Adobe Premiere Rushで動画にテロップを追加するには?機能や特徴も紹介!

marketing

2021年05月17日(公開: 2021年04月16日)

Adobe
Premiere
Rushで動画にテロップを追加するには?機能や特徴も紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

アプリ版のほかPC版もあるので、スマホで撮った動画をその場でパソコンで編集なども可能。多機能ながら操作性も良く、初心者からプロまで人気の「Adobe Premiere Rush」ですが、テロップを追加するにはどのようにするのでしょうか。
ここでは、Adobe Premiere Rushのテロップの追加・編集方法について詳しく解説します。

  •              

Adobe Premiere Rushを使ってテロップを追加する方法【PC篇】

【PC篇】

まずはPremiere Rushをパソコンで利用して、動画にテロップを追加する方法を解説します。Premiere Rushにはデフォルトでタイトルテンプレートが搭載されているので、簡単にアニメーションが適用されたテロップを追加できます。

動画にテロップを入れる方法

動画にテロップを入れる方法は以下の手順で行います。

  1. 入力画面を開く
  2. テロップの入力・カスタマイズ
  3. 表示する位置・タイミングの調節

1.入力画面を開く 

まずは、画面左上の「+」アイコンをクリックして、「グラフィック」を選択します。

グラフィック

すると追加できるタイトルテンプレートが表示され、画面上部の「すべてを参照する」をクリックすると、タイトル・トランジショングラフィック・オーバーレイ・保存済みの中からタイトルを選択します。

タイトル

追加したいタイトルテンプレートを選択した状態で、画面下の「追加」をクリックします。

2.テロップの入力・カスタマイズ

カスタマイズ

するとタイムラインにテロップクリップが追加され、プレビュー画面上にテロップが表示されます。テロップの文字を変更するには、プレビュー画面上のテロップをダブルクリックして、文字を入力します。

そしてテロップをクリックして選択すると、画面右側にフォントやフォントスタイル、文字サイズやカラーなどの詳細設定を変更できる項目が表示されます。

3.表示する位置・タイミングの調整

調整

表示する位置やタイミングの調整を行う方法は、タイムライン上のテロップをクリップを選択した状態で、左右にスライドさせるか、クリップの端をクリックした状態で、スライドさせます。

画面上の表示位置を変更する方法は、画面上の文字をクリックして動かします。大きさも画面端にカーソルを合わせてから動かすことで変更できます。

テンプレートとアニメーションを使ってテロップを入れる

Premiere Rushのタイトルテンプレートにはアニメーションが適用されているので、テンプレートを活用して、詳細設定をお好みに変更すれば、オリジナルにアレンジした動きのあるテロップを追加できます。

具体的には以下の手順で追加します。

  1. テンプレートの選択
  2. 入れたい場所に移動
  3. 文字の変更
  4. 最適化

1.テンプレートの選択

まずはアニメーションが適用されたテンプレートを追加したい位置に再生ヘッドのカーソルを合わせて、解説した方法で「+」から「グラフィック」→「タイトル」からテンプレートを選択します。

2.入れたい場所に移動

そしてタイムラインにタイトルの追加を行ったら、表示タイミングや位置の微調節を行います。

3.文字の変更

文字の変更を行うには、プレービュー画面上のタイトルをダブルクリックして、文字を入力します。

4.最適化

そしてテロップクリップを選択して、右側の詳細設定を変更して、テンプレートを動画に合うように最適化します。

Adobe Premiere Rushを使ってテロップを追加する方法【スマートフォン篇】

【スマートフォン篇】

次にPremiere Rushをスマートフォンで利用して、動画にテロップを追加する方法を解説します。パソコンと同様にスマートフォンで編集しても、簡単にテロップを追加できるので、以下を参考に試してください。

テロップの追加は以下の手順で行います。

  1. 入力画面を開く
  2. テロップの入力・カスタマイズ
  3. 表示する位置・タイミングの調節
  4. その他カスタマイズ

1.入力画面を開く

開く

まずは画面左下の「+」をタップして、メディア・撮影・グラフィック・オーディオ・ボイスオーバーの項目から「グラフィック」を選択します。

すると、タイトル・トランジショングラフィック・オーバレイの3種類の項目が表示されるので、タイトルの項目から、追加したいタイトルテンプレートを選択して、画面下の「追加」をタップします。

タイトルテンプレートは左右にスライドすると、確認できます。

2.テロップの入力・カスタマイズ

カスタマイズ

追加するとタイムラインにテロップが表示されるので、プレビュー画面上のテロップをタップして、文字を変更します。そして、タイトルクリップを選択すれば、画面下にフォントやフォントスタイル、文字サイズ、文字間隔、行間間隔、文字色などの詳細設定を行えるようになります。

タイトルテンプレートと詳細設定を活用すれば、かなりアレンジした文字を追加できます。

3.表示する位置・タイミングの調整

調整

追加したタイトルの表示位置やタイミングを調節するには、クリップをタップした状態で左右にスライドさせます。表示させる長さを変えるには、クリップの端をタップした状態で、左右にスライドさせるだけです。

4.その他カスタマイズ

さらに多くのスタイルを追加したい場合は、クリップを選択した状態で表示される項目から「オプション」をタップして、アプリ内に保存されているプリセットを探して利用します。

まとめ

今回はパソコンとスマートフォンの両方で動画編集を行えるPremiere Rushで、動画にテロップを追加する方法を解説しました。テロップの追加は音楽の追加と同じように簡単に行えて、フォントやフォントスタイル、文字サイズやカラーなどの変更が自由自在に行えます。

この記事を参考にしてPremiere Rushでテロップを追加してみてください。

動画制作はストーリーが一番重要! 動画制作に必要なAIBACとは?

マーケティングに動画を取り入れて、商品・サービスの購入を促進したいと思っているけど、中々成果がでないと悩んでいる方へ。

動画をバズらせれば成果が出るのではと思ってはいませんか?

実はバズらせても一過性のもので、成果に繋がらないことも多いです。

一般的な動画制作ノウハウはデザインなどの見せ方に特化していることが多いですが、動画制作で成果を出すには「言葉(ストーリー)」が最も重要です。

ストーリーを考えるにあたって、重要な要素がAIBACと呼ばれるものです。

AIBACとは、以下のとおり。

  • ・Attention(注意喚起):開始2秒で視聴者への“注意喚起”を示す

    ・Interest(興味関心):商品や特徴を端的に伝えるための“興味関心”を示す

    ・Benefit(利益):商品の訴求を欲求レベルで伝える"利益”を示す

    ・Action(行動喚起)次の行動に誘導させるための“行動喚起”を示す



  • AIBACをベースにストーリーを考えることによって、未経験者でも簡単に成果を出しやすくなる動画を制作することができます。

    実際にマーケティングに動画を取り入れる際に、成果を出しやすくするための動画制作のテクニック集をご紹介します。



    動画クリエイティブ100のTIPSは下記のボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア