漫画動画・広告におすすめの動画制作会社7選

marketing

2021年07月20日(公開: 2021年07月01日)

漫画動画・広告におすすめの動画制作会社7選

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

漫画動画を制作できる会社をお探しではないでしょうか?動画制作会社はたくさんあるので、どの会社に依頼すればよいのか迷うかもしれません。

この記事では、漫画動画に特化した動画制作会社、YouTubeなどの広告運用にも対応している漫画動画の制作会社、格安で依頼できる漫画動画の制作会社を紹介します。

漫画動画に特化した動画制作会社

漫画動画に特化した動画制作会社は以下の通りです。

  • 株式会社サイドランチ
  • 株式会社Lavan7

漫画動画の制作を依頼する場合は、動画制作に特化した制作会社に依頼することをおすすめします。漫画を動画化するには専門の知識が必要になるので、なるべく高品質の動画を作るためにも、ノウハウのある会社に依頼しましょう。

株式会社サイドランチ

株式会社サイドランチ

株式会社サイドランチは、様々なジャンルの漫画動画を制作している会社です。ビジネス向けや学生向けなどタッチの異なる漫画を制作してもらえます。

漫画動画広告以外にも、ホームページや店内サイネージ、屋外ビジョンなど色々な媒体に使用する漫画を依頼できます。

キャラクターデザインや声優のキャスティング、収録まで全行程を任せることができ、豊富な実績と経験から魅力的な動画を制作してもらえます。

費用は依頼内容によって異なるので、まずは問い合わせを行ってみてください。

他社と比べると、英語やタイ語、中国語など多言語に対応した漫画を制作できるので、海外向けにビジネスを進める場合でも活用できるでしょう。

株式会社サイドランチ
会社所在地:東京都千代田区外神田3-13-2 LIFORK秋葉原Ⅱ 3F・5F/B

株式会社Lavan7

株式会社Lavan7

株式会社Lavan7は、漫画動画制作以外にも、ホームページやアプリ制作など幅広いサービスを提供している会社です。

120名以上のマンガ家の中から好みの絵柄やタッチを選択できます。また依頼方法は「基本コース」と「丸投げコース」の2種類があり、依頼内容に応じて変えることが可能です。

基本コースは費用を抑えたい方におすすめで、カラー1ページあたり23,000円から制作できます。ただしシナリオは自社で用意しなければならないので、全て任せたい場合は、丸投げコースがおすすめです。

丸投げコースであれば、シナリオから構成まで任せることができます。漫画動画広告を制作したい場合は、丸投げコースで広告運用まで相談してみましょう。

他社と比較して、実際に制作した漫画を200件以上見てから漫画家を選ぶことができるので、依頼後のミスマッチも起きにくいです。

株式会社Lavan7
会社所在地:東京都新宿区西新宿7丁目22番地1号 上野ビル204

YouTubeなどの広告運用にも対応している漫画動画制作会社

次に、YouTubeなどの広告運用にも対応している漫画動画制作会社は以下の通りです。

  • 株式会社Union
  • 株式会社ファインズ
  • 株式会社まんがたり

漫画動画のYouTube広告での活用を考えている方は、YouTube広告運用に対応している会社に依頼しましょう。自社で広告運用を行える場合は問題ありませんが、以下の会社は漫画動画の制作から、その後の広告運用までサポートしているので、安心して任せることができます。

株式会社Union

株式会社Union

株式会社Unionは、データ解析に基づいた動画制作を強みにしており、企画から制作、広告運用まで一括で任せることができます。

漫画動画以外にも、アニメーションツールを活用したアニメ動画制作、LP用の漫画、チラシやポスター用の漫画など、用途に応じて臨機応変な対応が可能です。

YouTube広告やSNS運用にも対応しているので、漫画動画広告の運用を行いたい方に最適な制作会社です。

制作費用は、漫画動画制作1本で約10万円から依頼できます。

始めて依頼する方でも、打ち合わせ後は丸投げでOKです。豊富な実績と経験から効果的なアドバイスを受けられるので、まずは無料相談と見積もりの依頼をしてみてください。

株式会社Union
会社所在地:東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG1G

株式会社ファインズ

株式会社ファインズ

株式会社ファインズのマンガファクトリーは、漫画を活用したLPや広告漫画を制作している会社です。厳しい審査基準をクリアした優秀なマンガ家だけが対応しており、担当のディレクターが制作の全行程をサポートしています。

漫画動画広告やLP以外にも、冊子やDM用や、社内資料やSNS投稿用など、漫画を活用した様々な業務に対応しています。

過去にはNTTドコモやクオカード、大東建託と取引した実績があり、公式サイトから制作した漫画を見ることができます。

制作費用に関しては、無料の見積もり相談をしてから決めることができます。

漫画動画広告の制作だけでなく、効果的なターゲティングを行った広告運用も依頼できるので、制作後に不安がある方でも安心して任せられるでしょう。

株式会社ファインズ
会社所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-15 日本薬学会長井記念館6F

株式会社​まんがたり

株式会社​まんがたり

株式会社まんがたりは、広告用の漫画動画を企画から納品まで一括で対応している会社です。制作行程の一部分だけ依頼することも可能で、依頼内容に応じて見積もりをお願いできます。

また、漫画動画広告だけでなく、漫画と実写動画を組み合わせた制作にも対応しています。YouTube広告で活用できる漫画動画の制作実績が豊富にあるので、安心して依頼できます。

まんがたりの動画制作サービスは以下の2つのコースがあります。

  • マンガ動画のみコース
  • 映像込みコース

主にYouTubeチャンネルでの利用向けの「マンガ動画のみコース」は漫画制作のみ=11万円、漫画制作+声優=約18万円、漫画動画フルパッケージ=約27万円です。

次に、主にYouTube広告での利用向けの「映像込みコース」は、シナリオ提供を行い漫画と映像部分の動画制作=約30万円、タイトルと商材のみ提供してフルパッケージで依頼した場合=約36万円です。

他社と比較して、YouTube広告に特化した実績が豊富で、一括で依頼できることが魅力です。

株式会社まんがたり
会社所在地:東京都千代田区神田神保町1-6 神保町サンビルディング3F

格安で依頼できる漫画動画制作会社

最後に、格安で依頼できる漫画動画制作会社は以下の通りです。

  • 有限会社CRIE
  • 株式会社リチカ

漫画動画制作には大きなコストが必要です。なるべく広告運用に予算を回せるように、以下の格安で制作できる会社も参考にしてみてください。

有限会社CRIE

有限会社CRIE

有限会社CRIEのコミック堂は、漫画動画や広告に特化している制作会社です。漫画動画は8万円からと、格安で作ることができます。

漫画だけの制作では4万円から依頼できるので、動画化は自社で行える場合は更に費用を抑えて作れるでしょう。

漫画動画の制作費用には、「スタンダードタイプ」と「モーションタイプ」の2種類があり、予算や作りたい内容によってプランを選択できます。

スタンダードタイプは漫画のキャラクターに動きを加えないシンプルなタイプで、アニメーション要素はありません。モーションタイプはキャラクターに動きを加えて、アニメのような演出が可能です。

公式サイトから過去の漫画動画制作実績を確認できるので、絵柄やタッチをチェックしてみてください。

有限会社CRIE
会社所在地:東京都大田区中央8-14-12

株式会社リチカ

RICHKA STUDIO

株式会社リチカの「リチカ クラウドスタジオ」は、専門知識がなくても簡単に動画を作れるサービスです。漫画動画以外にも、動画バナーやGIF画像の制作にも対応しています。

始めて動画制作を行う方でも、プロが開発した1,400以上のフォーマットを利用できるので、高いクオリティの動画を簡単に作ることが可能です。

動画制作の工数やコストを削減でき、成果の最大化を目指せます。成果に繋がる動画を作れるか不安な場合でも、1対1の手厚いサポートを行っているので、導入企業の90%以上が満足しています。

専門性の高いクリエイティブチームによって成果が出るまでサポートするので、安心して導入できます。

「リチカ クラウドスタジオ」は他社のサービスと異なり、月額制のクラウドサービスになるので、料金はサポート体制によって変わります。

サービスによりますが、契約中は制作本数に制限はなく、何本でも作り放題です。まずは以下の公式サイトから無料相談を行ってみてください。

株式会社リチカ(リチカ クラウドスタジオ
会社所在地:東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル3F

まとめ

今回は漫画動画制作会社を7社紹介しました。漫画動画を制作するには、マンガ家や声優、動画編集者に依頼する必要があり、自社で企画から依頼まで行うのはハードルが高いです。

漫画動画の作り方|広告で活用した事例も紹介

紹介した漫画動画制作会社に依頼すれば、目的やイメージを伝えるだけで、制作の全行程を任せることができます。

漫画動画制作に特化している会社、YouTube広告運用に特化している会社、格安で制作できる会社など、制作会社によって特徴が異なるので、予算や達成したい目標を元に依頼先を考えてみてください。

失敗しない!動画・映像制作会社の選び方とおすすめ比較10選

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア