Free Video Editor 使い方

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月10日)

PowerDirectorでトランジションを入れる方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

初心者でも使いやすく、国内では長年トップシェアを誇るCyberLink社の人気動画編集ソフト「PowerDirector」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、「PowerDirector」のトランジションを入れる方法を紹介します。

PowerDirectorでトランジションを入れる方法

エフェクト

PowerDirectorでトランジションを適用させる方法は非常に簡単で、適用させれば動画のクオリティを高めることができます。素材を分割したまま結合させてしまうと、違和感のある動画になってしまうので、トランジションを活用してみましょう。

PowerDirectorで使用できるトランジションエフェクトは100種類以上あり、設定を変化させれば最大で220のエフェクトが使用できます。エフェクト数はプランによって異なります。

主要なエフェクトは以下の通りです。

  • スライド
  • スワップ
  • ソフトワイプ
  • フェード
  • ぼかし
  • ボックス
  • ワイプ
  • ワイプクロック
  • 押し出し
  • 回転(左回り)
  • 交差

入れるには?

トランジションを適用させるには、メディアルームに読み込んだ素材をタイムラインルームにドラック&ドロップで配置して、素材を分割しておきます。そしてトランジションルームから適用したいトランジションをドラック&ドロップで追加します。

入れるには?

適用させたトランジションの効果を変化させるにはエフェクト選択した状態で、修正を選択します。

入れるには?

そしてトランジションの設定でオーバーラップやクロスなどトランジションの適用範囲を変更できます。

PowerDirectorでは音声もトランジションできる

できる

映像だけでなく音声にもトランジションを適用させることができます。音声トランジションは音声タブから使用でき、「コンスタントゲイン」と「コンスタントパワー」の2種類があります。

コンスタントゲインは自然に音声を変化させることができ、コンスタントパワーでは徐々に音声を大きくするフェードインとフェードアウトをかけることができます。

まとめ

今回は無料から利用できる人気動画編集ソフトのPowerDirectorのトランジションを適用させる方法について解説しました。

PowerDirectorではデフォルトで使用できるトランジションがたくさん搭載されており、分割箇所にドラック&ドロップで追加するだけで使用できます。簡単に動画の違和感をなくすことができるので、この記事を参考に試してみてください。

PowerDirectorについては、下記の記事で詳しく解説しています。
PowerDirectorの特徴は?国内トップクラスのシェアを誇る人気の秘密や使い方を紹介!

マーケティングに動画を取り入れるメリットは?動画活用成功事例集はこちら

5G時代が到来し、より多くのユーザーが動画を視聴する機会が増えたいま、マーケティングに動画を活用することで、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋げることができます。

マーケティングに動画を活用するメリットは以下のとおり。

  • ・テキストに比べて、商品の魅力が伝わりやすい

    ・CM等に比べて、低コストで運用できる

    ・拡散性を利用して期待以上の広告効果が出る可能性も



  • ただ、動画はただやみくもに制作しても成果が出ません。

    どの「ターゲット」に届けるか、そのターゲットがどんな「悩み」を持っているかを理解して、視聴者のためになる情報を動画に取り入れることによって成果が出るでしょう。

    実際にマーケティングに動画を取り入れて、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋がった動画活用の成功事例をいくつかご紹介します。

                                       


    動画活用成功事例集はこちらのボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア