marketing

2021年03月29日(公開: 2021年03月19日)

VideoPadでエフェクトを使う方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

誰でも簡単に本格的なビデオ編集ができるシンプルで高性能な動画編集ソフト
「VideoPad」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。

ここでは、VideoPadでエフェクトを使う方法を解説します。

VideoPadでエフェクトを使うには?

VideoPadでエフェクトを使うには?

VideoPadを使えば、誰でも簡単に様々なエフェクトや画面切替のほか、BGMやナレーションを追加でき、本格的な映像制作が可能です。

エフェクトの追加方法からエフェクトの調整・編集方法までを詳しく解説していきます。

VideoPadで動画にエフェクトを追加する方法

videopad エフェクトの追加 

画面上部にある「エフェクト」タブから「動画エフェクトを挿入」を選択 → 「+」ボタンをクリックすると、利用できるエフェクトが一覧で表示されます。

エフェクトには、グリーンスクリーン・ノイズ・モザイク・回転・回転・ぼかし・ミラー・古いフィルムなど様々なエフェクトが用意されています。

使用したいエフェクトをクリックすると細かなエフェクト設定画面がポップアップされますので、お好きな設定に調整してください。

エフェクトがどのように適用されているかどうかはプレビュー画面で確認することができます。

エフェクトの適用後は、新しい動画ファイルとして新規追加されます。

VideoPadで動画のエフェクトを調整する方法

videopad エフェクトの調整

タイムラインに挿入後に後からエフェクトを調整したい場合は、クリップの左下にある「FX」ボタンをクリックするとエフェクト画面が表示されますので、そこから調整可能です。

エフェクトの調整完了後、「挿入」または「置き換え」ボタンでエフェクトの追加・変更できます。

VideoPadで動画エフェクトの速度を変更する方法

videopad エフェクトの速度調整

 動画エフェクトの速度を変更したい場合は、「シーケンスプレビュー」から変更できます。

画面オレンジ枠の時計のマークをクリックし、速度の割合を調整可能です。また、「クリップを逆再生」にチェックを入れると逆再生になります。

まとめ

VideoPadでエフェクトを使う方法や主な機能を解説しました。

VideoPadは、Mac・Windowsの両方に対応している動画編集ソフトです。

海外からは、初心者にも扱いやすく高度な機能を提供する動画編集ソフトとして高く評価されています。

基本的に有料のソフトですが、無料版も提供されているため、気になる方はまず無料版に触れてみてはいかがでしょうか。

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア