Free Video Editor 使い方

marketing

2021年02月10日(公開: 2021年02月09日)

DaVinci
Resolveで動画を書き出す方法は?機能や特徴も一挙紹介!

無料ながらプロも納得の多彩な機能を搭載し、カラーコレクション・カラーグレーディングが最大の強みである動画編集ソフト「DaVinci Resolve』ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「DaVinci Resolve』で動画を書き出す方法について詳しく解説します。

DaVinci Resolveとは

davinci resolve 書き出し

DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルヴ) は有料版の無料版のふたつがあり、無料版でも多機能で商用利用も可能で、ロゴも入らないプロ仕様の動画編集ソフトです。主に海外で多く愛用されており、特にハリウッドでは圧倒的なシェアを誇っています。
特徴は以下の通りです。

  • プロ仕様の高機能動画編集ソフト
  • カラーコレクション・カラーグレーディングが強み
  • 無料版と有料の『DaVinci Resolve Studio』がある
  • 2020年11月『DaVinci Resolve 17』リリース

プロ仕様の高機能動画編集ソフト

davinci resolve 書き出し

ダヴィンチ・リゾルヴはオーストラリアにある『Blackmagic Design社』の製品です。プロ仕様の高機能動画編集ソフトとして特に海外ユーザーに愛用されています。動画のカット・分割・結合やノンリニア編集といった、『必要最低限な機能』から、後述するカラーコレクション・カラーグレーディングを駆使して凝った演出や編集が可能な『高機能なツール』までさまざまな機能が含まれています。

ダヴィンチ・リゾルヴの特徴としては、機能ごとに『ページ』として明確に分かれており、編集がしやすいのが特徴です。ページは以下の通りです。

  • カット機能(カットページ)
  • エディット機能(エディットページ)
  • Fusion機能(Fusionページ)
  • カラー機能(カラーページ)
  • Fairlight機能(Fairlightページ)

カット機能は、バージョン16から追加された新機能で、動画の読み込み、編集、トリム、トランジションの追加など動画のカットをするためな必要な機能を備えています。

エディット機能は、カット機能で編集した動画をさらに細かく編集・設定することができます。たとえばタイムライン別にフレームレートを変更したり、さまざまな効果のあるエフェクト機能を駆使して、オリジナリティのある凝った演出を出すことも可能です。

Fusion機能は映像にVFXや3DCGの合成を行うことができます。VFXとは 『Visual Effects』の略で、視覚効果という意味を持っています。 実際には現実で目にすることができないものを実現させるために、特撮やテレビドラマ、映画などで用いられています。3DCGとは『3次元コンピューターグラフィックス』の略で、3次元空間内の仮想的なものをコンピュータの処理によって2次元の平面上に立体的に表現させる技術のことです。

カラー機能では、色に関するさまざまな調整ができます。後述しますが、カラーコレクション・カラーグレーディングで細かな色彩の調整を行えます。例えば明るい場所を暗くしてホラー感のある演出をさせたり、一方で暗い場所を明るくさせたりといった細かい調整が可能です。

Fairlight機能は、オーディオ編集に特化した機能で、タイムライン上に音声を追加することを始めとしてさまざまな音に関する編集ができます。

カラーコレクション・カラーグレーディングが強み

davinci resolve 書き出し

ダヴィンチ・リゾルヴの特徴の一つと言えば、カラーコレクション・カラーグレーディングに強いことです。『カラーコレクション』とは、撮影した映像の色味を調整することで、『カラーグレーディング』とは、カラーコレクション後に『元の素材に色を付け足していく作業』のことを指します。

カラーグレーディングの活用場面としては、例えば夕方の日暮れのシーンを撮影する時に背景をオレンジ色にしたり、ホラー感を演出したい場合は背景を青白く変更したりといったときに使用されます。

カラーコレクション・カラーグレーディングに強く、色にこだわりを持って動画編集を行っていきたいという方にはダヴィンチ・リゾルヴがおすすめです。

無料版と有料の「DaVinci Resolve Studio』がある

davinci resolve 書き出し

ダヴィンチ・リゾルヴには、無料版と有料の「DaVinci Resolve Studio』の2種類があります。
無料版と有料版の違いについては以下の通りです。

  • 商用利用可能
  • YouTubeにアップロードOK
  • クライアントに販売してもOK
  • 無料版でもロゴが入らない

無料版と有料版は、機能面による違いはあまりありません。無料版でも動画編集に必要最低限の機能は備えています。また、商用利用可能な点や動画編集時にロゴ(ウォーターマーク)が入らない点も大きなメリットです。

他のソフトにも無料版や有料版で分かれているものもありますが、たいていのものは『商用利用不可』であったり、『動画編集時にロゴが入ってしまう』といったデメリットがあります。ダヴィンチ・リゾルヴには、無料版でも上記のようなデメリットが無いのが特徴的です。

2020年11月「DaVinci Resolve 17』リリース

davinci resolve 書き出し

2020年11月『ダヴィンチ・リゾルヴ 17』がリリースされました。現在ではベータ版として公式サイトに配布されております。
最新版ではユーザーの要望を取り入れ、100以上の新機能と200以上の改善を含んだ大型アップデートとなっております。
HDRグレーディングを強化し、AIマスキングツールを搭載したり、特に
オーディオ編集におけるFairlight機能の改善が大きく、使い勝手が向上してより高品質な動画編集が可能になっています。

DaVinci Resolveで動画を書き出す前に

davinci resolve 書き出し

ダヴィンチ・リゾルヴで動画を書き出す前に、プロジェクトの保存をしておきましょう。動画を書きだすことで以下のことが可能になります。

  • 編集した動画をいつでも見られる
  • YouTube、Twitterなどに投稿できる

また、書き出しは『出力』『エクスポート』とも呼ばれます。

プロジェクトの保存をしておく

davinci resolve 書き出し

動画を書きだす前にプロジェクトの保存をしておきましょう。環境によっては突然ダヴィンチ・リゾルヴが落ちてしまい、保存出来ていなかったというケースも想定できます。
そのため、万が一のことを考えてデータを保存しましょう。

手順としては、『ファイル』→『プロジェクトを保存』です。

DaVinci Resolveで動画を書き出すには?

davinci resolve 書き出し

DaVinci Resolveで動画を書き出すには、以下の手順で行います。

  • デリバーページを開く
  • 画質・音質の設定
  • 動画を書き出す

デリバーページを開く

davinci resolve 書き出し

まずは、『デリバーページ』を開いてください。基本的にデリバーページで動画の書き出しのための設定を行います。

画質・音質の設定

davinci resolve 書き出し

続いて、画質・音質の設定を行います。 設定を間違えるとモザイクのように、画質が粗くなってしまい見辛くなるので注意して行いましょう。

手順としては以下の通りです。

  • カスタム設定にする
  • 名称、保存先を設定
  • 画質・音質の設定
  • オリジナルの動画の解像度で書き出したい場合

1.カスタム設定にする

davinci resolve 書き出し

まずはレンダー設定の『カスタム』を選択しましょう。カスタムを選択することで、自分に合った好みの設定に変えることができます。

また、レンダーでは基本的に『単一のクリップ』を選択します。単一のクリップでは、一つの動画として書き出すことができます。

一方で『個別のクリップ』を選択した場合は、タイムラインにあるクリップがそれぞれ別個の動画として書き出されます。例えばタイムライン上に5つのクリップがあった場合は、5つの動画として書き出されます。

2.名称、保存先を設定

davinci resolve 書き出し

同じ画面で、名称・保存先を設定しましょう。

名称は何でも構いません。保存先は、動画を出力する際に保存される場所のことです。自分が分かりやすい場所に設定するのが良いでしょう。

3.画質・音質の設定

davinci resolve 書き出し

続いて、画質・音質の設定です。高画質・高音質な動画にするために『ビデオ』タブの編集を行いましょう。

どのような設定にすれば良いかわからない方は、上記の設定と同じようにしてください。

4.オリジナルの動画の解像度で書き出したい場合

davinci resolve 書き出し

解像度をオリジナルに設定したい場合は、主に3種類の方法があります。

  • 「解像度』で任意のものを選ぶ
  • 「解像度』で「Custom』を選んで設定する
  • 「個別のクリップ』に設定した後、「ソース解像度でレンダー』を選ぶ

また、「詳細設定』の部分で、「最適化メディアを使用』と「レンダーキャシュしたイメージを使用』のチェックを外すことで、動画の画質が下がる可能性を減らすことができます。

動画を書き出す

davinci resolve 書き出し

実際に動画を書きだしてみましょう。
手順は以下の通りです。

  • 書き出し範囲を設定
  • レンダーキューに追加
  • 動画を確認、アップロード

1.書き出し範囲を設定

davinci resolve 書き出し

まずは書き出す範囲の設定を行います。
最初から最後まで全て書き出したいというケースが基本なので、今回は全て書き出す前提を行います。

レンダーがタイムライン全体になっていることを確認してください。

なお、動画の一部を書きだしたい場合は、イン点・アウト点を打つだけでokです。

イン点・アウト点は動画のカットをする際に使用する機能です。詳しくはこちらの記事も参照ください。

2.レンダーキューに追加

davinci resolve 書き出し

設定が終われば、『レンダーキューに追加』をタップします。

davinci resolve 書き出し


続いて画面上にジョブ1と表示されるので、『レンダー開始』を選択してください。終わるまではPCのスペックや環境によって違いはありますが、比較的時間がかかります。

3.動画を確認、アップロード

davinci resolve 書き出し

書き出しが終わったら、実際に先述した保存先にきちんと動画が保存されているか、YouTubeやTwitterにアップロードする設定をしたのであればアップロードできる形式になっているかなどを確認してみましょう。

DaVinci Resolveのクイックエクスポートで書き出すには?

davinci resolve 書き出し

先述した動画の書き出しの仕方では面倒に感じる人も中にはいらっしゃいます。
DaVinci Resolveのクイックエクスポートを活用して動画を書き出すことによって、 途中の設定をスキップできます。

具体的な手順は以下の通りです。

  • エディットページ、またはカットページを開く
  • 範囲を指定して書き出す
  • クイックエクスポートをアレンジする方法

1.エディットページ、またはカットページを開く

davinci resolve 書き出し

エディットページまたは、カットページを開きましょう。今回はエディットページで作業します。

2.範囲を指定して書き出す

davinci resolve 書き出し

範囲を指定して書き出したい場合は、イン点・アウト点を打ちます。全体を書き出したい場合は不要です。

『ファイル』→『クイックエクスポート』の順にタップします。すると、画像が表示されるのでYouTube用やvimeo用などお好きな動画の形式を選択してください。

davinci resolve 書き出し


なお、イン点・アウト点については以下の記事を参考にしてください。

3.クイックエクスポートをアレンジする方法

davinci resolve 書き出し

クイックエクスポートは、複雑な作業を簡単して効率化に貢献してくれる素敵な機能ですが、一方で細かな設定ができません。

細かい調整を加えたい場合は、クイックエクスポートをアレンジする必要があります。その場合は、自分用にプリセットを作り保存する必要があります。

まずはデリバーページに行き、上記画像を参考にして「新規プリセットとして保存』をタップしましょう。 適当なプリセット名を入力して保存をタップします。

続いて、再度同じ画面から『クイックエクスポート』をタップして、チェックを入れることで設定の追加は完了です。

davinci resolve 書き出し

まとめ

今回はダヴィンチ・リゾルヴで動画を書き出す方法や、機能や特徴などを解説しました。ダヴィンチ・リゾルヴはさまざまなフォーマットに対応しており、YouTubeやTwitter、Vimeo動画などの変換も可能で、幅広い用途に使用することができます。非常に多機能で優れている反面、初心者には覚えることが多く、使い慣れるまでは扱い辛い部分もあります。本記事をよく読んで、ダヴィンチ・リゾルヴの動画の書き出し方法について理解を深めて頂ければ幸いです。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア