VLLOで著作権フリーの音楽を使うには?機能や特徴も紹介!

marketing

2021年06月17日(公開: 2021年05月24日)

VLLOで著作権フリーの音楽を使うには?機能や特徴も紹介!

無料版でも豊富な機能を搭載し、初心者でも簡単に使える動画編集アプリの「VLLO」ですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、VLLOで著作権フリーの音楽を追加する方法を解説します。

VLLOに音楽を追加する際に注意すべき著作権

著作権

VLLOに限らずオリジナル音楽以外の音源を利用して動画制作を行う場合は、著作権に注意しなければなりません。

VLLOにデフォルトで追加されている音楽は、全て著作権フリーで利用でき商用利用も可能なので問題ありませんが、iTunesや端末に保存している音楽を追加する場合は著作権を確認した上で利用しましょう。

著作権とは

著作権とは

著作権とは、著作物をつくった著作者の人格を守るための権利、かつ著作権者が著作物の利用を許可して使用料を受け取ることのできる権利です。

なので、著作権のある音楽を無断で使用していた場合、使用料が発生する可能性があるということです。

著作権があっても事前に著作者の許可を得ていればその旨を記載した上で使用可能になります。

ですが、著作権のある音楽を使用するごとに許可を得ることは現実的ではないので、基本的には著作権フリーの音楽を利用して動画制作を行います。

VLLOで音楽を追加する方法は3通り

VLLOに音楽を追加するには以下の3通りの方法があります。

    • VLLOオリジナル音楽
    • iTunes
    • 外部ファイル

最も簡単に音楽を追加する方法は、VLLOにデフォルトで追加されているオリジナル音楽を利用することです。オリジナル音楽は完全に著作権フリーかつ商用利用可能です。

VLLOオリジナル音楽を使用する方法は、メイン画面の下部から「オーディオ」→「BGM」をタップします。

する

次に好きなジャンルを選び、曲のダウンロードアイコンをタップして右下のチェックを選択します。無料版では使用できる音楽が少ないですが、有料版にアップグレードすれば170種類以上の音楽を使用できるようになります。

する

次に、iTunesに入っている音楽を動画に使用することもでき、メイン画面の下部から「オーディオ」→「BGM」を選択して「iTunes」をタップします。

iTunesアプリをインストールして、音楽が入っている状態でないとこの方法で追加はできません。iTunesで購入した音楽でも著作権があるので、使用する際は注意してください。

最後に、外部サイトでダウンロードした音楽を使うことも可能です。フリー素材サイトからiPhoneに素材をダウンロードしても良いですし、パソコンでダウンロードした素材をiPhoneに転送してから利用も行えます。

どうしても著作権のある楽曲を使いたい場合

どうしても著作権のある楽曲を使いたい場合は「著作権所持者の許可」を取る必要があり、YouTubeにアップする場合は著作権者に対して「コンテンツIDのホワイトリストへの追加依頼」を行う必要があります。

【無料】著作権フリーで楽曲ダウンロードができるサイト

著作権フリーで楽曲をダウンロードでき、無料で利用できるサイトは以下の3つがおすすめです。

    • YouTubeライブラリ
    • DOVA-SYNDROME
    • Vlog No Copyright Music

YouTubeライブラリ

ライブラリ

YouTubeライブラリはYouTubeが公式で利用を許可している楽曲で、有料素材サイトほど楽曲は多くありませんが、クオリティの高い曲が多く、有名な曲も使用することができます。

YouTubeライブラリ

料金 無料
楽曲の数 不明(多い)
効果音 あり
日本語対応 あり
特徴 ・コンテンツIDによる著作権申し立てを受け付けない
・カテゴライズがわかりやすい

DOVA-SYNDROME

DOVA-SYNDROME

「出典:https://dova-s.jp/

DOVA-SYNDROMEは著作権フリーの音楽を1万曲以上ダウンロードできるサイトで、無料で利用することができます。非常に有名なサイトなので、人気曲はYouTubeなどで耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、中には歌詞のある曲も存在するので、クオリティの高い曲を見つけることもできるでしょう。

料金 無料
楽曲の数 1万曲以上
効果音 あり
日本語対応 あり
特徴 ・ループ素材を簡単に見つけられる
・カテゴライズがわかりやすい

Vlog No Copyright Music

Vlog No Copyright Music

「出典:https://www.youtube.com/channel/UCEickjZj99-JJIU8_IJ7J-Q

Vlog No Copyright MusicはYouTubeチャンネルで著作権フリーの楽曲を公開しており、Vlog No Copyright Musicへのリンクを掲載することで誰でも利用することができます。

700曲以上がアップロードされており、おしゃれで若者向けの曲が多いので、Vlogやライフスタイル系の動画を制作する際に活用すると便利です。

料金 無料
楽曲の数 700曲以上
効果音 なし
日本語対応 なし
特徴 ・おしゃれな曲が多い
・旅・ライフスタイル系のVlogに相性が良い

【有料】著作権フリーで楽曲ダウンロードができるサイト

有料でおすすめの著作権フリー素材サイトは以下の3つです。

    • Audiostock
    • Artlist
    • Epidemic Sound

Audiostock

Audiostock

「出典:https://audiostock.jp/

Audiostockは日本最大級の著作権フリーサイトで、50万曲以上の楽曲をダウンロードすることができます。個人利用であれば月額1980円と比較的安い価格で利用できるので非常におすすめです。

音楽以外にも効果音やボイスなどもダウンロードし放題で利用できます。

料金 月額1980円(個人):月額20000円(法人)
単品 BGM:1000円〜
楽曲の数 50万曲以上
効果音 あり
日本語対応 あり
特徴 ・効果音やボイスなどもDL可能
・日本語対応で使いやすい

Artlist

「出典:https://artlist.io/jp/

Artlistはプロの動画制作の現場で使用されている高クオリティ素材サイトで、年間199ドル支払えばダウンロード無制限で利用できます。

音楽のジャンルや使用楽器などから検索することができ、お気に入りに設定した曲に似ている曲を表示してもらえる機能があるので、自分好みの音楽を探せます。

料金 年間199ドル
楽曲の数 不明(多い)
効果音 なし
日本語対応 なし
特徴 ・プロの映像制作者も活用する楽曲サイト
・サブスクリプションで無制限DL

Epidemic Sound

Epidemic Sound

「出典:https://epidemicsound.jp/

Epidemic Soundはスウェーデンの音楽ライブラリ会社で、全ての楽曲の権利を自社で保有し、管理しています。

YouTuberやプロの動画制作者が利用しているサイトなので、非常に高クオリティな楽曲が揃っています。年間144ドルで契約すれば、無制限でDLすることができ、もちろん商用目的で利用することも可能です。

料金 個人:年間144ドル
商業用:年間299ドル
楽曲の数 音楽:32000以上
サウンドエフェクト:60000以上
効果音 あり
日本語対応 なし
特徴 ・プロの映像制作者も活用する楽曲サイト
・サブスクリプションで無制限DL

まとめ

今回はVLLOで音楽を追加する方法を解説して、著作権のある楽曲を使用する際の注意点を紹介しました。VLLOのオリジナル楽曲を利用する分には問題ありませんが、iTunesの曲や著作権のある曲を利用する際は許可を取るようにしましょう。

クオリティの高い音楽を使用して動画制作を行いたい方は、VLLOプレミアムにして利用できるコンテンツを増やすか、この記事で紹介した無料と有料のフリー素材サイトを活用してください。

動画編集アプリVLLOについて詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

動画編集アプリVLLOの特徴を徹底解説!

この記事をシェア