iPhone・ipadで簡単に動画を編集できるLumaFusionの特徴は?人気の秘密を紹介!

marketing

2021年06月23日(公開: 2021年05月21日)

動画編集アプリLumaFusionの特徴や機能、使い方を徹底解説!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

高機能で操作性がよく、iPhoneやipadのみでプロ並みの編集ができる
「LumaFusion」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、LumaFusionの魅力を詳しく解説します。

LumaFusionとは

とは

「出典:https://apps.apple.com/jp/app/lumafusion/id1062022008

LumaFusionはiPhoneやiPadで動画編集を行えるアプリで、パソコンで行う編集に劣らないレベルの動画を作ることが可能です。音楽を追加したり、エフェクト編集を行なったり、字幕を追加するなど基本的な編集をこのアプリだけで行えます。

スマホで撮影し、すぐにLumaFusionに動画を読み込んで、編集を行なったら、そのままYouTubeに投稿したり、各SNSにシェアすることが可能です。

iPhone・ipadでプロ並みの編集が可能がアプリ

アプリ

LumaFusionはAndroidでは利用できず、iPhoneまたはiPadが必要です。利用料金は3,680円の買切り型で、アプリを購入すれば、永久的に利用することが可能です。

動画編集アプリは月額制のものが多いので、ずっと支払い続ける必要がないメリットは大きいと思います。1年利用した場合は、ひと月300円ほどになるので、非常にコスパが良いです。

LumaFusionの基本的な使い方

LumaFusionの基本的な使い方は以下の手順で行います。

  1. 新規プロジェクトを作る
  2. タイムラインに動画を追加する

プロジェクトを作って、編集したい動画素材をアプリに読み込み、タイムラインに素材を追加してから編集がスタートします。どんな編集を行う場合でもこの手順は変わらないので覚えときましょう。

1. 新規プロジェクトを作る

まずはインストールしたアプリを起動して、「+」をタップして新規プロジェクトを作ります。

作る

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

すると、新規プロジェクトの名前と「フレームレート」、「フレームアスペクト」を調節できます。

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

フレームレートは1秒間のコマ数のことで、通常は撮影時のフレームレートと同じ数値で設定します。撮影時の数値が分からない場合は30で設定しておきましょう。

次にフレームアスペクト比は画面の縦横比のことで、編集した動画をシェアするプラットフォームによって変わります。YouTubeの場合は横長の16:9、TikTokやInstagramのストーリーズの場合は縦長の9:16にします。

全て設定すると新規プロジェクトが作成できます。

2.タイムラインに動画を追加する

次に、編集したい動画や音声素材をタイムラインに追加します。

タイムラインは画面下部の編集を行う作業場のことで、ここに追加した素材が左側が動画の前半、右側が後半として1本の動画になります。

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

タイムラインに動画を追加するには、タイムライン下の項目からビデオを選択します。すると、iPhoneやiPadの写真アプリ内の動画が表示されます。追加したい素材をタップした状態で、タイムラインにドラッグ&ドロップを行うことで追加されます。

タイムラインの表示を拡大・縮小するには

するには

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

タイムラインに素材を追加しただけでは、素材クリップが占める画面の割合が大きく編集しづらい可能性があるので、そういった場合はクリップを2本の指で縮めたり、広げたりしてください。

タイムラインの拡大・縮小を行えて、タイムラインが見やすくなるはずです。編集効率が上がる方法なので、少しでも編集しづらいと感じた場合は、拡大・縮小を行いましょう。

動画をカットして長さを変えるには

タイムラインに追加した素材の長さを変更したい場合は、クリップの前後どちらかをタップしながら左右に移動させるだけです。動画の前後で不要なシーンをカットしたい場合はこの方法で編集します。

には

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

クリップの中盤に不要なシーンがある場合は、カットしたい箇所の前半に青い縦ラインの再生ヘッドを合わせて、画面下の項目から「ハサミ」をタップします。同じように不要シーンの後半部分もカットします。

には

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

これで不要シーンの前後をカットできたので、クリップを選択した状態で、画面下の項目からゴミ箱をタップします。

LumaFusionで動画を保存・共有するには

LumaFusionで動画を保存または共有する方法は簡単です。全ての編集作業が終了したら、以下の方法で保存と共有を行ってみてください。

動画を保存する

する

「出典:https://appleroid.com/apple/ipad-lumafusion-2/#toc15

動画を保存するには、タイムライン下の項目から「シェア」アイコンを選択します。すると、保存またはシェア先の一覧が表示されるので、写真アプリやGoogleドライブなど、管理しやすい保存先を選択してください。

する

「出典:https://appleroid.com/apple/ipad-lumafusion-2/#toc15

保存先を選択したら、書き出しの詳細設定画面になり、画質やフレームレート、コーデック、音質などを設定します。高画質で設定するほどファイルサイズが大きくなり書き出しに時間がかかります。詳細設定が終了したら再度「シェア」アイコンをタップして保存できます。

動画を共有する

動画を共有する場合は、先ほどの詳細設定の前の画面で保存先を選択するだけなので簡単です。シェア先によって推奨されている画面サイズや画質があるので確認しておくと良いでしょう。

LumaFusionの機能の使い方

音楽を追加する

する

音楽の追加は、タイムライン下の項目から「ソース」を選択して「Storyblocks」をタップします。すると無料で利用できるBGMが表示されるので、視聴して好きな音楽をタイムラインにドラッグ&ドロップで追加できます。

する

また、音量の調節は追加した音楽を選択した状態でタイムライン下のペンツールを選択することで、音量ゲージが表示されて、左右にスライドするだけで調節できます。

他にも素材ごとではなく、一括で音量を調節することも可能で、タイムライン下のミキサーを選択すれば、各トラックに配置された素材の音量をまとめて変えることができます。

LumaFusionで音楽を追加するには?

エフェクトを追加する

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

エフェクトの追加方法は、タイムライン下の項目から「FX」アイコンを選択して、適用させたいエフェクトを選択して、素材クリップの上にドラッグ&ドロップを行います。LumaFusionで利用できるエフェクト数は、全部で31種類もあり、他の有料動画編集アプリよりも多い特徴があります。

LumaFusionでエフェクトを追加するには?

モザイクを追加する

方法

「出典:https://blog.lform.net/2020/06/20/ipadlumafusion1/

モザイクの追加方法は、タイムライン下の項目から「FX」を選択して、渦巻ボタンを選択します。すると適用できるプリセットが表示されるので、モザイクを適用させたい場合はピクセル1〜3のどれかをタップします。

適用させたモザイクの範囲やかけ方は異なるので、試しに適用させたり、スライドを調節してみてください。また、モザイクを映像に合わせて追従させるには、動画の1フレームごとにモザイクの適用範囲を調節することで編集できます。

LumaFusionでモザイクを追加するには?

テロップを追加する

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

テロップを追加するには、タイムライン下の項目から「ソース」を選択して「タイトル」をタップします。すると追加できるタイトルが表示されるので、選択した状態でタイムラインにドラッグ&ドロップを行います。

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

そして追加したテロップの編集を行うには、選択した状態で鉛筆アイコンをタップします。テロップのサイズや表示位置、色や枠線などを編集することができ、テロップをコピーして文字だけ変更すれば、簡単に字幕作成も行えます。

LumaFusionでテロップを追加するには?

フォントを追加する

フリーフォントサイト

カスタムフォントを追加するには、フリーフォントサイトからフォントをダウンロードして、ファイルAPPに保存したフォントをLumaFusionにドラッグ&ドロップすることで追加できます。

LumaFusionで開く

もしくは、ファイルAPPからフォントを選択して「共有」ボタンをタップして「LumaFusionで開く」を選択することでも追加可能です。

LumaFusionでフォントを追加するには?

クロマキーを追加する

クロマキー

クロマキー合成を行うには、グリーンバックで撮影した素材をタイムラインに追加して、選択した状態で、画面下の「FX」をタップします。そして鍵穴アイコンを選択して「Green Screen Key」をタップします。

すると自動的にグリーンバックを認識して、背景を透過してくれます。上手く透過できていない場合は、「色調」や「色合いの範囲」「彩度の範囲」を調節することで、上手く透過できるようになります。

スマホの動画編集アプリでクロマキー合成を行えるものは少ないので、LumaFusionを利用する際は試してみてください。

LumaFusionでクロマキーを追加するには?

まとめ

今回はiPhoneやiPadで動画編集を行えるアプリLumaFusionの特徴や、基本的な編集方法を解説しました。LumaFusionを利用すれば、スマホで撮影した動画をすぐに編集してYouTubeにアップロードを行うことが可能です。

利用料金はかかりますが、月額制のアプリよりもお得に利用できる買い切り型なので、この記事を参考にLumaFusionで動画編集を始めてみてください。

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

この記事をシェア