BeeCutでなら字幕の編集も簡単!主な機能や使い方を徹底解説!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年02月25日)

BeeCutで字幕の編集する方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

初心者でも簡単に操作ができ、様々な編集機能を搭載している「BeeCut」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、BeeCutで字幕を入れる方法を解説します。

BeeCutで字幕を入れるには?

BeeCutで字幕を入れる方法は非常に簡単です。テキストテンプレートがデフォルトで搭載されているので、タイムラインに配置して、変更を行うだけでスタイルやアニメーションを設定することができます。

字幕を追加・編集する方法

方法

BeeCutで字幕を入れるには、画面左上のツールから「テキスト」を選択して、追加したいテキストテンプレートをタイムラインに配置します。追加したテキストをダブルクリックすることで、スタイルやフォント、モーションを変更できます。

追加

まとめ

今回は無料から利用できる初心者向け動画編集ソフトBeeCutの特徴と基本的な使い方を解説しました。機能はシンプルながら、基本的な編集を行うことは十分できます。有料版では全ての機能をフル活用できるようになるので、まずは無料版から実際に操作して試してみてください。

30日間の返金保証も行っているので、初めて動画編集ソフトを利用する方でも安心して始められるでしょう。

BeeCutについては、下記の記事で詳しく解説しています。
初心者でも思い通りの動画制作が可能なBeeCutの特徴は?

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア