ビュースルーコンバージョンとは

marketing

2019年12月05日(公開: 2017年10月29日)

ビュースルーコンバージョンとは?

ビュースルーコンバージョンとCVとの違い

ビュースルーコンバージョン(View Through Conversion)とは、バナー広告や動画広告に接触した際にクリックせずに、一定期間以内に別のルートでコンバージョンページまたはコンバージョンした数を指します。ポストインプレッション(Post Impression)やビュースルー率(View Through Rate)とも呼ばれます。

ユーザは広告を見たときにクリックしなくても、後から検索したり、ブックマークからサイトを訪れたりしてコンバージョンすることがあります。コンバージョンの数だけでは、広告主のゴールであるコンバージョンへの広告貢献が正しく計測できていません。そこで、ビュースルーコンバージョンという指標が必要とされています。

特に動画広告は、バナー広告などに比べて視覚的に引きつけるものがあるため記憶に残すことができ、その場でクリックせずともコンバージョンに貢献している可能性がありますので、ビュースルーコンバージョンで計測すると広告効果が計測できるでしょう。

この記事をシェア