marketing

2021年06月10日(公開: 2017年10月25日)

Twitter広告のプロモツイートとは?やり方や料金も解説

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

プロモツイートはTwitter広告の中でも代表的な広告であり、目的に合わせて広告のタイプを変更することができます。

この記事では、プロモツイートの特徴や費用、効果的に運用する方法を解説しています。

プロモツイートとは

プロモツイートとは、商品やサービスのプロモーションを目的として、Twitterのユーザーにリーチでき、情報の拡散も期待できる広告です。3種類あるTwitter広告のひとつであり、他にはプロモトレンド・プロモアカウントがあります。

Twitterのタイムラインや検索画面に自然な形で表示できるため、幅広いターゲットにリーチできます。複数の配信形式を利用することで、広告主の目的に合わせて使い分けることが可能です。

プロモツイートには「プロモーション」と表示されますが、これ以外は通常のツイートと同じで、リツイートや返信、いいねが行えます。

プロモツイートの始め方は以下の通りです。

  1. 広告アカウントの設定
  2. キャンペーンの作成
  3. ターゲットを指定
  4. 予算を設定
  5. クリエイティブを設定

Twitter広告にはプロモツイート以外にもプロモトレンドやプロモアカウントなどの配信方法がありますが、最も多く活用されているのがプロモツイートになります。

プロモツイートの特徴や様々な配信形式について解説していくので、参考にしてください。

プロモツイートで利用できるクリエイティブ

プロモツイートで利用できるのはテキストだけではありません。以下のようなさまざまなクリエイティブが利用できます。

  • 画像付ツイート
  • 動画付ツイート
  • プロモビデオ
  • ビデオウェブサイトカード
  • イメージウェブサイトカード
  • イメージアプリカード
  • ビデオアプリカード
  • カンバセーショナル広告

Twitter広告で利用できるクリエイティブや画像・動画のサイズについては、下記の記事で詳しく解説しています。

Twitter広告のクリエイティブで利用できる画像・動画のサイズ

プロモツイートの特徴

投稿のタイムラインに表示させることができる

プロモツイートの1番の特徴としては投稿のタイムラインに表示させることができる点です。

タイムラインに表示されるプロモツイートには左下にプロモーションの表記がある以外は、通常の投稿と何も変わらず配信することができるので、ユーザーに広告感を与えずに、自然に見てもらうことが可能です。

ターゲティングをしっかりと設定して、ユーザーの興味関心がある内容で広告を配信することができれば、プロモツイートへの反応率を高めて、スルーされない広告運用を行うことができるでしょう。

商品やサービスに合わせて最適な配信形式を選ぶことができる

プロモツイートは、目的に合わせて最適な配信形式を選択できます。この方法では以下の配信形式を使い分けることが可能です。

  • 画像・動画付きツイート
  • ウェブサイトカード
  • アプリカード

通常の投稿と同じようにタイムライン上に表示できるプロモツイートでは、140字までのテキストと画像や動画を組み合わせて配信することができます。この方法では画像や動画を活用して、視聴者の注目を集めることで情報を伝えやすくなります。

また、画像や動画以外にもTwitterカードという機能を利用することで、更に利便性を向上させ、内容を見てもらえるようになります。WEBサイトに誘導する際に活用する方法とアプリのインストールを促す方法の2種類があります。

どちらも視聴者が反応しやすいように全画面表示ができたり、誘導ボタンを掲載することができる特徴があるので、上記の目的がある場合に活用するのをおすすめします。

この方法は拡散性が非常に高く、2次拡散にコストがかかりません。絞り込みを正確に行い、視聴者の興味関心がある内容で配信することができれば、費用対効果を高めた運用を行うことができるでしょう。

プロモツイートの費用

プロモツイートの費用はオークション形式で、設定した入札額によって決まります。

設定したターゲットに広告を配信したい競合とオークションすることになるので、購入する見込みが高いターゲットは入札単価が高額になる可能性があります。

入札方法は自動入札・上限入札単価・目標入札単価の3種類から選択することができ、広告予算に合わせて入札額を設定することができます。

自動入札

自動入札ではターゲットに合わせた最適な入札額を自動で判断してくれるので、初めてTwitter広告を活用するという方は、入札額を決める必要がないのでおすすめです。

上限入札単価

上限入札単価は、入札額の上限を設定することができ、入札額の範囲で広告を配信することができます。予算を超えないで運用したい方は、上限入札単価で入札額を決めておくようにしましょう。

目標入札単価

目標入札単価はエンゲージメントを獲得した場合の入札額を設定することができ、エンゲージメント獲得にいくらまで出すことができるかを把握している方におすすめです。

費用の発生タイミング

プロモツイートを活用した場合の目的別発生タイミングは以下の通りです。

  • 認知度向上=インプレッション数が1000回を超えた時、動画の画面割合に応じて〜秒以上再生された時、いいねやリツイートなどの反応があった時
  • WEBサイトへの誘導=広告がクリックされた時、リンク先で設定したアクションが行われた時
  • アプリのインストールまたはアクション=アプリがインストールされた時、アプリ内で設定したアクションが発生した時

プロモツイートのキャンペーン

プロモツイートで選択することができるキャンペーンについて紹介していきます。

広告キャンペーンで目的を選択する際に、間違って選んでしまうと成果を出すことができないので、以下のキャンペーンの違いについて把握して、Twitter広告を活用する目的を正しく選べるようにしましょう。

  • ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン
  • ツイートのエンゲージメント
  • アプリのインストール数または起動回数
  • 見込み顧客
  • 動画の再生数

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンは、誘導したいWEBサイトを設定し、リンクがクリックされた場合に費用が発生します。

WEBサイトの誘導ではTwitterカードを活用することができ、画像ウェブサイトカードもしくは動画ウェブサイトカードの2種類があります。

WEBサイトの誘導に繋がる画像や動画を掲載し、ユーザーがリンクをクリックすることで、WEBサイトを全画面で表示させることができます。

ユーザーにスルーされずに注目を集める為にも、Twitterカードを効果的に活用することが大切です。

商品やサービスをランディングページから販売する場合は、商品画像やサービスイメージ動画などを使って、誘導するようにしましょう。

ツイートのエンゲージメント

ツイートのエンゲージメントは、プロモツイートにユーザーいいねやリツイート、コメントなどの反応があった場合に費用が発生します。

商品やサービスの認知度向上やキャンペーン情報の公開などに活用する場合が多いです。

Twitter広告は2次拡散では費用が発生しないので、拡散されるような内容の広告を配信して、費用対効果の高い運用を行いましょう。

アプリのインストール数または起動回数

アプリのインストール数または起動回数では、Twitterカードを活用して、ユーザーにアプリをインストールしてもらうか、既にインストール済みのユーザーにアプリを起動してもらうことで費用が発生します。

画像アプリカードまたは動画アプリカードを活用することで、アプリ内容を掲載しながらインストールを促すことが可能です。

アプリカードでは広告内にインストールボタンが掲載されるので、ユーザーの利便性を損ねることもありません。

見込み顧客

Twitter広告では広告に反応したことがある見込み客に絞って広告を配信することが可能です。

1度広告を配信して、獲得することができなかったユーザーに再度アプローチすることができるので、成果を上げやすくなります。

反対に反応があったユーザーを除外して配信することもできます。

魅力的なオファーを行っても反応が得られなかったユーザーは見込み客ではないかもしれないので、無駄な広告費をかけないように除外することで、精度を高めることが可能です。

動画の再生数

動画を活用したプロモツイートで、動画の再生数によって費用が発生します。

動画3秒以上再生された場合や動画が画面全体に表示された場合など、いくつか条件があります。

動画を活用した場合は、ユーザーにしっかりと見てもらえない限り費用は発生しないので、見られる動画を意識して広告を作成するのが大切です。

有名人をプロモツイートに起用する場合について

Twitter広告などのSNS広告では有名人を起用したプロモーションが効果的です。

拡散力の強い有名人をインフルエンサーと呼び、インフルエンサーマーケティングを活用することができれば、広告費用を注ぎ込むよりも高い成果を上げることができる可能性があります。

インフルエンサーを起用した場合のメリットと、注意点について解説していきます。

第三者広告とは

第三者広告とは、名前の通り第三者が投稿したツイートを広告として活用することを言います。

第三者広告を利用する方法としては、あなたの商品やサービスと関連性の高いインフルエンサーに依頼を行い、PRツイートを行ってもらいます。

その時点で成果を上げることができますが、更に広告として再利用することで、拡散にブーストをかけることが可能です。

通常の広告ではユーザーに嫌煙されてしまうことも多いですが、第三者としてユーザーに信頼されているインフルエンサーを間に挟むことで、広告感を抑えた販促を行うことができます。

第三者広告を活用すると、通常の広告よりもクリック率の向上、拡散数の向上が期待できます。

有名人をプロモツイートに起用するメリット

有名人をプロモツイートに起用するメリットは、ユーザーとの結びつきが強いことです。

基本的にTwitterを利用しているユーザーは広告アカウントを嫌う傾向にあり、公式のある投稿は拡散される可能性も低くなります。

そこで有名人やインフルエンサーを起用して配信することで、拡散されやすく信頼感のある広告にすることができます。

インフルエンサーを起用する場合は、フォロワー数や商材との親和性によって費用が変わります。

通常の広告費用と比べてかなり高額になる場合が多いですが、結果的には費用対効果が高くなる可能性も高いので、積極的に活用するのがおすすめです。

有名人をプロモツイートに起用する場合の注意点
有名人をプロモツイートに起用する際の注意点は、商品やサービスと親和性の高いインフルエンサーに依頼することです。

インフルエンサー側も広告案件の選択には注意しているはずですが、広告主側も充分注意して選択するようにしましょう。

また、起用するインフルエンサーを探す場合は、フォロワー数だけに注目するのではなく、投稿の拡散性やユーザーの質など、エンゲージメント率の高いインフルエンサーを選ぶのがおすすめです。

まとめ

今回はプロモツイートの特徴や有名人を起用した効果的な運用方法について解説しました。

プロモツイートは、Twitter広告を運用する目的に合わせて色々なアプローチができる広告です。

Twitter広告について詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

Twitter広告とは?種類や効果、費用などを解説

SNS広告は動画活用が成功の鍵!?SNS広告運用成功事例集はこちら

このような悩みはありませんか?

  • ・適切なターゲットユーザーにアプローチをかけたい・・・

    ・低コストで広告を運用したい・・・

    ・自社サービスや商品の認知力を上げたい・・・




  • 上記の悩みを解決するなら、SNS広告を利用すると良いでしょう。

    『情報過多』と言われる現在、SNSを利用する国内ユーザーも数千万人規模になっています。

    さらには、5G時代も到来し動画を視聴するユーザーが増えてきたことから、SNS広告に動画を活用することがより重要になってきました。



    SNS広告に動画を活用するメリットは以下のとおり。



  • ・テキストに比べて、商品の魅力を伝えやすい

    ・短時間で多くの情報を伝えられる

    ・静止画に比べて、印象に残りやすい




  • SNS動画広告の一例です。





    旅行サービスのSNS動画広告になりますが、28秒という動画で、京都や沖縄など各地の特徴や美味しい食べ物をイメージさせています。

    実際にテキストや写真だけで28秒で魅力を伝えるのはとても難しく、動画であれば簡単にPRできることが分かるかと思います。

    それでは、SNS広告に動画を活用して、自社や商品・サービスのブランディング・売り上げを伸ばした事例を紹介します。



    SNS広告運用成功事例集は下記のボタンをクリック


    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア