iPhone・ipadで簡単に動画を編集できるLumaFusionの特徴は?人気の秘密を紹介!

marketing

2021年06月07日(公開: 2021年05月21日)

iPhone・ipadで簡単に動画を編集できるLumaFusionの特徴は?人気の秘密を紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

高機能で操作性がよく、iPhoneやipadのみでプロ並みの編集ができる
「LumaFusion」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、LumaFusionの魅力を詳しく解説します。

LumaFusionとは

とは

「出典:https://apps.apple.com/jp/app/lumafusion/id1062022008

LumaFusionはiPhoneやiPadで動画編集を行えるアプリで、パソコンで行う編集に劣らないレベルの動画を作ることが可能です。音楽を追加したり、エフェクト編集を行なったり、字幕を追加するなど基本的な編集をこのアプリだけで行えます。

スマホで撮影し、すぐにLumaFusionに動画を読み込んで、編集を行なったら、そのままYouTubeに投稿したり、各SNSにシェアすることが可能です。詳しくは以下の記事で各編集方法を解説しているので、参考にしてください。

iPhone・ipadでプロ並みの編集が可能がアプリ

アプリ

LumaFusionはAndroidでは利用できず、iPhoneまたはiPadが必要です。利用料金は3,680円の買切り型で、アプリを購入すれば、永久的に利用することが可能です。

動画編集アプリは月額制のものが多いので、ずっと支払い続ける必要がないメリットは大きいと思います。1年利用した場合は、ひと月300円ほどになるので、非常にコスパが良いです。

LumaFusionで音楽を追加するには?

LumaFusionで音楽を追加する方法は、自ら音楽ファイルを用意しなくても、あらかじめ搭載されている音楽を利用できます。以下の記事で詳しく解説しています。

音楽の追加や音量調整もタップのみで簡単

する

音楽の追加は、タイムライン下の項目から「ソース」を選択して「Storyblocks」をタップします。すると無料で利用できるBGMが表示されるので、視聴して好きな音楽をタイムラインにドラッグ&ドロップで追加できます。

する

また、音量の調節は追加した音楽を選択した状態でタイムライン下のペンツールを選択することで、音量ゲージが表示されて、左右にスライドするだけで調節できます。

他にも素材ごとではなく、一括で音量を調節することも可能で、タイムライン下のミキサーを選択すれば、各トラックに配置された素材の音量をまとめて変えることができます。

LumaFusionでエフェクトを追加するには?

LumaFusionでエフェクトを追加するには、追加したい素材をタイムラインに配置した状態で、エフェクトをドラッグ&ドロップで簡単に適用できます。追加費用なしで利用できるエフェクトが豊富に揃っているので、非常に便利です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

多彩なエフェクト搭載で、プロ並みの仕上がりに

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

エフェクトの追加方法は、タイムライン下の項目から「FX」アイコンを選択して、適用させたいエフェクトを選択して、素材クリップの上にドラッグ&ドロップを行います。LumaFusionで利用できるエフェクト数は、全部で31種類もあり、他の有料動画編集アプリよりも多い特徴があります。

LumaFusionでモザイクを追加するには?

LumaFusionで編集を行えば、隠したいシーンにモザイクを追加することも簡単に行えます。エフェクトの項目から追加できて、映像の動きに合わせてモザイクを追従させることも可能です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

LumaFusionなら、モザイク追加も自由自在

方法

「出典:https://blog.lform.net/2020/06/20/ipadlumafusion1/

モザイクの追加方法は、タイムライン下の項目から「FX」を選択して、渦巻ボタンを選択します。すると適用できるプリセットが表示されるので、モザイクを適用させたい場合はピクセル1〜3のどれかをタップします。

適用させたモザイクの範囲やかけ方は異なるので、試しに適用させたり、スライドを調節してみてください。また、モザイクを映像に合わせて追従させるには、動画の1フレームごとにモザイクの適用範囲を調節することで編集できます。

LumaFusionでテロップを追加するには?

LumaFusionでテロップを追加する方法は簡単で、デフォルトで搭載されているタイトルテンプレートを活用すればアニメーションも自動で適用されます。追加後にテロップのサイズや配置、フォントや色などを変更できるので、効率良くクオリティの高いテロップを作成できます。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

テキスト追加や多彩な編集も指だけの操作で完結

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

テロップを追加するには、タイムライン下の項目から「ソース」を選択して「タイトル」をタップします。すると追加できるタイトルが表示されるので、選択した状態でタイムラインにドラッグ&ドロップを行います。

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

そして追加したテロップの編集を行うには、選択した状態で鉛筆アイコンをタップします。テロップのサイズや表示位置、色や枠線などを編集することができ、テロップをコピーして文字だけ変更すれば、簡単に字幕作成も行えます。

LumaFusionでフォントを追加するには?

LumaFusionではデフォルトのフォントを利用することもできますが、カスタムフォントをインストールして新しく追加することも可能です。簡単にタイトルを作りたい場合は、デフォルトのフォントを使用して、デデフォルトのフォントに好きなものがない場合は、カスタムフォントをインストールして利用するのが良いでしょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

LumaFusionは、カスタムフォントもインストールできる

フリーフォントサイト

カスタムフォントを追加するには、フリーフォントサイトからフォントをダウンロードして、ファイルAPPに保存したフォントをLumaFusionにドラッグ&ドロップすることで追加できます。

LumaFusionで開く

もしくは、ファイルAPPからフォントを選択して「共有」ボタンをタップして「LumaFusionで開く」を選択することでも追加可能です。

LumaFusionでクロマキーを追加するには?

LumaFusionはクロマキー合成といって、グリーンバックやブルーバックの背景を使用して背景を透過させる編集が簡単なので、映像を合成する際に役立ちます。詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください。

iPhone・ipadで背景の透明化が簡単に

クロマキー

クロマキー合成を行うには、グリーンバックで撮影した素材をタイムラインに追加して、選択した状態で、画面下の「FX」をタップします。そして鍵穴アイコンを選択して「Green Screen Key」をタップします。

すると自動的にグリーンバックを認識して、背景を透過してくれます。上手く透過できていない場合は、「色調」や「色合いの範囲」「彩度の範囲」を調節することで、上手く透過できるようになります。

スマホの動画編集アプリでクロマキー合成を行えるものは少ないので、LumaFusionを利用する際は試してみてください。

まとめ

今回はiPhoneやiPadで動画編集を行えるアプリLumaFusionの特徴や、基本的な編集方法を解説しました。LumaFusionを利用すれば、スマホで撮影した動画をすぐに編集してYouTubeにアップロードを行うことが可能です。

利用料金はかかりますが、月額制のアプリよりもお得に利用できる買い切り型なので、この記事を参考にLumaFusionで動画編集を始めてみてください。

マーケティングに動画を取り入れるメリットは?動画活用成功事例集はこちら

5G時代が到来し、より多くのユーザーが動画を視聴する機会が増えたいま、マーケティングに動画を活用することで、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋げることができます。

マーケティングに動画を活用するメリットは以下のとおり。

  • ・テキストに比べて、商品の魅力が伝わりやすい

    ・CM等に比べて、低コストで運用できる

    ・拡散性を利用して期待以上の広告効果が出る可能性も



  • ただ、動画はただやみくもに制作しても成果が出ません。

    どの「ターゲット」に届けるか、そのターゲットがどんな「悩み」を持っているかを理解して、視聴者のためになる情報を動画に取り入れることによって成果が出るでしょう。

    実際にマーケティングに動画を取り入れて、自社や商品のブランディング・売り上げの増加に繋がった動画活用の成功事例をいくつかご紹介します。

                                       


    動画活用成功事例集はこちらのボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア