Premiere Proでクロップするには?メリットも多いその効果を一挙紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proでクロップするには?メリットも多いその効果を一挙紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」のクロップの使い方を紹介します。

Premiere Proでクロップする方法

Premiere Proでクロップを利用する方法を解説します。クロップはPremiere Proにデフォルトで搭載されているエフェクト効果の一つで、様々な編集場面で活用することができます。

クロップを適用させた素材は指定して範囲で切り抜くことができ、円状に切り抜いたり、四角形など自由な範囲で切り抜くことが可能です。

最も多く使用されているのは、映画やテレビなどで画面サイズを変化させる時です。

画面サイズの縦横比をアスペクト比と呼び、クロップを適用させることで自由にアスペクト比を変えることができます。

上下左右を%で切り取ることができ、上下にクロップを適用させれば映画のように横長のアスペクト比の映像が作れます。

クロップを使用する場合は以下の手順で行います。以下の4つの手順で簡単に適用できるので試してみてください。

  1. プロジェクトを開く
  2. エフェクトで「クロップ」と検索
  3. クロップを追加したいクリップにドラック&ドロップ
  4. エフェクトコントロールパネルで調整

1.プロジェクトを開く

起動

まずはクロップを適用させたい動画プロジェクトを開きます。

2.エフェクトで「クロップ」と検索

検索

次にエフェクトパネルの検索窓に「クロップ」と入力してクロップを探します。エフェクトパネルが表示されていない方は、画面上部のウィンドウから「エフェクト」にチェックを入れて表示させてください。

3.クロップを追加したいクリップにドラッグ&ドロップ

ドロップ

エフェクトパネルでクロップが見つかったら、適用させたい素材にドラック&ドロップで適用させます。素材全てにクロップを適用させたい場合は調整レイヤーを作成して、最上部のレイヤーに配置させた状態で、クロップを適用させると簡単に行えます。

4.エフェクトコントロールパネルで調整

調整

最後にエフェクトコントロールパネルでクロップの適用範囲を調整します。

円や四角のアイコンをクリックすれば好きな形でクロップをかけることもできますし、上下左右の%を調節すればアスペクト比を変えることができます。

Premiere Proのクロップで動画を分割する方法

クロップで動画を分割して2画面で別々の映像表現を行うことも可能です。

1.上下・左右半分にする方法

方法

上下左右に半分にする方法は非常に簡単で、素材を重ねた状態で、上に配置した素材にクロップを適用させて、上下左右のどれかを50%にするだけです。

2.斜めに分割する方法

方法

斜めに分割する方法はクロップでも行えますが、リニアワイプというエフェクトを使うと簡単に分割できます。エフェクトパネルの検索窓で「リニアワイプ」と検索して、上下に重ねた上の素材に適用します。

そして変換終了を50%にしてワイプ角度を動画のアスペクト比に応じて調節してください。

Premiere Proのクロップで境界線を入れる方法 

方法

クロップで分割した際に境界線を入れたい場合は、レガシータイトルを作成して、ペンツールで境界線にラインを入れて幅やカラーを設定します。

Premiere Proのクロップでワイプを作る方法

テレビ番組などでよく見るワイプもクロップで簡単に作成することができます。四角いワイプと丸いワイプの作成方法を解説するので、参考にしてください。

1.四角いワイプの作成方法

方法

四角いワイプを作成する方法は、タイムラインに素材を2つ配置して上に配置した素材にクロップを適用させます。そして四角アイコンをクリックしてクロップ適用範囲を調節して、範囲の上下左右の%を指定します。

2.丸いワイプの作成方法

方法

丸いワイプを作成する方法も四角いワイプと同様に簡単で、今度は円アイコンをクリックして適用範囲を決めて、位置と上下左右の%を指定するだけです。

Premiere Proのクロップでシネマティックにする方法

調整

クロップでシネマティックにする方法はシンプルに映画のアスペクト比にするだけです。クロップの%で言うと上下に11〜12%のクロップを適用させると横長で良い感じの雰囲気になります。

同じ映像でも上下にクロップを適用させるだけで印象が変わるので試してみてください。

作ったクロップをプリセット保存する方法

方法

毎回クロップを適用させるのが面倒な方は、一度作ったクロップをプリセットとして保存する方法があります。

エフェクトコントロールパネルでクロップを右クリックして、プリセットの保存を選択します。そして管理しやすい名前を指定しておくと、他のエフェクトと同様に検索して表示させられるようになります。

まとめ

今回は高機能動画編集ソフトのPremiere Proの特徴や基本的な使い方、クロップを適用させる方法を解説しました。

クロップを適用させれば画面のアスペクト比を自由に変更させることができ、映画のような横長の動画で印象を大きく変えることも可能です。

テレビ番組で使われているようなワイプも簡単に作れるので、ぜひ参考にして試してみてください。

Premiere Proについては、下記の記事で詳しく解説しています。
ユーザー多数の高機能動画編集ソフトPremiereProの特徴は?人気の秘密や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア