にソフトの立ち上げから素材読み込みまでの手順を簡単に解説します。

  • ソフトを起動
  • シーケンスの作成
  • 動画素材の読み込み

1.Premiere Proを起動

まずはソフトを起動させて、編集する準備を行います。ソフトを起動させるにはソフトをインストールしたフォルダからクリックするか、Macを使用している場合はdockに配置してすぐに起動できるようにしておくと良いでしょう。

①Premiere Proを起動

起動

ソフトを起動すると「新規プロジェクトを作成」か「プロジェクトを開く」が表示されるので、まずは「新規プロジェクトを作成」を選択します。すでにプロジェクトを保存している場合は「プロジェクトを開く」からプロジェクトファイルを開きます。

②名前を付けて保存

保存

新規プロジェクト名が設定できる画面になるので、管理しやすい名前で保存します。動画編集を仕事にしてクライアントワークを行う際はファイル名が文字化けしないように日本語ではなく英語で名前をつけておくと良いでしょう。

2.シーケンスの作成

新規プロジェクトを作成したら、シーケンスの作成を行います。シーケンスでは制作する動画のフレームレートや画面サイズを設定することができます。何も設定しない場合は最初にタイムラインに配置した素材の動画形式が自動で適用されるので、変更しなくても問題ありません。

①メニューバーの「ファイル」から「新規」>「シーケンス」を選択

選択

画面上部の「ファイル」から「新規」→「シーケンス」を選択して新規シーケンスを立ち上げます。ショートカットキーで簡単に開くこともでき、Macの方は「⌘+N」、Windowsの方は「Ctrl+N」です。

②形式とサイズの設定

設定

シーケンスを開いたら以下の4項目を設定できます。

  • プリセット
  • 設定
  • トラック
  • VRビデオ

Premiere Proでは詳細設定をプリセットを活用することで簡単に設定できるので、設定方法がよく分からない方でも安心です。

3.動画素材の読み込み

新規プロジェクトを立ち上げて、シーケンスを作成したら、編集したい動画素材を全て読み込みます。一つのプロジェクトで使用する素材は全て一つのフォルダにまとめておくと管理しやすいので試してみてください。

①Premiere Proに素材を読み込む

読み込む

素材を読み込むには画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、素材を開きます。読み込んだ素材はプロジェクトパネルに表示され、素材が破損していたり、Premiere Proに対応していない素材の場合は表示されません。

ショートカットキーでも素材を読み込むことができ、Macの方は「⌘+I」、Windowsの方は「Ctrl+I」です。

②シーケンス上に素材を配置

配置

 プロジェクトパネルに素材を読み込んだら、タイムライン上に素材を配置します。素材はドラック&ドロップで簡単に追加することができ、複数素材をまとめて読み込むことも可能です。

動画編集はタイムライン上で行うので、読み込んだ素材はタイムラインに配置することで初めて編集することができます。

Premiere Proでエフェクトを効果的に使うには?

Premiere Proは様々なエフェクトが利用でき、エフェクトを活用することで動画のクオリティを高めることができます。以下の手順でエフェクトを適用してみてください。

  • エフェクトを適用する準備
  • エフェクトの設定方法
  • エフェクトの確認
  • エフェクト効果のキャンセル

エフェクトを適用する準備

準備

まずはワークスペースからエフェクトを選択して、エフェクトパネルを開きます。エフェクトパネルの検索窓にエフェクト名を入力することで速くエフェクトを探すことができます。

また素材に適用させたエフェクトを調節するにはエフェクトコントロールタブを使用するので、こちらも開いておきましょう。

素材にエフェクトを適用させるには、エフェクトをクリックして素材にドラック&ドロップを行うか、素材を選択した状態でエフェクトをダブルクリックして適用できます。

エフェクトの設定方法

方法

エフェクトの設定方法はエフェクトコントロールタブから、適用したエフェクトの左側にある三角形を選択して、詳細設定を開きます。

エフェクトの適用範囲を細かく調節するにはキーフレームを活用します。

エフェクトの確認

適用させたエフェクト効果を確認するには、エフェクトコントロールタブをクリックしてエフェクト詳細を確認します。適用させて見見ないとどんな風に変わるかは分からないので、毎回チェックするようにしましょう。 

エフェクト効果のキャンセル

キャンセル

適用させたエフェクト効果を削除するには、適用させた直後にショートカットキーをMacの方なら「⌘+Z」、Windowsの方なら「Ctrl+Z」でひとつ前の操作に戻します。

もしくはエフェクトコントロールタブからエフェクト名にカーソルを合わせて、deleteキーで削除することも可能です。

Premiere Proでよく使われるエフェクト・トランジョン

Premiere Proでよく使用されるエフェクトやトランジションは以下の通りです。

  • クロップ
  • ブラー(ガウス)
  • 波形ワープ
  • Lumetriプリセット(調整レイヤー)
  • エッジのぼかし
  • ドロップシャドウ
  • モザイク
  • クロスディゾルブ
  • ワイプ
  • 押し出し

使い方を簡単に解説するので、実際に適用させてみてください。

クロップ

クロップ

クロップを適用させると、指定した範囲を切り取ることができ、シネマティックな動画を制作する際は上下にクロップを適用させて、映画のように横長の画面サイズにしています。

クロップを適用させると面白い演出が行えるので、実際に試してみてください。

ブラー(ガウス)

(ガウス)

ブラーを適用させると動画をぼかすことができます。モザイクとは違う形式でぼかせて、顔を隠す際や、動きに合わせてブラーを追尾させることも可能です。

波形ワープ

ワープ

波形ワープは名前の通り、適用させた素材を波状にすることができます。この記事で紹介するエフェクトの中では使用頻度は少ないかもしれませんが、非常に面白いエフェクトなので、試してみてください。

Lumetriプリセット(調整レイヤー)

(調整レイヤー)

Lumetriプリセットはカラーや色合い、明るさを調節できるエフェクトで、使用する際は動画編集の最終工程で、最上部のレイヤーに調整レイヤーを配置して映像にまとめて適用させるようにします。

調整レイヤーを配置してエフェクトを適用させれば、調整レイヤーが配置されているレイヤーの下に配置されている素材には全てエフェクト効果が適用されます。

非常に重たいエフェクトなので、編集の1番最後に行うと良いでしょう。

エッジのぼかし

ぼかし

エッジのぼかしは、適用させた素材の境界線をぼかすことができます。素材を合成する際に使用すれば、貼り付けた違和感を小さくすることが可能です。

ドロップシャドウ

ドロップシャドウはアイコンや素材に影をつけることができ、素材を合成した場合に違和感をなくすために使用します。

モザイク

モザイク

適用させた素材にモザイクをかけることができ、モザイクのブロックの大きさも自由に変えることができるので、軽くモザイクをかけたり、ブラーと同じように追尾させることも可能です。

クロスディゾルブ

クロスディゾルブ

クロスディゾルブを適用させると場面転換でふわっと切り替えることができ、トランジション効果も強くなく使いやすいエフェクトです。

ワイプ

ワイプ

ワイプは横方向からサーっと切り替えることができ、切り替える方向は自由に変更させることができます。

押し出し

押し出し

押し出しは次の場面素材によって押し出されて切り替わります。ワイプと同じように押し出す方向は自由に変更することができます。

まとめ

今回は有料の動画編集ソフトで、全世界の動画クリエイターの方に利用されているPremiere Proの特徴や基本的な使い方、エフェクトの使用方法を解説しました。

Premiere Proに搭載されているエフェクトを使用すれば簡単に映像や音声に特殊効果を加えることができます。

エフェクトの使用方法も解説した通り非常に簡単で、自由にアレンジすることができるので、ぜひこの記事を参考にして、試してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア