marketing

2021年04月08日(公開: 2017年10月17日)

CPI(Cost
Per
Inquiry/Install)とは?

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

CPIには2つ意味があるので注意

CPIには2つの意味があります。Cost Per Inquiry(コスト・パー・インクワイアリー)とCost Per Install(コスト・パー・インストール)です。それぞれについてみていきましょう。

Inquiryは資料請求や問い合わせ

まずCost Per Inquiry(コスト・パー・インクワイアリー)は、資料請求や問い合わせ1件を獲得するために発生するコストのことをさします。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、CPA(Cost Per Acquisition/Action)と同じ意味で使われることがほとんどです。

計算式は
CPI(Inquiry)=【広告を支払ったコスト】÷【その広告で問い合わせが来た件数】
で算出することができます。

Installはそのままインストールの意味

Cost Per Install(コスト・パー・インストール)は、スマートフォンのアプリインストールが目的の広告の際に使われます。意味はそのまま、インストール1件を獲得するために発生するコストのことです。バナー広告や動画広告をクリックして、App Store、Google Playなどのアプリプラットフォームに推移、インストールするまでの広告コストをさします。

計算式は
CPI(Install)=【広告を支払ったコスト】÷【インストールされた数】
で算出することができます。

アプリのインストールを課金ポイントとするCPI方式の課金広告もあります。2015年に米Nanigans社によって調査されたゲームアプリ10社のCPI調査によると、動画広告は静止画と比較して16%もCPIが低い結果が出る、など大きな成果が認められています。

動画広告についてもっと知りたい方はリンク先で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【2021最新】動画広告とは?配信先、種類、課金形態などを徹底解説

SNS広告は動画活用が成功の鍵!?SNS広告運用成功事例集はこちら

このような悩みはありませんか?

  • ・適切なターゲットユーザーにアプローチをかけたい・・・

    ・低コストで広告を運用したい・・・

    ・自社サービスや商品の認知力を上げたい・・・




  • 上記の悩みを解決するなら、SNS広告を利用すると良いでしょう。

    『情報過多』と言われる現在、SNSを利用する国内ユーザーも数千万人規模になっています。

    さらには、5G時代も到来し動画を視聴するユーザーが増えてきたことから、SNS広告に動画を活用することがより重要になってきました。



    SNS広告に動画を活用するメリットは以下のとおり。



  • ・テキストに比べて、商品の魅力を伝えやすい

    ・短時間で多くの情報を伝えられる

    ・静止画に比べて、印象に残りやすい




  • SNS動画広告の一例です。





    旅行サービスのSNS動画広告になりますが、28秒という動画で、京都や沖縄など各地の特徴や美味しい食べ物をイメージさせています。

    実際にテキストや写真だけで28秒で魅力を伝えるのはとても難しく、動画であれば簡単にPRできることが分かるかと思います。

    それでは、SNS広告に動画を活用して、自社や商品・サービスのブランディング・売り上げを伸ばした事例を紹介します。



    SNS広告運用成功事例集は下記のボタンをクリック


    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア