PowerDirectorでクロップするには?特徴や基本的な使い方も一挙解説!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月10日)

PowerDirectorでクロップする方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

初心者でも使いやすく、国内では長年トップシェアを誇るCyberLink社の人気動画編集ソフト「PowerDirector」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「PowerDirector」でクロップする方法を紹介します。

PowerDirectorでクロップする方法

PowerDirectorでクロップする方法は以下の手順で行います。

  • 不要な部分をクロップ(カット)する
  • 分割してカットする

不要な部分をクロップ(カット)する

作業場

不要な部分をクロップ(カット)するにはメディアルームに読み込んだ素材をタイムラインルームにドラック&ドロップで配置して、素材の不要な部分に再生ヘッドを移動させます。

(カット)する

カーソルをオレンジ色の四角に合わせると、カーソルもオレンジ色になります。

(カット)する

この状態で不要部分を囲うようにドラッグを行って、不要範囲を選択します。選択した範囲は黄色になります。そして「Delete」キーで黄色の選択範囲を削除することができます。

分割してカットする

次に素材を分割して不要な部分を削除する方法を解説します。動画編集では素材の分割と結合は最も行う作業なので、操作方法やショートカットを覚えて効率良く行えるようにしておくと良いでしょう。

まずはメディアルームに読み込んだ素材をタイムラインルームにドラック&ドロップで配置して、分割したい箇所に再生ヘッドを移動させます。

方法

そして分割アイコンを選択するか、ショートカットキーをMacの方なら「⌘+T」Windowsの方なら「Ctrl+T」です。

方法

すると再生ヘッドの箇所で素材が分割されます。

カット後結合する

するには

分割した素材を前後の素材との間隔を詰めて結合するには、素材を選択して、青色になった状態で「Delete」キーを選択して、「削除、間隔を詰めて、すべてのクリップを移動する」を選択します。

つなぎ目をきれいにする

きれいにする

素材の分割を行うと、結合して間隔を詰めても突然シーンが切り替わって違和感のある映像になってしまいます。つなぎ目をきれいに違和感なくしたい場合は、トランジションルームからトランジションを選択して、分割した箇所にドラック&ドロップを行うことで適用できます。

残したい部分を決めるトリミングの方法

不要な部分をクロップするのではなく、必要な部分を残すトリミング方法は以下の2種類があります。

  • シングルトリミング
  • マルチトリミング

あらかじめ素材で使用する箇所が決まっている場合は、不要な部分をカットして削除するよりもトリミングで必要箇所を残す方が早く行えます。 

シングルトリミング

シングル

まずはメディアルームに読み込んだ素材をタイムラインルームにドラック&ドロップで配置して、トリミングを行う素材を選択して青色の状態にします。そしてタイムラインルーム画面上部のツールバーからハサミアイコンを選択します。

シングル

するとトリミングウィンドウが開くので、シングルトリミングを選択して、必要な箇所の前後位置を指定します。青いバーの範囲がトリミング後に残る範囲になります。右側で開始位置と終了位置の時間指定でも決められます。

最後にOKを選択してトリミングします。

マルチトリミング

次にマルチトリミングでは一つの素材の中で複数箇所必要部分がある場合に使用します。シングルトリミングの場合と同様に開始と終了位置を指定して、複数設定します。

マルチ

マルチトリミングでも青いバーの範囲がトリミング後に残る箇所になります。

まとめ

今回は無料から利用できる人気動画編集ソフトのPowerDirectorの基本的な使い方と特徴、クロップ(カット)する方法について解説しました。

不要部分のカットと必要部分を残すトリミングの操作方法を覚えておけば、効率良く編集作業を進めることができます。

この記事を参考にしてカット編集を行ってみてください。

PowerDirectorについては、下記の記事で詳しく解説しています。
PowerDirectorの特徴は?国内トップクラスのシェアを誇る人気の秘密や使い方を紹介!

マーケティングに動画を取り入れるメリットは?動画活用成功事例集はこちら

5G時代が到来し、より多くのユーザーが動画を視聴する機会が増えたいま、マーケティングに動画を活用することで、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋げることができます。

マーケティングに動画を活用するメリットは以下のとおり。

  • ・テキストに比べて、商品の魅力が伝わりやすい

    ・CM等に比べて、低コストで運用できる

    ・拡散性を利用して期待以上の広告効果が出る可能性も



  • ただ、動画はただやみくもに制作しても成果が出ません。

    どの「ターゲット」に届けるか、そのターゲットがどんな「悩み」を持っているかを理解して、視聴者のためになる情報を動画に取り入れることによって成果が出るでしょう。

    実際にマーケティングに動画を取り入れて、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋がった動画活用の成功事例をいくつかご紹介します。

                                       


    動画活用成功事例集はこちらのボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア