Premiere Proでカラーグレーディングするには?LUT、Lookの利用法を紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proでカラーグレーディングするには?LUT、Lookの利用法を紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」でカラーディングする方法を紹介します。

Premiere Proでカラーグレーディングするには?

Premiere Proでカラーグレーディングを行う方法を解説します。他のソフトでは行えない高度なカラー編集を行うことができるので、ぜひ活用してください。

カラーグレーディングとは?

とは?

カラーグレーディングは動画の色合いや明度、彩度を変化させる編集のことで、動画の雰囲気を大きく変える効果があります。

Premiere Proでは高度なカラーグレーディングを行うことができ、Lumetriカラーを使えば自由に様々な要素を調節できます。また、LUTやLookという事前に設定されているカラーグレーディングをソフトに読み込んで適用させる方法もあります。

カラーグレーディングを上手く行えるようになれば、他のYouTubeチャンネルと差別化させることができますし、高単価の案件を獲得しやすくなるので、以下を参考にしてください。

直感的かつ簡単に編集が行える「Lumetriカラー」

使う

Premiere Proでは「Lumetriカラー」というデフォルトで搭載されているカラーグレーディング編集機能を使用することで、直感的かつ簡単に編集を行えます。初心者の方は実際に色々と変化させてみると、使い方が分かってくるはずです。

Premiere Proでカラーグレーディングする2つの方法

Premiere Proでカラーグレーディングする方法は以下の2つです。

  • LUT
  • Look

log撮影した素材にLUTを適用させるか、普通に撮影した素材にLookを適用させるどちらかの方法でカラーグレーディングを行います。

LUTとは

とは 

LUTはカラーディングの設定が行われた状態のプリセットのことで、詳細設定を行う必要がなく、簡単にカラーグレーディングを行うことができます。

LUTを綺麗に適用させるにはlogという方法で素材の撮影を行う必要があります。logで撮影した素材は色情報が多くフラットな色合いでカラーグレーディングを適用させた際に違和感なく色合いを表現させることが可能です。

LUTは無料で公開されているものから有料のものまで非常にたくさんあるので、お気に入りのLUTを探してみてください。

Lookとは

とは

Lookは通常撮影した素材の上から適用させるフィルターのようなカラーグレーディングのことで、LumetoriカラーのクリエイティブからLookを適用させることができます。

LUTのlog撮影を行うには専用のアプリやカメラが必要になるので、LUTが上手く適用できない場合はLookを活用してください。

「LUT」でカラーグレーディングする方法

LUTでカラーグレーディングを行う方法は以下の手順です。

  1. 新しいプロジェクトを開始する
  2. 動画のインポート
  3. LUTを選択
  4. LUTの適用
  5. 設定の調整 

1.新しいプロジェクトを開始する

起動

まずはソフトを起動して新規プロジェクトを作成します。すでに編集している素材にLUTを適用させたい場合は「プロジェクトを開く」を選択してください。

2.動画のインポート

読み込む

次にLUTを適用させたい動画素材のインポートを行います。画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、ファイルを開いてください。プロジェクトパネルにインポートした素材が表示されたら、タイムラインにドラック&ドロップで配置します。

画面上部のウィンドウから「ワークスペース」→「カラー」を選択してLumetoriカラーパネルを表示させます。

3.LUTを選択

選択

LUTを適用させたい素材をクリックした状態で、Lumetoriカラーパネル上部のLUT設定から「参照」を選択して、適用させたいLUTファイルを開きます。

4.LUTの適用

適用

LUTを適用させた後からもLumetoriカラーパネルで各種調節は可能なので、映像に合わせて変更してください。

5. 設定の調整

調整

また映像全てにLUTを適用させる場合は、調整レイヤーを作成して、タイムライン最上部に配置して適用させるとまとめて行えます。

「Look」でカラーグレーディングする方法

Lookでカラーグレーディングを行う手順は以下の通りです。

  1. 新しいプロジェクトを開始する
  2. 動画のインポートとカラーグレーディングの適用
  3. Lookを選択

1.新しいプロジェクトを開始する

起動

まずはソフトを起動して新規プロジェクトを作成します。すでに編集している素材にLookを適用させたい場合は「プロジェクトを開く」を選択してください。

2.動画のインポートとカラーグレーディングの適用

読み込む

次にLookを適用させたい動画素材のインポートを行います。画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、ファイルを開いてください。プロジェクトパネルにインポートした素材が表示されたら、タイムラインにドラック&ドロップで配置します。

画面上部のウィンドウから「ワークスペース」→「カラー」を選択してLumetoriカラーパネルを表示させます。

3.Lookを選択

選択

Lookを適用させるにはLumetoriカラーパネルの基本補正ではなく、クリエイティブをクリックしてLookのドロップダウンから参照を選択してLookファイルを開いて適用させます。

LUTと同じように適用後の調整も可能です。

まとめ

今回は高性能動画編集ソフトPremiere Proの特徴や基本的な使い方、カラーグレーディング編集を行う方法を解説しました。

Premiere Proにはデフォルトで直感的にカラーグレーディングを行うことができるLumetoriカラーという機能が搭載されており、初心者の方でも簡単に動画の雰囲気を変えることが可能です。

また解説したLUTやLookを活用すれば高クオリティなカラー設定をプリセットとして利用できるので、設定がよく分からない方でも安心です。

Premiere Proについては、下記の記事で詳しく解説しています。
ユーザー多数の高機能動画編集ソフトPremiereProの特徴は?人気の秘密や使い方を紹介!

マーケティングに動画を取り入れるメリットは?動画活用成功事例集はこちら

5G時代が到来し、より多くのユーザーが動画を視聴する機会が増えたいま、マーケティングに動画を活用することで、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋げることができます。

マーケティングに動画を活用するメリットは以下のとおり。

  • ・テキストに比べて、商品の魅力が伝わりやすい

    ・CM等に比べて、低コストで運用できる

    ・拡散性を利用して期待以上の広告効果が出る可能性も



  • ただ、動画はただやみくもに制作しても成果が出ません。

    どの「ターゲット」に届けるか、そのターゲットがどんな「悩み」を持っているかを理解して、視聴者のためになる情報を動画に取り入れることによって成果が出るでしょう。

    実際にマーケティングに動画を取り入れて、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋がった動画活用の成功事例をいくつかご紹介します。

                                       


    動画活用成功事例集はこちらのボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア