Premiere Proでエフェクトを使うには?多彩なエフェクトの魅力とその効果を一挙紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proでエフェクトを使うには?多彩なエフェクトの魅力とその効果を一挙紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」のエフェクトの使い方とその効果を紹介します。

Premiere Proでエフェクトを効果的に使う方法

Premiere Proは様々なエフェクトが利用でき、エフェクトを活用することで動画のクオリティを高めることができます。以下の手順でエフェクトを適用してみてください。

  1. エフェクトを適用する準備
  2. エフェクトの設定方法
  3. エフェクトの確認
  4. エフェクト効果のキャンセル

エフェクトを適用する準備

準備

まずはワークスペースからエフェクトを選択して、エフェクトパネルを開きます。エフェクトパネルの検索窓にエフェクト名を入力することで速くエフェクトを探すことができます。

また素材に適用させたエフェクトを調節するにはエフェクトコントロールタブを使用するので、こちらも開いておきましょう。

素材にエフェクトを適用させるには、エフェクトをクリックして素材にドラック&ドロップを行うか、素材を選択した状態でエフェクトをダブルクリックして適用できます。

エフェクトの設定方法

方法

エフェクトの設定方法はエフェクトコントロールタブから、適用したエフェクトの左側にある三角形を選択して、詳細設定を開きます。

エフェクトの適用範囲を細かく調節するにはキーフレームを活用します。

エフェクトの確認

適用させたエフェクト効果を確認するには、エフェクトコントロールタブをクリックしてエフェクト詳細を確認します。適用させて見見ないとどんな風に変わるかは分からないので、毎回チェックするようにしましょう。 

エフェクト効果のキャンセル

キャンセル

適用させたエフェクト効果を削除するには、適用させた直後にショートカットキーをMacの方なら「⌘+Z」、Windowsの方なら「Ctrl+Z」でひとつ前の操作に戻します。

もしくはエフェクトコントロールタブからエフェクト名にカーソルを合わせて、deleteキーで削除することも可能です。

Premiere Proでよく使われるエフェクト・トランジション

Premiere Proでよく使用されるエフェクトやトランジションは以下の通りです。

  • クロップ
  • ブラー(ガウス)
  • 波形ワープ
  • Lumetriプリセット(調整レイヤー)
  • エッジのぼかし
  • ドロップシャドウ
  • モザイク
  • クロスディゾルブ
  • ワイプ
  • 押し出し

使い方を簡単に解説するので、実際に適用させてみてください。

クロップ

クロップ

クロップを適用させると、指定した範囲を切り取ることができ、シネマティックな動画を制作する際は上下にクロップを適用させて、映画のように横長の画面サイズにしています。

クロップを適用させると面白い演出が行えるので、実際に試してみてください。

ブラー(ガウス)

(ガウス)

ブラーを適用させると動画をぼかすことができます。モザイクとは違う形式でぼかせて、顔を隠す際や、動きに合わせてブラーを追尾させることも可能です。

波形ワープ

ワープ

波形ワープは名前の通り、適用させた素材を波状にすることができます。この記事で紹介するエフェクトの中では使用頻度は少ないかもしれませんが、非常に面白いエフェクトなので、試してみてください。

Lumetriプリセット(調整レイヤー)

(調整レイヤー)

Lumetriプリセットはカラーや色合い、明るさを調節できるエフェクトで、使用する際は動画編集の最終工程で、最上部のレイヤーに調整レイヤーを配置して映像にまとめて適用させるようにします。

調整レイヤーを配置してエフェクトを適用させれば、調整レイヤーが配置されているレイヤーの下に配置されている素材には全てエフェクト効果が適用されます。

非常に重たいエフェクトなので、編集の1番最後に行うと良いでしょう。

エッジのぼかし

ぼかし

エッジのぼかしは、適用させた素材の境界線をぼかすことができます。素材を合成する際に使用すれば、貼り付けた違和感を小さくすることが可能です。

ドロップシャドウ

ドロップシャドウはアイコンや素材に影をつけることができ、素材を合成した場合に違和感をなくすために使用します。

モザイク

モザイク

適用させた素材にモザイクをかけることができ、モザイクのブロックの大きさも自由に変えることができるので、軽くモザイクをかけたり、ブラーと同じように追尾させることも可能です。

クロスディゾルブ

クロスディゾルブ

クロスディゾルブを適用させると場面転換でふわっと切り替えることができ、トランジション効果も強くなく使いやすいエフェクトです。

ワイプ

ワイプ

ワイプは横方向からサーっと切り替えることができ、切り替える方向は自由に変更させることができます。

押し出し

押し出し

押し出しは次の場面素材によって押し出されて切り替わります。ワイプと同じように押し出す方向は自由に変更することができます。

まとめ

今回は有料の動画編集ソフトで、全世界の動画クリエイターの方に利用されているPremiere Proの特徴や基本的な使い方、エフェクトの使用方法を解説しました。

Premiere Proに搭載されているエフェクトを使用すれば簡単に映像や音声に特殊効果を加えることができます。

エフェクトの使用方法も解説した通り非常に簡単で、自由にアレンジすることができるので、ぜひこの記事を参考にして、試してみてください。

Premiere Proについては、下記の記事で詳しく解説しています。
ユーザー多数の高機能動画編集ソフトPremiereProの特徴は?人気の秘密や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア