marketing

2021年04月14日(公開: 2017年10月17日)

eCPM(effective
Cost
Per
Mille)とは?CPMとの違いは何?

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

eCPMとは

eCPMとはeffective Cost Per Mille(エフェクティブ・コスト・パー・ミル)の略で、インプレッション課金ではないものをインプレッション課金に置き換えて比較する指標のことです。有効インプレッション単価ともいわれます。CPM同様1,000回表示あたりで計算されます。

eCPMの計算式

計算式はCPM同様に
CPM=【広告に支払ったコスト】÷【表示回数】×1,000
となります。

CPMに置き換えることにより比較を可能に

広告形式には様々な課金形態があるため、その効果の良し悪しを判断するには共通の物差しが必要で、それがeCPMだと思ってください。実際にはCPMではない(=インプレッション課金)ものをeCPMに置き換えることによって、異なる課金形式でも同じ指標で分析や判断ができるものです。例えば

・CPI(インストール数)
・CPA(会員登録などのアクション数)
・CPC(クリック数)

などをeCPMに置き換えると比較しやすいです。

動画広告についてもっと知りたい方はリンク先で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【2021最新】動画広告とは?配信先、種類、課金形態などを徹底解説

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア