marketing

2021年03月29日(公開: 2021年03月19日)

VideoPadでエンコードする方法を解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

誰でも簡単に本格的なビデオ編集ができるシンプルで高性能な動画編集ソフト
「VideoPad」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。

ここでは、VideoPadでエンコードする方法を解説します。

VideoPadでエンコードするには?

VideoPadでエンコードするには?

VideoPadでエンコードする方法は、他の動画編集ソフトと操作感はあまり変わらないため、どなたでも簡単に対応できるようになっています。

また、ほぼ全ての動画フォーマットに対応しており、汎用性の高い動画編集ソフトのひとつと言えるでしょう。

ここからは、対応している出力フォーマットや実際にエクスポートする方法を解説していきます。

VideoPadの対応フォーマット(出力)

videopad ファイル形式

VideoPadで対応している出力先とそれぞれの対応フォーマットは以下にわけられます。

  • ディスク書き込み:DVD、CD、Blu-ray
  • 動画ファイルとして出力:.3gp、.apng、.asf、.avi、.dv、.flv、.gif、.mkv、.mov、.mp4、.mpg、.ogg、.ogv、.rm、.swf、.webM、.wmv
  • 連携サイトへのアップロード:YouTubeやVimeo、Flickr、Dropbox、Googleドライブに直接アップロード

VideoPadでエクスポートする方法

videopad エクスポート

編集した動画をエクスポートするには、画面上部にある「エクスポート」タブから「動画をエクスポート」ボタンをクリックします。

出力ファイルの詳細設定画面がポップアップで表示されるため、ファイル形式や保存先などを設定して「作成」ボタンをクリックすればエクスポート完了です。

VideoPadで動画をYouTubeにアップロードする方法

VideoPad YouTube アップロード

先ほどエクスポートした方法と同様に、「エクスポート」タブから「YouTube」ボタンを選択します。

選択後、YouTubeとの連携画面が表示されるので、連携を承認しエクスポートすることで直接YouTubeにアップロードできます。

VideoPadで動画のエクスポートにかかる時間を短くする方法

VideoPadで動画のエクスポートにかかる時間を短くする方法

VideoPadで動画のエクスポートにかかる時間を短くするには、以下の要因を確認しましょう。

  1. PCのスペックが足りているか(CPU、ハードドライブ、メモリの容量など)
  2. 動画が複雑になっていないか(クリップやエフェクトの数、動画の長さなど)
  3. 動画のエクスポート設定が高すぎないか(ファイルフォーマット、エンコーダ、ビットレートなど)

これら3つのポイントを確認し、削減できる箇所を削ることでエクポートにかかる時間を短くできます。

まとめ

VideoPadでエンコードする方法や主な機能を解説しました。

VideoPadは、Mac・Windowsの両方に対応している動画編集ソフトです。

海外からは、初心者にも扱いやすく高度な機能を提供する動画編集ソフトとして高く評価されています。

基本的に有料のソフトですが、無料版も提供されているため、気になる方はまず無料版に触れてみてはいかがでしょうか。

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア