PowerDirectorはエフェクトがすごい!特徴や基本的な使い方も一挙解説!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月10日)

PowerDirectorでエフェクト機能を使う方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

初心者でも使いやすく、国内では長年トップシェアを誇るCyberLink社の人気動画編集ソフト「PowerDirector」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「PowerDirector」のエフェクト機能の操作方法を紹介します。

PowerDirectorでエフェクトを使う方法

PowerDirectorでエフェクトを使う方法を解説します。使用できるエフェクトはデフォルトで100種類以上搭載されており、活用することで簡単に動画のクオリティを高めることができます。以下で解説するエフェクト適用方法を参考にして試してみてください。

方法

ビデオエフェクトを適用するには、解説したエフェクトルームを開いて、適用させたい素材にエフェクトをドラック&ドロップを行います。

方法

エフェクトを適用させた素材を選択した状態で、タイムライン上部のエフェクトを選択すれば、適用させたエフェクトの強さを調節することができます。

メディアクリップに複数のエフェクトを適用する方法

方法

クリップには複数のエフェクトを適用する方法を解説します。エフェクトルームから同じようにドラック&ドロップで適用させて、エフェクト設定を開きます。エフェクトの強さの調整や適用の解除はこの画面で行います。

PowerDirectorの「ブレンドエフェクト」を使う方法

PowerDirectorのブレンドエフェクトを使えば、映像にレンズフレアやライトスポット、ライトリークなどのエフェクトを合計して、映像の印象を変えることができます。

まずはソフトに読み込んでメディアルームに表示された素材をタイムラインルームにドラック&ドロップで配置します。

方法

配置したクリップを選択した状態でツールを選択して、ブレンドエフェクトを選択します。するとブレンドエフェクトデザイナーが開くので、ここからブレンドモードを選択します。

方法

エフェクトを選択したらOKをクリックして適用します。

まとめ

今回は無料から利用できる人気動画編集ソフトのPowerDirectorの基本的な使い方と特徴、エフェクトを適用させる方法について解説しました。

PowerDirectorを使えば100種類以上のデフォルトで搭載されたエフェクトを活用して、動画のクオリティを上げることができます。

この記事を参考にしてエフェクトやブレンドを活用してみてください。

PowerDirectorについては、下記の記事で詳しく解説しています。
PowerDirectorの特徴は?国内トップクラスのシェアを誇る人気の秘密や使い方を紹介!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

この記事をシェア