LumaFusionで音楽を追加するには?特徴と合わせて一挙紹介!

marketing

2021年03月29日(公開: 2021年03月24日)

LumaFusionで音楽を追加するには?特徴と合わせて一挙紹介!

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

高機能で操作性がよく、iPhoneやipadのみでプロ並みの編集ができる
「LumaFusion」は初心者~プロまで人気の動画編集アプリです。
ここでは、LumaFusionで動画に音楽を追加する方法を紹介します。

LumaFusionとは

とは

「出典:https://apps.apple.com/jp/app/lumafusion/id1062022008

LumaFusionはiPhoneやiPad用の動画編集アプリで、パソコンで行う編集並のクオリティの映像を作ることができます。基本的な編集機能、BGMの追加やテキストの追加、トランジション、クロマキー合成、キーフレームアニメーションなど一通りの機能が網羅されています。

動画の書き出しもLumaFusionだけで行えるので、スマホで撮影して、スマホで編集して、そのままスマホでYouTubeに動画を投稿することも可能です。

iPhone・ipadでプロ並みの編集が可能がアプリ

アプリ

LumaFusionはAndroidでは使用できないので、iPhoneやiPadを使っている方におすすめです。利用料金は月額制ではなく買切りで3,680円です。

スマホアプリに3,680円は高いと感じるかもしれませんが、1年使用した場合はひと月300円ほどになるので、それほど高い買い物ではありません。毎月費用が発生するアプリよりも長く使うだけお得になります。

パソコンをお持ちでない方で、iPhoneやiPadは持っている場合はぜひ試してみてください。特にiPadで使用すると、画面が大きくて快適に編集作業が行えます。

LumaFusionの基本的な使い方

LumaFusionの基本的な使い方は以下の手順で行います。

  1. 新規プロジェクトを作る
  2. タイムラインに動画を追加する

プロジェクトを作って、編集したい動画素材をアプリに読み込み、タイムラインに素材を追加してから編集がスタートします。どんな編集を行う場合でもこの手順は変わらないので覚えときましょう。

1. 新規プロジェクトを作る

まずはインストールしたアプリを起動して、「+」をタップして新規プロジェクトを作ります。

作る

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

すると、新規プロジェクトの名前と「フレームレート」、「フレームアスペクト」を調節できます。

する

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

フレームレートは1秒間のコマ数のことで、通常は撮影時のフレームレートと同じ数値で設定します。撮影時の数値が分からない場合は30で設定しておきましょう。

次にフレームアスペクト比は画面の縦横比のことで、編集した動画をシェアするプラットフォームによって変わります。YouTubeの場合は横長の16:9、TikTokやInstagramのストーリーズの場合は縦長の9:16にします。

全て設定すると新規プロジェクトが作成できます。

2.タイムラインに動画を追加する

次に、編集したい動画や音声素材をタイムラインに追加します。

タイムラインは画面下部の編集を行う作業場のことで、ここに追加した素材が左側が動画の前半、右側が後半として1本の動画になります。

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

タイムラインに動画を追加するには、タイムライン下の項目からビデオを選択します。すると、iPhoneやiPadの写真アプリ内の動画が表示されます。追加したい素材をタップした状態で、タイムラインにドラッグ&ドロップを行うことで追加されます。

タイムラインの表示を拡大・縮小するには

するには

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

タイムラインに素材を追加しただけでは、素材クリップが占める画面の割合が大きく編集しづらい可能性があるので、そういった場合はクリップを2本の指で縮めたり、広げたりしてください。

タイムラインの拡大・縮小を行えて、タイムラインが見やすくなるはずです。編集効率が上がる方法なので、少しでも編集しづらいと感じた場合は、拡大・縮小を行いましょう。

動画をカットして長さを変えるには

タイムラインに追加した素材の長さを変更したい場合は、クリップの前後どちらかをタップしながら左右に移動させるだけです。動画の前後で不要なシーンをカットしたい場合はこの方法で編集します。

には

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

クリップの中盤に不要なシーンがある場合は、カットしたい箇所の前半に青い縦ラインの再生ヘッドを合わせて、画面下の項目から「ハサミ」をタップします。同じように不要シーンの後半部分もカットします。

には

「出典:https://douga-tec.com/?p=32258

これで不要シーンの前後をカットできたので、クリップを選択した状態で、画面下の項目からゴミ箱をタップします。

LumaFusionで動画を保存・共有するには

LumaFusionで動画を保存または共有する方法は簡単です。全ての編集作業が終了したら、以下の方法で保存と共有を行ってみてください。

動画を保存する

する

「出典:https://appleroid.com/apple/ipad-lumafusion-2/#toc15

動画を保存するには、タイムライン下の項目から「シェア」アイコンを選択します。すると、保存またはシェア先の一覧が表示されるので、写真アプリやGoogleドライブなど、管理しやすい保存先を選択してください。

する

「出典:https://appleroid.com/apple/ipad-lumafusion-2/#toc15

保存先を選択したら、書き出しの詳細設定画面になり、画質やフレームレート、コーデック、音質などを設定します。高画質で設定するほどファイルサイズが大きくなり書き出しに時間がかかります。詳細設定が終了したら再度「シェア」アイコンをタップして保存できます。

動画を共有する

動画を共有する場合は、先ほどの詳細設定の前の画面で保存先を選択するだけなので簡単です。シェア先によって推奨されている画面サイズや画質があるので確認しておくと良いでしょう。

LumaFusionで動画に音楽を追加するには

LumaFusionで動画に音楽を追加して編集する方法を解説します。LumaFusionでは自ら音楽を用意しなくても、無料で利用できる音楽が搭載されているので、簡単に追加できます。

音楽を追加する

する

まずはタイムライン下の項目から「ソース」を選択して、「Storyblocks」をタップします。すると無料で利用できるBGMが表示されるので、視聴して好きな音楽をタイムラインにドラッグ&ドロップで追加しましょう。

する

音量を素材ごとに調整する

する

追加したBGMの音量を調節するには、BGMのクリップを選択した状態で、タイムライン下の項目からペンツールを選択します。音量のスライダーが表示されるので、左右にスライドして変更します。

する

音量を一括で調整する

する

次に素材ごとではなく、プロジェクトまたはトラックごとに音量を一括で調節する方法を解説します。タイムライン下の「ミキサー」を選択すると、左側に音声ミキサーが表示されます。

動画を再生させるとトラックごとに音量ゲージが変動するのを確認できるので、プロジェクト全体で調節する場合は、1番左の縦のゲージを上下にスライドさせて

する

トラックごとに調節する場合は横向きのゲージを左右にスライドさせます。

音楽をフェードイン・アウトさせる

させる

最後に、BGMの前後をフェードインやフェードアウトといって、徐々に音量を変える編集方法を解説します。BGMをいきなりカットしてしまうと、音が急に途切れた印象になってしまうので、以下の手順でフェードアウトを適用してください。

させる

フェードイン/アウトを適用させたいBGMを選択した状態で、タイムライン下の項目から「+」を選択して、「トランジション」をタップします。するとBGMにフェードイン/アウトが適用されます。

まとめ

今回はiPhoneやiPadで利用できる動画編集アプリのLumaFusionの特徴や基本的な編集、BGMの追加方法を解説しました。

LumaFusionを活用すれば、無料で利用できるBGMを簡単に追加することができ、音量調節やフェードイン/アウトも数タップで適用できます。

この記事を参考にLumaFusionで動画編集を行ってみてください。

この記事をシェア