Premiere Proで動画サイズを変更するには?3つの方法を紹介!

marketing

2021年02月09日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proで動画サイズを変更するには?3つの方法を紹介!

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の特徴や動画サイズの変更方法などを紹介します。

Premiere Proとは

とは

Premiere Proは有料の動画編集ソフトで色々なクリエイター向けソフトを提供しているAdobe社が運営しています。これから動画編集を仕事にしたい方に最もおすすめできるソフトで、実際に多くの制作現場でPremiere Proが使用されています。

MacとWindows両方のOSで使用することができ、動画プロジェクトの共有を行って複数人で編集作業を進めることも可能です。

中級~上級者向けの高機能ソフト

ソフト

Premiere Proは非常に高性能のソフトなので、完全にソフトを使いこなすには中級者以上出ないと難しいかもしれません。しかし基本的な編集だけ行うことも十分できるので、初心者の方は少しずつ色々な機能を試してみると良いでしょう。

難しい編集を行う場合でもPremiere Proは利用者が多いので、YouTubeやネット記事で多くの情報を得ることが可能です。

Adobeの他アプリと連携自由

自由

Premiere Pro単体でも高性能で十分動画編集を行うことができるのですが、エフェクト編集の際はAfterEffectと連携させ、エンコードの際はMediaEncoderと連携することで快適に編集を進めることができます。

スマートフォンで動画編集を行えるPremiere Rushと連携すれば、簡単な編集を外出先で行い、仕上げの編集はパソコンで行うことも可能です。

VR動画の編集も!多彩な動画編集機能

機能

Premiere Proは常に最新の編集機能を利用することができ、VR編集も可能です。買切り型のソフトではないので、頻繁にバージョンアップが行われて、契約している方は追加費用なしで最新機能をすぐに利用できます。

編集しやすいようにどんどんアップグレードされているので、動画編集ソフトは買切り型ではなく、契約して月額制で支払うPremiere Proがおすすめです。

「単体プラン」か「コンプリートプラン」を選択。無料体験版あり

体験版あり

「出典:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

料金プランは「単体プラン」と「コンプリートプラン」の2種類があり、どちらも7日間の無料体験版から試すことができます。

単体プランではPremiere Proだけを利用できるプランで、月額2480円〜です。

コンプリートプランは他のソフトも複数利用できるプランで、月額5480円〜です。

おすすめは他のソフトも利用できるコンプリートプランで、複数ソフトを連携させながら編集を行う方法なので、まずは無料体験で実際に操作してみてください。

Premiere Proの基本的な使い方と編集の準備

準備

基本的な使い方と編集の準備方法を解説します。編集を行う際は、必ず新規プロジェクトを立ち上げて、素材を読み込んでから編集を行います。この手順は変わらないので、操作方法を覚えておきましょう。

押さえておくべき画面構成と機能

押さえておくべき画面構成と機能を解説します。まずは以下のデフォルトの画面構成の名前と機能を理解することが大切です。

画面構成を覚えれば、細かい操作方法が分からなくてもなんとなく編集を始めることができるので、以下を参考にしてください。

機能

  1. ソースモニター=読み込んだ素材の再生や編集が可能
  2. ツールパネル=動画編集に使用する各種ツールが表示されています。
  3. プロジェクトパネル=使用する動画や静止画、音声などの素材が表示されます。
  4. プログラムモニター=制作している動画が表示されます。
  5. タイムラインパネル=動画素材を配置して編集を行う作業場所です。
  6. メニューバー=メニューバーのウィンドウというメニューをクリックすると各種パネルの表示・非表示を変更可能です。

上記の頻繁に利用する画面構成を理解して、実際に操作してみてください。ソフトに慣れてきたら画面構成を自分用にカスタマイズすることができます。

次にソフトの立ち上げから素材読み込みまでの手順を簡単に解説します。

  • ソフトを起動
  • シーケンスの作成
  • 動画素材の読み込み

1.Premiere Proを起動

まずはソフトを起動させて編集を行う事前準備を行います。ソフトはアプリケーションフォルダからクリックして起動するか、Macを使用している場合はdockに配置してすぐに起動できるようにしておくと良いでしょう。

①Premiere Proを起動

起動

ソフトを起動させると「新規プロジェクトを作成」か「プロジェクトを開く」が表示されるので、初めてソフトを利用する場合は「新規プロジェクトを作成」を選択します。

すでにプロジェクトを作成している方は「プロジェクトを開く」を選択します。

②名前を付けて保存

保存

作成を選択すると名前を設定できるので、管理しやすい名前を付けます。動画編集を仕事にしてプロジェクトを共有する際は、日本語名だと文字化けしてしまう可能性があるので、できるだけ英語で設定しましょう。

2.シーケンスの作成

新規プロジェクトを作成したら、シーケンスの作成を行います。シーケンスでは制作する動画のフレームレートや画面サイズを設定することができます。何も設定しない場合は最初にタイムラインに配置した素材の動画形式が自動で適用されるので、変更しなくても問題ありません。

①メニューバーの「ファイル」から「新規」>「シーケンス」を選択

選択

画面上部の「ファイル」から「新規」→「シーケンス」を選択して新規シーケンスを立ち上げます。ショートカットキーで簡単に開くこともでき、Macの方は「⌘+N」、Windowsの方は「Ctrl+N」です。

②形式とサイズの設定

設定

シーケンスを開いたら以下の4項目を設定できます。

  • プリセット
  • 設定
  • トラック
  • VRビデオ

詳細設定をプリセットを活用することで簡単に設定できるので、設定方法がよく分からない方でも安心です。

3.動画素材の読み込み

最後は編集したい動画素材をソフトに読み込みます。動画で使用する素材は全て一つのフォルダにまとめて管理しておくと良いでしょう。

①Premiere Proに素材を読み込む

読み込む

素材を読み込むには画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、素材を開きます。読み込んだ素材はプロジェクトパネルに表示され、素材が破損していたり、ソフトに対応していない素材の場合は表示されません。

ショートカットキーでも素材を読み込むことができ、Macの方は「⌘+I」、Windowsの方は「Ctrl+I」です。

②シーケンス上に素材を配置

配置

素材を読み込んだら、タイムラインに素材を配置します。素材はドラック&ドロップで簡単に追加することができ、複数素材をまとめて読み込むことも可能です。

動画編集はタイムライン上で行うので、読み込んだ素材はタイムラインに配置することで初めて編集することができます。

Premiere Proで動画のサイズを変更するには?

Premiere Proで動画のサイズを変更する方法は以下の3種類があります。

  1. シーケンス設定で動画画面の大きさを変更する
  2. 「スケール」で動画画面の大きさを変更する
  3. クロップで素材の一部を切り出して大きさを変更する

1.シーケンス設定で動画画面の大きさを変更する

制作する動画の画面アスペクト比を変更するにはシーケンス設定でサイズを変更します。以下のスケールとクロップで変更する方法でも素材のサイズを変更することはできますがシーケンスで設定したサイズより大きくすることはできませんし、小さくした場合も黒い余白が表示されてしまいます。

なので制作した動画の活用先が決まっている場合はシーケンス設定で変更してください。

変更する

まずは画面上部の「シーケンス」から「シーケンス設定」を選択します。

設定

画面サイズの変更はフレームサイズから縦横のサイズを入力して「OK」を選択します。

2.「スケール」で動画の大きさを変更する

変更する

素材ごとの大きさを調節したい場合は、素材をクリックして選択した状態で、エフェクトコントロールパネルのスケールを調節します。

ここではシンプルに素材の大きさを変えることができ、詳細設定では縦横比を固定せずに縦横に素材を伸ばしたり縮めたりも可能です。

3.クロップで素材の一部を切り出して大きさを変更する

最後に素材の大きさや縦横比はそのままで、一部分を切り取って画面サイズを変更することも可能です。クロップやマスクを使用するので、エフェクトパネルを表示させていない方は、ウィンドウからエフェクトにチェックを入れてください。

「クロップ」エフェクトを適応

エフェクトパネルの検索窓にクロップと入力して適用させたい素材にドラック&ドロップを行います。

適応

クロップは上下左右のパーセンテージを変更することで、画面サイズを変更でき、円アイコンや四角アイコンを選択すれば自由な大きさで切り抜くことも可能です。

「マスク」プロパティ

プロパティ

マスクプロパティは基本エフェクトとしてエフェクトパネルから適用させることなく使用できます。クロップと同じように円アイコンや四角アイコンを選択して自由に切り抜くことができ、ペンツールを使用すれば複雑な形でも変更可能です。

まとめ

今回は有料で高性能な動画編集ソフトPremiere Proの基本的な特徴と画面サイズを変更する方法を3種類解説しました。画面サイズを変更するにはシーケンス設定や、素材のスケール、クロップやマスクプロパティを使用する方法があります。

動画の活用先に合わせてあらゆるサイズで動画制作が行えるので、この記事を参考にして適した画面アスペクト比に設定して編集を行ってみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア