marketing

2021年04月08日(公開: 2021年03月19日)

動画広告の媒体別のフォーマット・入稿規定

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

動画広告を作成しようとして、各媒体で規定されているフォーマットが分からない、確認するのが面倒と思った経験はないでしょうか?

動画広告のフォーマットは、広告を配信する媒体ごとに細かく規定されています。動画広告を効果的に運用するためには、正しいフォーマットで動画を作成し入稿規定を守って配信することが重要です。

動画広告のフォーマットで使われる用語解説

動画広告のフォーマットで使われる用語解説

YouTubeやFacebook、TwitterなどのSNSで動画広告を出稿する際、媒体ごとに細かい規定があります。

画像広告などの静止画であれば微調整が効きますが、動画広告の場合「動画+音声」の構成になっているため、規定項目が多く、より複雑になっています。

本記事では、各媒体における規定項目を詳しく解説していきます。まずは基本的な以下の用語について見ていきましょう。

  • アスペクト比
  • ビットレート
  • フレームレート
  • コーデック
  • エンコード

アスペクト比

アスペクト比

アスペクト比とは、画面の縦横比のことを指します。

代表的なアスペクト比を例にあげると、「16:9」や「4:3」「1:1」「2.35:1」など、一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これらは、各媒体の推奨されている比率に合わせないと投稿することができないため、あらかじめ推奨されている比率の画面構成で撮影する必要があります。

アスペクト比について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

動画編集の「アスペクト比」って何?YouTubeやInstagram投稿時の最適な「アスペクト比」も知りたい

ビットレート

ビットレート

ビットレートとは、1秒間に送受信できるデータ量のことを指します。

表記する際は「bps」を使用します。1bpsであれば、1秒間に1ビットのデータを転送できるということです。

つまり、このビットレートの数値が高いほど、1秒間により多くのデータを送ることができるため、高画質で綺麗な映像をPCに届けられます。

しかし、その分データ量が多くなるためアップロードやダウンロードに時間がかかる重たい動画になるという点には注意が必要です。

ビットレートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

動画編集の「ビットレート」って何?YouTube投稿時の最適な「ビットレート」も知りたい

フレームレート

フレームレート 

フレームレートとは1秒間の動画で表示される画像数(コマ数)のことを指します。

表記する際は「fps」を使用します。10fpsであれば、1秒に10枚の画像を表示していることになります。

つまり、フレームレートの数値が高いほど、なめらかで綺麗な映像になるということです。

フレームレートについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

動画編集の「フレームレート」って何?YouTube投稿時の最適なフレームレートも知りたい

コーデック

コーデック

コーデックとは、映像・音声データの圧縮や変換、復元を行うためのプログラム(規則・法則)ことを指します。

動画は”映像データ”と”音声データ”の2つから構成されており容量が大きいため圧縮・変換する必要があります。

圧縮・変換することを「エンコード」、復元することを「デコード」と呼び、これらの作業を行うためのプログラムをコーデックと呼びます。

動画広告を出稿する媒体先によって、推奨されているコーデックの種類が規定で定められているため、動画編集する際には注意しましょう。

コーデックについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

動画編集の「コーデック」って何?「コーデック」できないときの原因と対処法も解説

エンコード

エンコード

エンコードとは、コーデック(規則・法則)に従い、圧縮・変換することを指します。

エンコードは動画編集における最終工程です。効果音やBGMなどの音声データとエフェクトなどを加えた映像データなどさまざまな編集を行った動画を1本の動画ファイルに「圧縮・変換」します。

エンコードについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

動画編集のエンコードって何?エンコードの方法や、動画のサイズへの影響も一挙解説

YouTube動画広告のフォーマット・入稿規定

YouTube動画広告のフォーマット・入稿規定

ここからは各媒体における動画広告のフォーマット・入稿規定について紹介します。

まずは、YouTubeに動画広告を出稿する際の規定について広告別に見ていきましょう。

  • TrueView インストリーム広告
  • TrueView アクション広告
  • バンパー広告
  • TrueView ディスカバリー広告
  • アウトストリーム広告

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

TrueView インストリーム広告

TrueView インストリーム広告は、YouTube 動画再生ページまたは Google 動画パートナー上のウェブサイトやアプリに掲載される動画広告です。

目的:販売促進、見込み顧客の獲得、ブランド認知度とリーチ etc
動画の長さ:12〜179秒(推奨)
スキップ可否:5秒後にスキップ可
課金料金:CPV / CPM

TrueView アクション広告

TrueView アクション広告

TrueView アクション広告は、見出しや行動を馬がすフレーズが付いたクリック可能な動画広告です。

目的:販売促進、ウェブサイトのトラフィック etc
動画の長さ:20〜60秒(推奨)
スキップ可否:5秒後にスキップ可
課金料金:CPA / 目標コンバージョン単価

バンパー広告

バンパー広告は、最大6秒の短い時間で覚えやすいメッセージで幅広いユーザーにリーチできる動画広告です。

目的:ブランド認知度とリーチ etc
動画の長さ:最大6秒
スキップ可否:スキップ不可
課金料金:目標インプレッション単価制

TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告は、ouTube の関連動画の横や検索結果部分、モバイル版 YouTube のトップページなどに掲載できる動画広告です。

目的:商品やブランドの比較検討 etc
動画の長さ:15秒以上(推奨)
課金料金:CPV

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告はモバイル専用広告で、Google 動画パートナー上のウェブサイトやアプリにのみ表示されます。

目的:ブランド認知度とリーチ etc
動画の長さ:15〜30秒(推奨)
スキップ可否:スキップ可
課金料金:インプレッション単価(vCPM)

Facebook ・ Instagram動画広告のフォーマット・入稿規定

Facebook ・ Instagram動画広告のフォーマット・入稿規定

続いて、FacebookやInstagram動画広告のフォーマット・入稿規定を広告別にご紹介します。

  • Facebookフィード
  • Facebook Marketplace
  • Facebookインストリーム
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook検索結果
  • インスタント記事
  • Instagramフィード
  • Instagramストーリーズ
  • Instagram発見タブ
  • Audience Network: ネイティブ、バナー、インタースティシャル
  • Audience Network:インストリーム
  • Audience Network: 動画リワード
  • Messengerストーリーズ

ひとつずつ見ていきましょう。

Facebookフィード

Facebookフィードは、Facebookのタイムライン上に投稿形式で表示される広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 4:5
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~241分
最大ファイルサイズ: 4GB

Facebook Marketplace

Facebook Marketplaceは、Marketplaceに表示させることができ、より多くの人にリーチできる広告です。

動画アスペクト比:9:16~16:9
動画のファイルサイズ:最大4GB
動画の長さ:1秒〜240分
動画のキャプション:サポートなし
動画音声:任意ですが、推奨されます
推奨解像度:ファイルサイズとアスペクト比の要件を満たし、最も解像度が高い動画をアップロードしてください。

Facebookインストリーム

Facebookインストリームが、動画内の途中や再生前後で表示される動画広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 16:9~1:1
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 5秒~10分
最大ファイルサイズ: 4GB

Facebookストーリーズ

Facebookストーリーズは、ストーリーズ機能を活用したフルクリーンで表示される動画広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 9:16
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~2分
最大ファイルサイズ: 4GB

Facebook検索結果

Facebook検索結果は、メインの検索バーやFacebook Marketplace内の検索バーに表示される検索結果に表示される広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 4:5
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~241分
最大ファイルサイズ: 4GB

インスタント記事

Facebookインスタント記事は、動画フォーマットを使用して、商品やサービス、ブランドを新しい方法で紹介できます。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 16:9
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 対応していません
動画音声: 任意
動画の長さ: 1秒~241分
最大ファイルサイズ: 4GB

Instagramフィード

Instagramフィードは、Instagramのタイムライン上に投稿形式で表示される動画広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 4:5
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~2分
最大ファイルサイズ: 30MB

Instagramストーリーズ

Instagramストーリーズは、ストーリーズ機能を活用したフルクリーンで表示される動画広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 9:16
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~2分
最大ファイルサイズ: 30MB

Instagram発見タブ

Instagram発見タブは、関心のある投稿をAIアルゴリズムによって「まだフォローしていない」アカウントがシェアしたコンテンツが表示される広告です。

推奨解像度: ファイルサイズとアスペクト比の要件を満たし、最も解像度が高い動画をアップロードしてください。
動画のキャプション: 任意
動画の長さ: 1~120秒

Audience Network: ネイティブ、バナー、インタースティシャル

ネイティブ、バナー、インタースティシャルは、Facebookの枠を超えてネイティブ広告、バナー広告、インタースティシャル広告でユーザーに表示できる広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 9:16
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 対応していません
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~2分
最大ファイルサイズ: 4GB

Audience Network:インストリーム

Audience Network:インストリームでは、Facebook社と提携しているパートナーのアプリやウェブサイト上で表示できるインストリーム動画広告です。

アスペクト比:4:3~16:9
動画の長さ: 5秒〜30秒

Audience Network: 動画リワード

動画リワードは、ユーザーが動画広告を視聴することでアプリ内アイテムなどのインセンティブが得られる、フルスクリーンの広告です。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 9:16
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 対応していません
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 3秒~61秒
最大ファイルサイズ: 4GB

Messengerストーリーズ

Messengerストーリーズは、messenger内に長さが15秒以下の縦型フルスクリーンで動画広告が表示できます。

ファイルタイプ: MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比: 9:16
動画設定: H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション: 任意ですが、推奨されます
動画音声: 任意ですが、推奨されます
動画の長さ: 1秒~2分
最大ファイルサイズ: 4GB

Twitter動画広告のフォーマット・入稿規定

Twitter動画広告のフォーマット・入稿規定

続いて、Twitter動画広告のフォーマット・入稿規定について広告別にご紹介します。

  • プロモビデオ
  • ビデオウェブサイトカード
  • ビデオアプリカード

それでは、それぞれ見ていきましょう。

プロモビデオ

プロモビデオは、Twitterのタイムライン上に表示される動画広告です。

料金モデル: CPE、CPM、またはCPV
ファイルサイズ: 最大1GB
動画の長さ: 15秒以下を推奨。最大2分20秒
ファイル形式: MP4またはMOV
推奨オーディオコーデック: AAC LC
推奨動画コーデック: 4:2:0の色空間に対応する、h264、ベースライン、メイン、またはハイプロファイル
動画アスペクト比:1:1を推奨

ビデオウェブサイトカード

ビデオウェブサイトカードは、自動再生動画で視聴者の注意を引き、次のステップへ誘導しやすい設計の広告です。

料金モデル: CPC、CPM、またはCPV
ファイルサイズ: 30MB未満を推奨。最大1GB
動画の長さ: 15秒以下を推奨。最大2分20秒
ファイル形式: MP4またはMOV
推奨オーディオコーデック: AAC LC
推奨動画コーデック: 4:2:0の色空間に対応する、h264、ベースライン、メイン、またはハイプロファイル
動画アスペクト比:1:1を推奨

ビデオアプリカード

ビデオアプリカードは、アプリを紹介できる特殊な動画広告フォーマットです。

料金モデル: CPAC
ファイルサイズ: 30MB未満を推奨。最大1GB
動画の長さ: 15秒以内。動画の長さが60秒未満の場合、ループ再生されます
ファイル形式: MP4またはMOV
推奨オーディオコーデック: AAC LC
推奨動画コーデック: 4:2:0の色空間に対応する、h264、ベースライン、メイン、またはハイプロファイル

LINE動画広告のフォーマット・入稿規定

LINE 広告

最後に、LINE動画広告のフォーマット・入稿規定を広告別にご紹介します。

  • Card
  • Square
  • Vertical

それぞれの広告フォーマットを見ていきましょう。

Card

Cardは、タイムラインやLINE NEWS、LINE BLOG等、多くのLINE広告に対応している広告です。

アスペクト比:16:9
掲載場所: タイムライン、LINE NEWS、LINE マンガ、LINE BLOG 、LINE ポイント

Square

Squareは、正四角形の広告サイズでライムラインに馴染みやすいのが特徴です。

アスペクト比:1:1
掲載場所: タイムライン、LINE BLOG

Vertical

Verticalは、動画広告専用のクリエイティブです。

タイムライン上では2:3の比率で表示され、ユーザーが動画をタップすると全画面(9:16)の比率で再生されます。

アスペクト比:2:3 / 9:16
掲載場所: タイムライン

まとめ

以上、動画広告の媒体別のフォーマット・入稿規定をご紹介しました。

YouTubeやFacebook、TwitterなどのSNSで動画広告を出稿する際、媒体ごとに細かい規定があります。

画像広告などの静止画であれば微調整が効きますが、動画広告の場合「動画+音声」の構成になっているため、規定項目が多く、より複雑になっています。

動画広告について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

【2021最新】動画広告とは?配信先、種類、課金形態などを徹底解説

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア