Adobe Premiere Rushの価格は?機能や特徴も紹介!

marketing

2021年06月23日(公開: 2021年04月16日)

Adobe
Premiere
Rushの価格は?

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

アプリ版のほかPC版もあるので、スマホで撮った動画をその場でパソコンで編集なども可能。多機能ながら操作性も良く、初心者からプロまで人気の「Adobe Premiere Rush」ですが、価格はどのくらいなのでしょうか。
ここでは、Adobe Premiere Rushの価格について詳しく解説します。

Adobe Premiere Rushのプランと価格

価格は、利用するプランによって異なります。Premiere Rushが利用できるプランは以下の通りです。

  • Premiere Rush スタータープラン
  • Premiere Rush モバイルプラン
  • Premiere Rush 単体プラン
  • Premiere Pro 単体プラン
  • Creative Cloud コンプリートプラン
  • Creative Cloud 学生版

Premiere Rushが利用できるプランは非常に多く、全て価格やメリットが異なるので、自分の利用方法に合わせて検討してください。

Premiere Rush スタータープラン:無料

無料

まず最初に、無料利用したい方はスタータープランがおすすめです。Premiere Rushだけを無料で利用する方法は、スタータープランか、次に解説するモバイルプランの2種類です。

Premiere Rush スタータープランは、ソフトの使用感をまずは実際に操作して確かめたい方におすすめのプランです。というのも、無料プランでは書き出して保存できる動画は3本までで、クラウドストレージが2GBまでしか利用できないからです。

有料版との機能の違いはありませんが、書き出し数が制限されているので、必然的に無料プランを長期的に使い続けることはできません。

なので、まずはお試しでスタータープランから利用して、継続的に利用したくなったら有料プランに切り替えるのがおすすめです。

Premiere Rush モバイルプラン:原則無料

原則無料

Premiere Rushモバイルプランは、原則無料で利用できるもう一つのプランで、オーディオ追加やモーショングラフィクスを追加しない限り費用はかかりません。追加したい方は月額iOSアプリで550円、Androidアプリで月額540円です。

Premiere Rushは通常デスクトップとモバイルの両方で動画編集を行うことができ、プロジェクトデータの共有も行えましたが、Premiere Rushモバイルプランは、完全にスマホまたはデスクトップでしか利用できず、プロジェクトの共有は行えません。

なので、パソコンでも編集したい方にはおすすめできませんが、全てモバイル端末でしか編集しないという方は、無料で利用できるモバイルプランが良いでしょう。

Premiere Rush 単体プラン:月額980円

月額980円

次にPremiere Rush 単体プランは、書き出し数の制限がなく、クラウドストレージも100GBまでの有料プランで、月額980円で利用できます。無料プランから試してみて、継続的に利用したくなった方は、このPremiere Rush 単体プランが良いでしょう。

有料でPremiere Rushを利用できるプランは、単体プラン以外にも以下で解説していますが、全てAdobeの他のソフトも利用したい方向けなので、Premiere Rushしか利用しない方は単体プランの月額980円が最安値になります。

Premiere Pro 単体プラン:月額2,480円

月額2,480円

次にPremiere Pro 単体プランは月額2480円で、Premiere Rushも同時に利用できるプランです。Premiere ProはPremiere Rushよりも高度な編集を行える本格的な動画編集ソフトです。

このプランがおすすめの方は、パソコンとスマホの両方で動画編集を行いたい方です。理由は、Premiere Proはパソコンでしか動画編集が行えないかわりに、ハイクオリティな編集が行えて、外出先などはPremiere Rushをスマホで利用して、効率的に編集作業を進められるからです。

少し上級者向けの話ですが、Premiere Proを利用できれば本格的な動画制作を行えるので、動画編集をより楽しみたい方におすすめです。

Creative Cloud コンプリートプラン:月額5,680円

月額5,680円

最後に紹介するのはCreative Cloud コンプリートプランです。このプランは月額5680円で20種類以上のAdobeソフトを利用できるので、コスパが非常に良く、あらゆるクリエイターに人気のプランです。

利用できるソフトはPremiere Rush以外にも、動画編集ソフトのPremiere Pro、写真編集ソフトのPhotoshop、イラスト作成ソフトのIllustrator、デザインソフトのXDなど様々です。

動画編集に使用する画像やイラストの作成としても活用できますし、Adobeのソフトは他のソフトとの連携を行いやすいメリットがあるので、非常におすすめです。

月額費用としては最も高額になりますが、利用できるソフトを考えるとコスパ抜群です。

Creative Cloud 学生版:月額1,980円

月額1,980円

Creative Cloud コンプリートプランを少しでもお得に利用したい方におすすめなのが、学生版を利用することです。もちろん学生の方しか利用できませんが、通常月額5680円のCreative Cloud コンプリートプランが、学生版だと月額1980円と格安で利用できます。

Adobeは若いクリエイター向けに格安でソフトを提供しているので、学生の方は、Creative Cloudの学生版をお得に活用してみてください。

まとめ

今回はPremiere Rushの利用価格を、プラン別におすすめする方も踏まえて紹介しました。Premiere Rushを利用すれば、パソコンとスマホの両方で気軽に動画編集を楽しむことができ、無料から使い始めることができます。

モバイル専用アプリを利用すれば、機能や素材の追加を行わない限り、書き出し数の制限なく無料で編集できます。

AdobePremiereRushの特徴や機能、使い方については、下記の記事を参考にしてください。

AdobePremiereRushの特徴や機能、使い方を徹底解説!

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア