FilmoraPro 分割

marketing

2021年02月10日(公開: 2021年02月10日)

FilmoraProで動画をカットする方法は?そのほかの編集機能も一挙紹介!

プロ並みの動画を簡単に作ることができると評判の「FilmoraPro」は、どのような機能や特徴があるのでしょうか。

ここでは、「FilmoraPro」で動画をカットする方法を詳しく説明します。

FilmoraProとは

「FilmoraPro(フィモーラプロ)」は、Wondershare社が提供している動画編集ソフトです。

FilmoraProは、編集、モーショングラフィック、エフェクト、色調補正ツールなど、高度なツールを搭載した本格的ビデオ編集ソフトです。パワフルな機能と、操作しやすいインターフェースが特徴です。

filmoraXの進化版。中~上級者向けの高機能動画編集ソフト

「FilmoraPro」は、2019年5月末から販売開始され、Windows・Macの両方に対応しており、無料で利用できます。

有料版では、ライフタイムプラン(買い切りタイプ)と1年間プラン(自動更新タイプ )が用意されており、長く使用したい場合は、ライフタイムプランがおすすめです。

無料で利用する場合は、動画を出力する際にウォーターマークが付きます。

※画像は、2021年2月時点での料金

filmoraXとの違い

Wondershare社が提供している動画編集ソフトには、「FilmoraPro」の他に「Filmora X」があります。

Filmora Xは、完全初心者向けに設計され動画編集ソフトであり、直感的なインターフェースでシンプルプロ級の動画編集が可能です。

一方、FilmoraProは、映像プロ向けに設計されて作られた動画編集ソフトです。

Filmora Xよりも高度なエフェクト機能やタイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などの機能が使えるため、細かいカスタマイズやこだわりを的確に実現させるためにデザインすることができます。

FilmoraProで動画をカットする前の準備

FilmoraProで動画をカットする前の準備

FilmoraProで動画をカットする為に使用する動画ファイルをアップロードして準備する必要があります。

準備の手順は以下の通りです。

  1. 編集プロジェクトを作る
  2. 動画ファイルを読み込む
  3. 動画ファイルをタイムラインに挿入

順に見ていきましょう。

1.編集プロジェクトを作る

編集プロジェクトを作る

まずは、FilimoraProを起動し「新しいプロジェクト」を作成しましょう。

既に作成してあるプロジェクトを編集したい場合は「プロジェクトを開く」から編集したいプロジェクトを選択することも可能です。

FilimoraProの編集画面は自分が使いやすいようにパネルの配置を変更することができます。

パネルを変更することで、使いやすくなり作業効率が向上します。下の画像は初期配置です。

パネル

例えば、ビューアー画面と動画や音声素材を挿入するタイムラインを大きく表示したい場合は、メーターとオーディオミキサーのパネルを移動し、左に寄せることで大きく見やすくすることができました。

パネル

パネルの配置については、どのような配置でも問題ありませんので、自分が編集しやすいように変えてみてください。

2.動画ファイルを読み込む

動画ファイルの読み込み

続いて、動画ファイルをFilimoraProにアップロードしていきます。

アップロードする方法は2通りあります。

1つ目は、メディアパネルにある「インポート」をクリックして、アップロードしたい動画ファイルを選択するか、2つ目は、動画素材をメディアパネルにそのままドラッグ&ドロップで追加する方法です。

アップロードが完了すると、メディアパネルに動画ファイルが表示されていることが確認できます。

3.動画ファイルをタイムラインに挿入

動画ファイルをタイムラインに挿入

最後にアップロードした動画ファイルをタイムラインに挿入していきます。

タイムラインとは、エディタパネルにある動画・音声ファイルを編集するための場所です。

まずは、メディアパネルにある動画ファイルをドラッグ&ドロップでエディタパネルのタイムライン上に挿入します。

挿入すると「編集シーケンスの設定が、追加しているこのクリップとは異なります。編集シーケンスの設定をクリップと一致するように変更しますか?」と表示されるので「はい」を選択します。

”編集シーケンスの設定”とは、動画ファイルのデータに合わせて編集設定を自動で行う機能のことを指します。

これでタイムライン上に動画ファイルが反映されます。もし、動画ファイルの長さが短く、クリップが小さい場合は、左下にあるつまみを左右に動かすことでタイムラインの縮小・拡大が可能です。

タイムラインの縮小・拡大

FilmoraProで動画をカット編集するには?

FilmoraProで動画をカット編集するには?

FilmoraProで動画をカット編集する方法についてご紹介します。

動画をカット編集する方法は2通りあります。

  1. 動画を短くする方法
  2. 動画を分割する方法

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

1.動画を短くする方法

動画を短くする方法

1つ目は、トリミングと呼ばれる方法で動画を短くする方法です。

タイムライン上にある動画クリップの端をクリックしながら左右に動かすことで動画を短くすることができます。

2.動画を分割する方法

2つ目は、動画を分割して不要な部分を削除する方法です。

トリミングでは、動画の始点もしくは終点から動画を短くすることしかできませんでしたが、こちらの方法であれば動画の途中にある不要な部分もカットすることが可能です。

①タイムライン上にある「カッターマーク」をクリック

FilmoraPro カット

FilmoraProで動画をカットするには、オレンジ枠で囲んである”スライスツール”をクリックします。

②動画を分割したい位置で左クリック

FilmoraPro カット

そのまま、タイムライン上にあるクリップにカーソルを持っていき、クリックすることでクリップが分割されます。

分割後は”スライスツール”から”選択ツール”ボタンに戻し、分割された不要なクリップを選択して「⌘ + X」でカットすることができます。

FilmoraPro カット

FilmoraProのそのほかの基本的な編集方法・出力方法は?

FilmoraProのそのほかの基本的な編集方法・出力方法は?

カット編集以外にも使えると作業効率が向上する基本的な編集方法についてご紹介していきます。

ここでは、大きく以下の5つを解説します。

  1. 動画を入れ替え、結合する方法
  2. 動画を再生する方法
  3. 動画を削除する方法
  4. プロジェクトを保存する方法
  5. 動画ファイルの出力方法

それぞれの編集方法について見ていきましょう。

1.動画を入れ替え、結合する方法

動画を入れ替え、結合する方法

タイムライン上で動画の順番を入れ替える方法とクリップ同士を結合する方法をご紹介します。

動画の順番を入れ替えるには、移動させたいクリップをクリックして移動させたい場所にドラッグすることで入れ替えることができます。

順番の入れ替え

続いて、クリップとクリップの間の空白を埋めたい場合は、動画を結合する必要があります。

結合

結合するには、クリップをドラッグして間を埋めるか、「リップル編集」ツールを選択して、空白を埋めたいクリップを「右クリック」→「ギャップのリップル削除」で空白を消すことも可能です。

結合完了

2.動画を再生する方法

ビューアー 再生

編集した動画を確認するには、ビューアパネルで再生することで確認することができます。

ビューアパネルの中央にある再生ボタンをクリックするか、スペースキーを押すことでも再生可能です。

3.動画を削除する方法

動画を削除する方法

タイムライン上にあるクリップを削除する方法をご紹介します。

削除したい動画を右クリックして「削除」をクリックするか、クリップを選択後にdeleteキーで削除することも可能です。

4.プロジェクトを保存する方法

プロジェクトを保存する方法

編集した動画を保存する方法をご紹介します。

まず、画面右上にある「ファイル」を選択して「名前を付けて保存」もしくは「プロジェクトを保存する」をクリックすると保存できます。

保存した動画は、改めてFilmoraProを起動した際に保存した状態から再編集することも可能です。

5.動画ファイルの出力方法

動画ファイルの出力方法

編集完了後に動画ファイルとして出力する方法をご紹介します。

①タイムライン右上の「出力」→「コンテンツ」を選択

まずは、タイムライン画面の右上にある「出力」→「コンテンツ」をクリックします。

「タイムラインが出力キーに追加されました。出力を開始するには、出力画面に切り替えてください」と表示されるので「出力画面へ」をクリックします。

②出力サイズ・形式などを設定

出力画面では、出力に使用する解像度、圧縮設定、ビデオ形式の組み合わせを選択することができます。

③レンダキュー右下の「出力開始」をクリック

最後にレンダキュー右下にある「出力開始」をクリックすると動画が出力されます。

あわせてレンダリングプロセスを追跡する進行状況バーが表示され、完了したタスクの量と残っているタスクの量を確認することも可能です。

まとめ

以上、FilmoraProで動画をカットする方法とそのほかの編集機能について詳しくご紹介しました。

FilmoraProは、Wondershare社が提供している編集、モーショングラフィック、エフェクト、色調補正ツールなど、高度なツールを搭載した本格的ビデオ編集ソフトです。

同社が提供しているシリーズに「Filmora X」という完全初心者向けに設計され動画編集ソフトがありますが、FilmoraProでは、映像プロ向けに設計されて作られた動画編集ソフトです。

Filmora Xよりも高度なエフェクト機能やタイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などの機能が使えるため、細かいカスタマイズやこだわりを的確に実現させるためにデザインすることができます。

無料版も提供されているため、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア