Premiere Proでエンコードするには?良く利用する書き出し形式も一挙紹介!

marketing

2021年02月09日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proでエンコードするには?良く利用する書き出し形式も一挙紹介!

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の特徴や、エンコードをする方法と良く使う書き出し形式などを紹介します。

Premiere Proとは

とは

世界中の多くの動画クリエイターの方に使用されている動画編集ソフトで、非常に高度な編集を行うことができます。

提供しているのは写真加工ソフトのPhotoshopや高度なVFX編集ができるAfterEffectと同じAdobe社です。

動画編集を仕事にしたい方に最もおすすめできるソフトで、MacとWindows両方のOSで使用することができます。つまり複数人で動画プロジェクトを管理することが可能で、仕事を進めやすい特徴があります。

中級~上級者向けの高機能ソフト

ソフト

中級者〜上級者向けの高性能ソフトと言われており、搭載されている機能が非常に多いことから初心者では使いこなすことが難しいかもしれません。

しかし基本的な編集を行うだけでも直感的に操作しやすく、多くの操作方法を解説した情報がインターネットやYouTube上で公開されているので、初心者でも簡単な編集は十分行うことは可能です。

Adobeの他アプリと連携自由

自由

Adobeが提供しているソフトと自由に連携することができ、より便利に編集作業を行えるようになります。

他の有料ソフトでは、互換性のあるソフトがなくプロジェクトを共有したり、自由に素材を移行させることができませんが、Premiere Proでは可能です。

VR動画の編集も!多彩な動画編集機能

機能

頻繁に機能のアップデートを行っているので、契約している方は常に最新の編集機能を使用することが可能です。

最新のVR動画の編集も行うことができ、今後も引き続き新しい技術が追加されることでしょう。

「単体プラン」か「コンプリートプラン」を選択。無料体験版あり

体験版あり

「出典:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

料金プランは「単体プラン」と「コンプリートプラン」の2種類があり、どちらも7日間の無料体験版から試すことができます。

単体プランではPremiere Proだけを利用できるプランで、月額2480円〜です。

コンプリートプランは他のソフトも複数利用できるプランで、月額5480円〜です。

おすすめは他のソフトも利用できるコンプリートプランで、複数ソフトを連携させながら編集を行う方法なので、まずは無料体験で実際に操作してみてください。

Premiere Proの基本的な使い方と編集の準備

基本的な使い方と編集の準備方法を解説します。編集を行う際は、必ず新規プロジェクトを立ち上げて、素材を読み込んでから編集を行います。この手順は変わらないので、操作方法を覚えておきましょう。

押さえておくべき画面構成と機能

押さえておくべき画面構成と機能を解説します。まずは以下のデフォルトの画面構成の名前と機能を理解することが大切です。

画面構成を覚えれば、細かい操作方法が分からなくてもなんとなく編集を始めることができるので、以下を参考にしてください。

機能

  1. ソースモニター=読み込んだ素材の再生や編集が可能
  2. ツールパネル=動画編集に使用する各種ツールが表示されています。
  3. プロジェクトパネル=使用する動画や静止画、音声などの素材が表示されます。
  4. プログラムモニター=制作している動画が表示されます。
  5. タイムラインパネル=動画素材を配置して編集を行う作業場所です。
  6. メニューバー=メニューバーのウィンドウというメニューをクリックすると各種パネルの表示・非表示を変更可能です。

上記の頻繁に利用する画面構成を理解して、実際に操作してみてください。ソフトに慣れてきたら画面構成を自分用にカスタマイズすることができます。

次にソフトの立ち上げから素材読み込みまでの手順を簡単に解説します。

  • ソフトを起動
  • シーケンスの作成
  • 動画素材の読み込み

1.Premiere Proを起動

まずはソフトを起動させて編集を行う事前準備を行います。ソフトはアプリケーションフォルダからクリックして起動するか、Macを使用している場合はdockに配置してすぐに起動できるようにしておくと良いでしょう。

①Premiere Proを起動

起動

ソフトを起動させると「新規プロジェクトを作成」か「プロジェクトを開く」が表示されるので、初めてソフトを利用する場合は「新規プロジェクトを作成」を選択します。

すでにプロジェクトを作成している方は「プロジェクトを開く」を選択します。

②名前を付けて保存

保存

作成を選択すると名前を設定できるので、管理しやすい名前を付けます。動画編集を仕事にしてプロジェクトを共有する際は、日本語名だと文字化けしてしまう可能性があるので、できるだけ英語で設定しましょう。

2.シーケンスの作成

新規プロジェクトを作成したら、シーケンスの作成を行います。シーケンスでは制作する動画のフレームレートや画面サイズを設定することができます。何も設定しない場合は最初にタイムラインに配置した素材の動画形式が自動で適用されるので、変更しなくても問題ありません。

①メニューバーの「ファイル」から「新規」>「シーケンス」を選択

選択

画面上部の「ファイル」から「新規」→「シーケンス」を選択して新規シーケンスを立ち上げます。ショートカットキーで簡単に開くこともでき、Macの方は「⌘+N」、Windowsの方は「Ctrl+N」です。

②形式とサイズの設定

設定

シーケンスを開いたら以下の4項目を設定できます。

  • プリセット
  • 設定
  • トラック
  • VRビデオ

詳細設定をプリセットを活用することで簡単に設定できるので、設定方法がよく分からない方でも安心です。

3.動画素材の読み込み

最後は編集したい動画素材をソフトに読み込みます。動画で使用する素材は全て一つのフォルダにまとめて管理しておくと良いでしょう。

①Premiere Proに素材を読み込む

読み込む

素材を読み込むには画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、素材を開きます。読み込んだ素材はプロジェクトパネルに表示され、素材が破損していたり、ソフトに対応していない素材の場合は表示されません。

ショートカットキーでも素材を読み込むことができ、Macの方は「⌘+I」、Windowsの方は「Ctrl+I」です。

②シーケンス上に素材を配置

配置

素材を読み込んだら、タイムラインに素材を配置します。素材はドラック&ドロップで簡単に追加することができ、複数素材をまとめて読み込むことも可能です。

動画編集はタイムライン上で行うので、読み込んだ素材はタイムラインに配置することで初めて編集することができます。

Premiere Proでエンコードするには?

エンコードする方法を解説します。Premiere Proは他のソフトと比べて応用が効きやすく、エンコードを行いながら他の作業を行うことも可能です。Adobemediaencoderというソフトと連携させる必要があるので、やはりコンプリートプランの契約がおすすめです。

エンコードとは

エンコードとはソフトで編集した動画を最終的に1本の動画として保存する書き出し作業のことです。タイムラインで編集を行っても、実際に動画が完成された訳ではありません。

あくまでソフト上で編集を行っただけなので、エンコードをしなければYouTubeに動画を投稿することはできないのです。

詳細設定では保存する動画形式を指定します。MP4やMOVなどが一般的に使用されています。

1.「シーケンス」をエンコードする方法

シーケンスをエンコードする方法は以下の2ステップで行います。

  1. エンコードの準備
  2. シーケンスを書き出す

エンコードの準備

準備

まずはエンコードの準備を行います。書き出したい動画のシーケンスが選択されている状態で、画面上部のメニューバーから「ファイル」→「書き出し」→「メディア」を選択します。

ショートカットキーはMacの方で「⌘+M」、Windowsの方は「Ctrl+M」です。

書き出しの設定では出力名と保存名、保存先を指定することができ、書き出した動画の活用先に応じてプリセットを利用して簡単に設定できるので、活用してください。

シーケンスを書き出す

書き出しの設定

書き出し設定ができたら、画面下部の「書き出し」を選択して開始します。書き出しにかかる時間は動画の容量によって変わってきます。長い動画やエフェクトを多用した動画は容量が膨大になるので、書き出しに時間がかかるでしょう。

またスペックの低いパソコンを使用している場合も時間がかかります。

書き出しが終了すると保存先に指定していたフォルダに保存されます。一度「書き出し」を行うと長い時間が必要になるので、編集にミスはないか細かくチェックしてから行うことをおすすめします。

2.映像素材の「アセット」をエンコードする方法

次にシーケンスではなくアセットをエンコードする方法を解説します。アセットとはタイムラインに配置した素材のことで、アセットごとにエンコードして保存しておくことで、容量の膨大な動画制作の場合でもソフトの負担を減らして作業を快適に行えるようになります。

アセットを書き出す

書き出す

アセットを書き出す方法はシーケンスの場合と同様で、ソースモニターを確認しながら素材のイン・アウトポイントを指定して、メニューバーから「ファイル」→「書き出し」→「メディア」を選択します。

シーケンスの書き出しと異なる点は、アセットを右クリックしてメディアの書き出しを行うことです。

他にもサブクリップを作成して、デュレーションの長い素材を部分的に使用することもできます。素材を右クリックして「サブクリップを作成」を選択してください。

3.「フレーム」をエンコード方法

フレームといって、プレビュー画面に表示されているフレームレートの一コマをスクリーンショットのように静止画としてエンコードすることも可能です。

YouTubeのサムネイル画像を作成する際に便利な機能です。

フレームを書き出す

書き出す

プレビューモニター下部のカメラアイコンをクリックして、名前、形式、保存先を指定することで保存できます。そのままプロジェクトに読み込むことも可能です。

Premiere Proでエンコードでよく使う動画形式

形式

エンコードでよく使用する動画形式を活用先別に解説します。

  • YouTubeにアップロードする場合
  • モバイルデバイスに転送する場合
  • パソコンのOSと互換性の高い動画の場合
  • 最終的にDVDやBlu-rayに焼く場合

活用先に適した動画形式でエンコードしないと、活用できない可能性があるので、確実にチェックしてください。

YouTubeにアップロードする場合

場合

YouTubeにアップロードする場合は「H.264」を選択してください。プリセットではYouTubeを指定して、高速ビットレートで書き出します。

YouTubeにアップできる動画形式は多いですが、上記の設定が高品質でアップできる設定なので、参考にしてください。

モバイルデバイスに転送する場合

場合

書き出した動画をスマートフォンに転送する場合は、YouTubeと同じ「H.264」がおすすめです。モバイルでは正常に再生できなかったり、SNSにアップロードできない可能性もあるので、応用性の高いH.264を指定してください。

パソコンのOSと互換性の高い動画の場合

場合

パソコンのOSと互換性の高い形式で書き出したい場合は、Macの方は「MOV」、Windowsの方は「AVI」形式を選択してください。

最終的にDVDやBlu-rayに焼く場合

場合

書き出した動画を最終的にDVDやBlu-rayに保存したい場合は、「MPEG2」か「H.264」を指定してください。使用しているDVD作成ソフトによっても異なりますが、上記の形式であればほとんどの場合でDVDやBlu-rayに保存できます。

まとめ

今回は有料の動画編集ソフトで、世界中の動画クリエイターの方に使用されているPremiere Proについて解説しました。

エンコードは編集した動画を1本の動画に保存する最後の作業で、動画の活用先によって設定を変えなければなりません。

間違った設定で書き出してしまうと活用できない可能性もあるので、この記事を参考にして正しい設定でエンコードを行ってみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア