Free Video Editor 使い方

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年03月10日)

Free
Video
Editorの特徴は?動画カットに特化した初心者向けソフトの使い方を紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

動画カットに適したFree Video Editorは、初心者でも使いやすいWindows対応の動画編集ソフトですが、どのような機能や特徴があるのでしょうか。
ここでは、Free Video Editorの魅力を詳しく解説します。

Free Video Editorとは

Free Video Editor 使い方

数ある動画編集ソフトの中で、Free Video Editor(フリービデオエディター)とはどんな機能を持ち、どんな人に向いているのかをご紹介致します。
主な特徴としては以下の通りです。

  • 初心者用の動画カットに特化したフリーソフト
  • Windows用で多彩な形式に対応

それぞれ詳しく見ていきましょう。

初心者用の動画カットに特化したフリーソフト

Free Video Editor 使い方

Free Video Editor は、初心者用に特化したフリーソフトです。
できることが一目瞭然で、Windowsの他iOSにも対応しています。
機能面がとてもシンプルで、初心者の方や動画編集が初めてといった方にもすぐに使いこなせるようになるでしょう。 逆を言えば、凝った編集やオリジナティ溢れる動画を作りたいといった方には不向きです。

Windows用で多彩な形式に対応

Free Video Editor 使い方

Free Video Editor は、AVI、MPEG、SWF、MOV、H.264、WMVなどさまざまなフォーマットに対応しています。

対応していないフォーマットは、 Full Video Converterや4Free Video Converterなどで、対応形式に変換してから利用するようにしましょう。

Free Video Editorのダウンロード方法

Free Video Editor 使い方

Free Video Editorのダウンロード方法をご紹介します。

日本語で簡単にダウンロード・インストールができる

Free Video Editor 使い方

Free Video Editorは、日本語で簡単にインストールができます。

ダウンロードするには以下の手順で行います。

  • ダウンロードボタンをクリック
  • 「ファイルを保存」をクリック
  • ダウンロード完了後にインストールへ

具体的なダウンロード・インストール方法は下記の記事で紹介しています。

Free Video Editorで動画をカットする方法

Free Video Editor 使い方

Free Video Editorで動画をカットする方法をご紹介します。

カット・結合・保存も簡単にできる

Free Video Editor 使い方

Free Video Editorを利用すれば、カット・結合・保存も簡単にできます。

カットとは、動画の不要な部分を取り除く機能のことで、主に開始・終了位置を指定して行います。 結合とは、動画を繋ぎ合わせる機能のことです。

動画制作においては、カットや結合を繰り返して、自分好みの動画を作り上げていきます。

カット・結合・保存のやり方については、下記の記事で紹介しています。

Free Video Editorでエラーが出た場合の対処法

Free Video Editor 使い方

Free Video Editorでエラーが出た場合の対処法をご紹介します。本項を読むことで、よくあるエラーの対処法を理解することができます。そのため、実際にエラーが起きても冷静に対処することが可能です。

エラーを出さないことも心がける

Free Video Editor 使い方

まずは、エラーが出さないことを心掛けましょう。エラーの多くは、自分に原因があることが多いです。例えばパソコンの要求スペックが満たされていなかった場合は、頻繁にエラーやフリーズなどが起こるでしょう。また、操作方法が不明瞭なままソフトを動かしてしまうと、バグの原因にもなります。

そのため、まずはエラーが出さないように、要求スペックの確認や、使い方などを理解することも重要です。

よくある エラーの対処法にについては、下記の記事で紹介しています。

まとめ

今回はFree Video Editorの特徴やソフトの使い方を紹介させて頂きました。
Free Video Editor は初心者向けで、できることが限られてはいますが扱いやすいソフトです。動画編集が初めての方でもすぐに使いこなせるようになるでしょう。

本記事をよく読んで、Free Video Editorの特徴を深く理解して頂ければ幸いです。

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア