marketing

2019.05.20

Twitter広告ビデオウェブサイトカードの活用方法

Twitterの広告フォーマットとして2017年より取り入れられるようになった「ビデオウェブサイトカード」は、動画広告から誘導したいサイトへの流動やリーチ量の獲得などメリットが多くなっています。 動画広告市場が急上昇している中で、Twitterのビデオウェブサイトカードはより注目が高まっています。 そこで、今回はTwitterのビデオウェブサイトカードの活用方法について詳しく解説していきます。

ビデオウェブサイトカードの特徴やメリット

そもそも、Twitter広告のフォーマットであるビデオウェブサイトカードとはどういったフォーマットになるのでしょうか? ユーザー数の多いTwitterでは広告効果が期待できるため、動画広告も多数の企業が参入しています。 プロモツイートやプロモアカウントなどの種類がありますが。ビデオウェブサイトカードはどのよう特徴のある広告なのでしょうか?

ウェブサイトカードとは

まずは、ウェブサイトカードという機能について理解していきましょう。 ウェブサイトカードとは、ツイート内にサイトのコンテンツを表示し、ユーザーをサイトへと誘導することができる機能になります。 Twitterにはイメージウェブサイトカードとビデオウェブサイトカードの2種類があり、画像か動画かの違いになります。

ビデオウェブサイトカードとは

Twitterにおける動画広告のフォーマットの1種類となり、自動再生される動画広告の下にヘッドライン文章や遷移先のURLが含まれるカード型式の広告です。 つまり、広告として投稿されたツイート動画広告にウェブサイトを同時に表示させることができるのです。 従来の動画広告であれば、動画を再生するのと別のウィンドウでウェブページの読み込みが開始される仕様になっていたため、ユーザーの離脱が問題でした。 しかし、ビデオウェブサイトカードでは動画再生とウェブサイトの読み込みが同時に行われるため、ユーザーが離脱することを大幅に軽減させられるというメリットがあります。

ビデオウェブサイトを活用する方法

ビデオウェブサイトカードは、Twitterの動画広告において効果的にウェブサイトやキャンペーンに誘導できるフォーマットです。 ビデオウェブサイトを活用することでどういった成果を得られるのでようか? 活用方法のポイントを見ていきましょう。

ブランドストーリーを伝える

ビデオウェブサイトカードでは、自動再生動画によってユーザーの視線を引きながらブランドストーリーを伝えることが大切です。 これにより、ユーザーはブランドや商品への理解を事前に深めることができ、そこからウェブサイトへの訪問へと繋げることができるのです。 Twitter社が実施したベータテストでは、一般的なモバイル向け動画広告と比べると2倍のクリック率を達成ることができたという結果が出ています。 そのため、ブランドストーリーを伝えることができれば、ユーザーのエンゲージメント獲得に大きく期待できます。

会話の継続を意識する

動画の再生が終わった後にもブランドエンゲージメントを維持するために、ビデオウェブサイトカードはウェブサイトに誘導しやすいフォーマットになっています。 ユーザーにもっと知りたいと思わせてウェブサイトへと誘導することができるのです。 そのためにも、商品やブランドの特徴を紹介するだけではなく、ユーザーが興味をひくようなエピソードを作成するべきでしょう。 そうすれば、気になったユーザーが専用のランディングページに誘導されやすくなります。

詳細を最適化する

ビデオウェブサイトカードでは、目的に合わせて金額やキャンペーンを最適化することができます。 キャンペーンの目的は、動画視聴数やリンククリック数、インプレッション、エンゲージメントなどが挙げられます。 予算や課金ポイントなどの詳細も最適化して、より効果的に広告を出稿しましょう。

ビデオウェブサイトカードの出稿にあたって

ビデオウェブサイトカードを出稿するにあたり、準備するものは使用する動画だけです。 ただし、利用できるサイズや形式などは決まっているので、事前に知っておきましょう。

ビデオウェブサイトカードで使用できる動画サイズ

ビデオウェブサイトカードにおいて使用できる動画の規定は以下となります。

・ファイル形式  MP4またはMOV
・ファイルサイズ  100MBまで
・動画の長さ  最長140秒
・ビデオコーデック  H.264(推奨)
・オーディオコーデック  AAC LC、ステレオ(推奨)
・アスペクト比  16:9もしくは1:1
・フレームレート  29.97FPSまたは30FPS
・ビットレート  5000K-6000K

また、サムネイル画像サイズは横800ピクセル×縦320ピクセル以上のサイズがなければ画像を使用することができず、ツイート文字数は140文字以内という推奨事項もあります。

出稿方法

Twitterにてビデオウェブサイトカードを出稿するには、広告マネージャー画面から出稿が可能です。 「クリエイティブ」をクリックして、「カード」を選択するとカードライブラリの画面が表示されます。 その画面右上に表示される「カードを作成」をクリックすれば、「ビデオウェブサイトカード」の出稿ページに辿り着くことができます。 後はガイドに沿って入力やクリックを進めるだけなので、比較的簡単に出稿することができます。

まとめ

Twitterは今では「つぶやく」だけではなく、動画広告の市場に含まれています。 日本国内で多くの人が日常的に利用する媒体だからこそ、有効活用して成果を上げることが期待できます。 新たな動画広告のフォーマットとして、ビデオウェブサイトカードを是非利用してみてください。

参照:ビデオウェブサイトカードを活用する3つの方法

この記事をシェア