Premiere Proで動画に音声を入れるには?音量調整や音声効果も紹介!

marketing

2021年02月09日(公開: 2021年02月09日)

Premiere
Proで動画に音声を入れるには?音量調整や音声効果も紹介!

Adobe社から提供されている「Premiere Pro」は、短い動画から長編映画の製作まで幅広く対応した中級~上級者向けの動画編集ソフトです。ユーチューバーにも大人気のソフトですが、ここでは、「Premiere Pro」の特徴や音声を入れる方法と調整、効果音の使い方などを紹介します。

Premiere Proとは

とは

Adobe社が提供している有料の動画編集ソフトで、非常に高度な機能が搭載されていることから、多くのYouTuberや動画製作者の方に利用されています。Adobeは写真加工ソフトのPhotoshopや、映画で使われているような高度なVFX編集が行えるAfterEffectも提供しているクリエイター向けソフトを提供しています。

有料の動画編集ソフトでは最も多くの方に利用されており、インターネットやYouTubeで操作方法を検索すれば多くの情報を得ることができます。実際に動画編集の仕事の現場でも使用されているので、これから動画編集を仕事にしたい方にもおすすめできます。

MacとWindowsどちらのOSでも使用できるので、複数人で動画プロジェクトを管理することも可能です。

中級~上級者向けの高機能ソフト

ソフト

初心者向けというよりも中級者〜上級者向けの高性能ソフトです。できることが非常に多いので、他のソフトでは行えない編集をPremiere Proひとつで行うことができます。

もちろん基本的な編集だけを行うこともできますが、せっかくこのソフトを使用するのであれば、色々な機能の使い方を覚えて中級者上級者へとステップアップしていくのがおすすめの使い方です。

Adobeの他アプリと連携自由

自由

高度なVFX編集を行えるAfterEffectなど他のソフトと連携を行うことができます。連携を行うことでソフトを使用しながら動画プロジェクトを共有して編集することができ、一部分だけAfterEffectで編集することなどが可能です。

スマートフォンで動画編集を行えるPremiere Rushと連携させれば、外出中でも編集を進めることができ、仕上げだけパソコンで行うこともできるでしょう。

VR動画の編集も!多彩な動画編集機能

機能

頻繁に機能のアップデートを行っており、常に最新の編集技術を使うことが可能です。最新バージョンではVR動画の編集も行うことができます。

今後も色々な機能がアップデートしていくので、契約している方はソフトを買い換える必要がありません。

「単体プラン」か「コンプリートプラン」を選択。無料体験版あり

体験版あり

「出典:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

料金プランは単体プランもしくはコンプリートプランから選ぶことができ、どちらも無料体験版から使い始めることができます。

まず単体プランはPremiere Proだけを利用できるプランで、月額2480円〜で使用できます。有料の動画編集ソフトの中では比較的低価格なので、予算の少ない方でも利用しやすいでしょう。

次にコンプリートプランはPhotoshopやAfterEffectなど様々なソフトも利用することができます。解説した通り他のソフトと連携することで機能を使いやすくなるので、クオリティの高い動画制作を行いたい方はコンプリートプランがおすすめです。

Premiere Proの基本的な使い方と編集の準備

基本的な使い方と編集の準備方法を解説します。動画制作を始める際は必ず以下で解説する手順で新規プロジェクトを立ち上げてから編集をスタートさせます。

毎回行う流れなので覚えてしまいましょう。

押さえておくべき画面構成と機能

機能

まずはソフトを利用する上で押さえておくべき画面構成と機能を解説します。画面構成を把握することで効率良く操作できるようになるので、以下の画像を参考に配置と名前を覚えてください。

  1. ソースモニター=Premiere Proに読み込んだ素材の再生や編集が可能
  2. ツールパネル=動画編集に使用する各種ツールが表示されています。
  3. プロジェクトパネル=Premiere Proで使用する動画や静止画、音声などの素材が表示されます。
  4. プログラムモニター=制作している動画が表示されます。
  5. タイムラインパネル=動画素材を配置して編集を行う作業場所です。
  6. メニューバー=メニューバーのウィンドウというメニューをクリックすると各種パネルの表示・非表示を変更可能です。

この配置はデフォルト状態の画面構成ですが、後で変更することはできるので、自由にカスタマイズしてみてください。

  • ソフトを起動
  • シーケンスの作成
  • 動画素材の読み込み

1.Premiere Proを起動

まずはソフトを起動します。ソフトをインストールしたフォルダからクリックして起動するか、Macの方はdockにソフトを配置しておくことで起動しやすくなります。

①Premiere Proを起動

起動

起動すると「新規プロジェクトを作成」か「プロジェクトを開く」が選択できるので、始めて使用する場合は「新規プロジェクトを作成」をクリックします。

②名前を付けて保存

保存

「新規プロジェクトを作成」を選択すると新規プロジェクトの詳細設定画面が表示されます。表示形式やキャプチャ設定を行うことができますが、ここではプロジェクトの名前だけ設定して保存します。プロジェクトの名前は管理しやすい名前にしておきましょう。

2.シーケンスの作成

新規プロジェクトを作成したら、シーケンスの作成を行います。シーケンスでは制作する動画のフレームレートや画面サイズを設定することができます。何も設定しない場合は最初にタイムラインに配置した素材の動画形式が自動で適用されるので、変更しなくても問題ありません。

①メニューバーの「ファイル」から「新規」>「シーケンス」を選択

選択

画面上部の「ファイル」から「新規」→「シーケンス」を選択して新規シーケンスを立ち上げます。ショートカットキーで簡単に開くこともでき、Macの方は「⌘+N」、Windowsの方は「Ctrl+N」です。

②形式とサイズの設定

設定

シーケンスを開いたら以下の4項目を設定できます。

  • プリセット
  • 設定
  • トラック
  • VRビデオ

初めて設定を行う方は細かく設定するのが難しいと思うので、ソフトにあらかじめ設定されているプリセットを活用して設定してください。

3.動画素材の読み込み

最後に編集したい動画素材を読み込んでタイムライン上に素材を配置します。一つの動画プロジェクトで活用する素材は管理しやすいように、一つのフォルダにまとめておくと管理しやすいのでおすすめです。

①Premiere Proに素材を読み込む

読み込む

素材を読み込むには画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択して、読み込みたい素材を開きます。正常に読み込まれている場合はプロジェクトパネルに素材が表示されているはずです。対応していない形式の素材や破損していて再生できない素材は読み込むことができません。

ショートカットキーで読み込む場合は、Macの方は「⌘+I」、Windowsの方は「Ctrl+I」です。

②シーケンス上に素材を配置

配置

素材を全て読み込んだら、タイムライン上に素材を配置します。素材はプロジェクトパネルからドラック&ドロップで簡単に配置することが可能です。まとめて配置させることもでき、その場合はMacの方は⌘、Windowsの方はCtrlを押しながら素材を選択することで、複数選択できまとめて追加できるようになります。

Premiere Proで音声を追加するには?

音声を追加するには以下の手順で行います。

  1. 追加する音を読み込む
  2. シーケンスにオーディオを追加する
  3. トラックのボリュームを調節する

1.追加する音を読み込む

読み込む

まずは追加する音を動画素材を読み込む時と同様に画面上部の「ファイル」から「読み込み」を選択してオーディオファイルを開きます。そして画面上部の項目から「オーディオ」を選択するか「ウィンドウ」から「ワークスペース」→「オーディオ」を選択してオーディオワークスペースを開きます。

2.シーケンスにオーディオを追加する

追加する

音声も動画素材と同様にプロジェクトパネルに追加されるので、タイムラインにオーディオ素材をドラック&ドロップで追加します。オーディオ素材は映像素材の下に配置します。

3.トラックのボリュームを調整する

調整する

トラックのボリュームを調節するには、タイムラインのクリップ上でオーディオレベルを上下するか、エフェクトコントロールパネルのボリュームレベルを調節します。

調整する

Premiere Proで音声にエフェクトをかける

無料で利用できるオーディオエフェクトがたくさん搭載されているので、よく使用されるエフェクトを紹介します。エフェクトを適用させることで、音声素材に雑音が混じっていてもクリアな音声に変化させることが可能です。

音声にエフェクトをかける方法

音声にエフェクトをかけるには以下の方法で行います。

  1. オーディオエフェクトを探す
  2. オーディオエフェクトを適用する
  3. ダブルクリックしてエフェクトを適用する
  4. エフェクトコントロールパネルで設定を調節する
  5. 高度なエフェクトの設定を活用する
  6. エフェクトを削除する

1.オーディオエフェクトを探す

探す

オーディオエフェクトはエフェクトパネルから探すことができ、検索窓に適用させたいエフェクト名を入力すればすぐに探すことが可能です。パネルを表示させていない方は、画面上部のウィンドウからエフェクトにチェックを入れておきましょう。

2.オーディオエフェクトを適用する

適用する

オーディオエフェクトを適用するには、エフェクトパネルから適用させたいエフェクトを素材上にドラック&ドロップで追加します。正常に追加されている場合は素材のエフェクトバッジが点灯するので確認してください。

3.ダブルクリックしてエフェクトを適用する

ドラック&ドロップで追加する方法以外にも、追加したいクリップを選択した状態で、エフェクトをダブルクリックすることで適用させることも可能です。この場合もエフェクトバッジの点灯を確認してください。

4.エフェクトコントロールパネルで設定を調整する

調整する

エフェクトの効果を調整するにはエフェクトコントロールパネルで行います。適用させたエフェクト効果によって調節できる項目は異なるので、それぞれ確認してください。

5.高度なエフェクトの設定を活用する

活用する

追加したエフェクト効果によっても異なりますが、エフェクトコントロールパネルでエフェクトの編集をクリックすることで、高度な設定を行うことができます。Premiere ProではAudio CCと同様の高度な設定を行うことが可能です。

6.エフェクトを削除する

削除するには、エフェクトコントロールパネルでエフェクトを選択した状態で、backspaceまたはdeleteを押します。

Premiere Proでよく使うエフェクト

よく使うエフェクトは以下の通りです。利用頻度も高いので、使い方を把握しておきましょう。

  •  フェードイン・フェードアウト
  • ダイナミックで音声やBGMの最大値を決める
  • クロマノイズ除去で雑音を消す
  • DeEsser(ディエッサー)で破裂音を消す
  • リバーブ除去で反響音を抑える

フェードイン・フェードアウト

アウト

フェードイン・フェードアウトを適用させれば、ボリュームを自然に調節することができます。エフェクトパネルから指数フェードを検索してフェードイン・アウトを設定したい箇所にドラック&ドロップします。

ダイナミックで音声やBGMの最大値を決める

決める

ダイナミックを適用させれば音声やBGMの最大値を設定しておくことができ、急に大きな音が発生した場合でも音量を抑えることができます。

エフェクトを適用させてリミッターをオンにして、設定はしきい値を-6dB、リリース50msを基準に設定すると聞きやすく設定できます。BGMの場合はしきい値を-20dB〜-25dB程度がおすすめです。

クロマノイズ除去で雑音を消す

消す

クロマノイズ除去を適用させれば音声に含まれている雑音を消すことができます。除去効果の強さも自由に変えることができ、強く適用させすぎると声色が変わってしまうので注意が必要です。

DeEsser(ディエッサー)で破裂音を消す

消す

DeEsser(ディエッサー)はサ行の歯擦音や破裂音を除去できることができるエフェクトで、細かい設定いらずで使用できます。

リバーブ除去で反響音を抑える

抑える

反響音が強い音声ではリバーブ除去を適用させることで取り除くことができます。簡単に反響音を抑えることができるので、軽く適用させてみてください。

より効果的に音声を編集するならエッセンシャルサウンドを利用

より効果的に音声を編集するならエッセンシャルサウンドの利用がおすすめです。通常の音声編集でもエフェクトを適用させることで色々な編集が可能ですが、エッセンシャルサウンドの方が直感的に操作できます。

エッセンシャルサウンドとは?

とは?

エッセンシャルサウンドではプリセットを利用して、直感的に分かりやすく高度な音声編集を行うことができます。エフェクトを複数適用させた場合でもパラメーターの調節を同時に行うことができるので、音にこだわった動画制作をしたい方はエッセンシャルサウンドをぜひ活用してみてください。

まとめ

今回は高度な動画制作を行うことができる有料の動画編集ソフトPremiere Proの特徴と基本的な使い方、音声の追加方法を解説しました。

Premiere Proを利用すれば高度な音声編集を行うことができ、オーディオエフェクトも自由自在に適用させることができます。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア