Premiere Proで動画サイズを変更するには?3つの方法を紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proで動画サイズを変更するには?3つの方法を紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の動画サイズの変更方法を紹介します。

Premiere Proで動画のサイズを変更するには?

Premiere Proで動画のサイズを変更する方法は以下の3種類があります。

  1. シーケンス設定で動画画面の大きさを変更する
  2. 「スケール」で動画画面の大きさを変更する
  3. クロップで素材の一部を切り出して大きさを変更する

1.シーケンス設定で動画画面の大きさを変更する

制作する動画の画面アスペクト比を変更するにはシーケンス設定でサイズを変更します。以下のスケールとクロップで変更する方法でも素材のサイズを変更することはできますがシーケンスで設定したサイズより大きくすることはできませんし、小さくした場合も黒い余白が表示されてしまいます。

なので制作した動画の活用先が決まっている場合はシーケンス設定で変更してください。

変更する

まずは画面上部の「シーケンス」から「シーケンス設定」を選択します。

設定

画面サイズの変更はフレームサイズから縦横のサイズを入力して「OK」を選択します。

2.「スケール」で動画の大きさを変更する

変更する

素材ごとの大きさを調節したい場合は、素材をクリックして選択した状態で、エフェクトコントロールパネルのスケールを調節します。

ここではシンプルに素材の大きさを変えることができ、詳細設定では縦横比を固定せずに縦横に素材を伸ばしたり縮めたりも可能です。

3.クロップで素材の一部を切り出して大きさを変更する

最後に素材の大きさや縦横比はそのままで、一部分を切り取って画面サイズを変更することも可能です。クロップやマスクを使用するので、エフェクトパネルを表示させていない方は、ウィンドウからエフェクトにチェックを入れてください。

「クロップ」エフェクトを適応

エフェクトパネルの検索窓にクロップと入力して適用させたい素材にドラック&ドロップを行います。

適応

クロップは上下左右のパーセンテージを変更することで、画面サイズを変更でき、円アイコンや四角アイコンを選択すれば自由な大きさで切り抜くことも可能です。

「マスク」プロパティ

プロパティ

マスクプロパティは基本エフェクトとしてエフェクトパネルから適用させることなく使用できます。クロップと同じように円アイコンや四角アイコンを選択して自由に切り抜くことができ、ペンツールを使用すれば複雑な形でも変更可能です。

まとめ

今回は有料で高性能な動画編集ソフトPremiere Proの基本的な特徴と画面サイズを変更する方法を3種類解説しました。画面サイズを変更するにはシーケンス設定や、素材のスケール、クロップやマスクプロパティを使用する方法があります。

動画の活用先に合わせてあらゆるサイズで動画制作が行えるので、この記事を参考にして適した画面アスペクト比に設定して編集を行ってみてください。

Premiere Proについては、下記の記事で詳しく解説しています。
ユーザー多数の高機能動画編集ソフトPremiereProの特徴は?人気の秘密や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア